Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/12/23/

公の歴史に陥る:日系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人のコミュニティの物語についての私の執筆

以下のエッセイは、2020 年 11 月にタコマ市歴史保存局、タコマ歴史協会、ヒストリック タコマで行った講演を基に作成されています。編集されたビデオ バージョンは、YouTube でご覧いただけます。

タコマの日系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人の歴史を記録する私の仕事について話すよう依頼されました。この仕事をすることは私にとって大きな名誉であり、少し驚きでもありました。そのため、この講演のタイトルを「公の歴史に陥る」にしました。

* * * * *

画像1: 私のルーツ

左:タミコの父タク氏(中央に立つ)とその家族。右:タミコと家族(二村家コレクション)

私が自分の文章について語るときは、まず自分のルーツから始めなければならないので、よく考えるのはこのイメージです。これは家族のスナップ写真 2 枚です。1 枚目は日系アメリカ人の親戚で、一世の祖父母 (真ん中に座っている) とその両親、そして彼らの初孫である従兄弟のエディです。真ん中に立っている若い男性が私の父です。もう 1 枚は私の家族で、フィリピン系アメリカ人の母と二世の父、そして私と妹です。私たち全員、日本に初めて行ったときにもらった浴衣を着ています。

日系アメリカ人とフィリピン系アメリカ人という異文化の中で育つことは、必ずしも容易なことではありませんでした。私は他の場所でこのことについて書きました。しかし、私が両方のルーツから学んだことの一つは、休日、正月、クリスマス、イースターに集まることの大切さです。お正月に毎年集まっていた日系アメリカ人の親戚からは、ルーツの大切さと深い歴史を受け継ぎました。この歴史の多くには、日系アメリカ人の戦時中の強制収容の歴史も含まれています。

画像2: 文学と歴史が出会う場所

左から:ウィーラーホール、カリフォルニア大学バークレー校、RA(ルース)ササキとジャニス・ミリキタニの本の表紙

図書館員の娘として、私は本に囲まれて育ったので、ある意味、大学で英語を専攻するのは簡単な選択に思えました。大学全体でアメリカ文化の必修科目が合格したちょうどその時にカリフォルニア大学バークレー校に入学し、米国の有色人種による文学や有色人種に関する文学の授業に惹かれました。左のウィーラー ホールは英語学科の本拠地です。私は優等論文で三世の女性作家 (ジャニス ミリキタニと RA ササキ) について書くことを選びましたが、指導教官から、プロジェクトに歴史的背景を含めることをすべての人が認めるわけではないと言われ、愕然としました。

その会話から私が学んだことはいくつかあります。これは、物語、つまり抑圧された物語の力と私がこれまで経験した中で最も親密な出会いの 1 つでした。私が愛する英語学が歴史に対してこれほど敵対的であり得ることに憤慨しましたが、そのおかげで二世の沈黙と記憶に関する私のプロジェクトはより理解しやすくなりました。私はアーカイブについて学びました。より人口が多い場所、より隔離された場所、そして沈黙している場所。また、歴史記述、つまり歴史を書く際の力関係にも興味を持つようになりました。リン マニュエル ミランダのミュージカル ハミルトンの言葉を借りれば、「誰が生き、誰が死に、誰があなたの物語を語るのか?」

私は大学院に進み、英語の修士号と博士号を取得しました。しかし、私はアメリカの民族学の訓練も受けており、有色人種のコミュニティを横断したり分離したりする問題を、その歴史と文学を研究することで研究しました。私は、アメリカにおける人種研究には基礎が必要だとわかっていたので、アフリカ系アメリカ人の文学と文化の訓練も受けました。

画像3: コミュニティジャーナリズム

日系コミュニティの出版物の品揃え(撮影:二村多美子)

学問の世界との「ひどい決別」の後、私はコミュニティジャーナリズムの仕事でポートフォリオを作り始めました。シアトルのInternational Examinerで書評や芸術記事を書き、イベントのプレビューやアジア系アメリカ人アーティストのプロフィールを書き始めました。Discover Nikkeiに書いた最初の記事の1つは、イチローと彼がシアトルマリナーズからニューヨークヤンキースに移籍したことに関する記事でした。それから間もなく、Discover Nikkeiの編集者から、8年間続けている一連のエッセイの依頼を受けました。これらのメディアの編集者は、職場で暗黙の、しかし確固としたルールを教えてくれました。それは、コミュニティに出て行き、人々に会い、関係を築き、彼らの物語を記録することです。

画像4: タコマのジャパンタウンの地図、タコマ語学学校の記念碑

左:ジャーナリストの伊藤一夫氏が手書きしたタコマの歴史的な日本人街の地図。右:タコマの日本語学校の元生徒達。(撮影:二村多美子)

日系アメリカ人の人々、場所、出来事について書いているうちに、ワシントン大学タコマ校の司書である作家のジャスティン・ワドランドと出会いました。ジャスティンは私に、ワシントン州のオンライン百科事典であるHistoryLinkに寄稿しないかと誘ってくれました。HistoryLink会合で、地元の歴史家で歴史保存活動家のマイケル・サリバンと出会いました。私はタコマの歴史的なジャパンタウンについて学ぶことになり、この国の大量収容によってタコマがどれだけ多くのものを失ったかを知りました。市内の日本語学校についても知りました。地図がどれほど人の心を傷つけるかを知りました。歴史に関する執筆がきっかけで、タコマの追悼の日や、歴史的なジャパンタウンを歩くツアーが企画されました。マイケルと私は、ロレンツ・ホテルなどの建物のあまり知られていない歴史を調べ、ジャスティンと私はタコマ仏教寺院の短い歴史を共著しました。私は延世大学の作家ヴィンス・シュライトワイラーと協力し、バション島の日系アメリカ人の農場と農業の歴史について書きました。私はジョージ・タンバラ博士とその妻キミについて、そしてタコマの日系アメリカ人コミュニティの多くを支え、低所得者や有色人種のコミュニティのための医療クリニックを創設した彼らのパートナーシップについて学び、それを書きました。

画像6と7: 私の最初の2冊の本

左: 2018 年 10 月の WILLO ストーリーテリング フェスティバルでのタミコ (ソン シン提供)。右: (上) ローザ フランクリン上院議員の略歴。(下) WILLO の観客。フランクリン上院議員とタミコが彼女の右後ろで会話している (ソン シン提供)

タンバラ家に関する私の研究は、タコマのローザ・フランクリンの物語を理解する上で特に重要になりました。彼女は、私たちの州の歴史上、その職に選出された2人目のアフリカ系アメリカ人女性でした。フランクリン上院議員は、さまざまなコミュニティの医療で42年間の輝かしいキャリアを積み、その後、ワシントン州議会で20年間のキャリアを積みました。私は彼女の口述歴史を調査し、彼女の伝記を書きました。私はタコマについて、私たちの歴史について、そして私たちの街のさまざまなコミュニティの住宅と医療の物語について、非常に多くのことを学びました。このプロジェクトを行うことは、私にとって大きな贈り物でした。正直に言うと、一生かけて解き明かすことになるでしょう。

一方、私は2017年にシアトルのウィング・ルーク・アジア博物館に雇われ、グラフィック・ノベルの制作に携わりました。フランク・エイブとの共著で、ロス・イシカワとマット・ササキがイラストを担当しました。タイトルは『 We Hereby Refuse: Japanese American Acts of Wartime Resistance』で、2021年2月にチン・ミュージック・プレスとウィング・ルーク・アジア博物館から出版される予定です。私のパブリック・ヒストリーの仕事はコミュニティ・ジャーナリズムの仕事から発展したもので、これらの媒体が与えてくれた機会とトレーニングにとても感謝しています。私の3冊目の本『 Pilgrimage』 (現在執筆中の回想録)は、歴史と物語、そして世代を超えたコミュニティと悲しみに関するこの仕事を継続するものです。

画像8: 私が学んだこと

左: ロス・イシカワが描いた『We Hereby Refuse』の表紙。右 (上): 『We Hereby Refuse』のクリエイティブ チーム。左からタミコ・ニムラ、マット・ササキ、フランク・アベ、ロス・イシカワ。(下) タミコの父タクが収監されていたトゥーリー湖。

公の歴史に触れることで学んだことがいくつかあります。

まず、私が予想していなかった公共の歴史に対する渇望があります。それは、アクセスしやすい(ウォーキングツアー、HistoryLink )物語、場所、物、瞬間に対する情熱です。

第二に、有色人種による、有色人種に関する公的な歴史が必要です。私たちは、書かれている歴史の中に自分自身を見る必要があるだけでなく、その歴史の作者として自分自身を見ることができる必要があります。

3 つ目は、歴史的保存は、アメリカの民族学を学ぶ学生にとって興味をそそる分野であり、興味をそそられるべき分野です。誰の建物が残されるのか、誰の物語が語られ、広まるのか、そしてタコマで成長し発展するにつれて、歴史的保存はどのようなものになるのか。歴史的保存は、古い建物を保存したり、銘板や記念碑を作ったりすることだけではないかもしれません。私は、タコマのヒルトップで芸術団体 Fab-5 が主催し、そこに住んでいた人々の物語を盛り込んだ #DesignTheHill のような取り組みを考えています。あるいは、言語、遺産、文化に関する素晴らしいビデオを制作しているピュアラップ族の取り組みも考えています。

全体的に、私のパブリック ヒストリーの仕事は、歴史が私たちのアイデンティティにどのような影響を与え、どのように変化させるかについて、私に多くのことを教えてくれました。私たちが今自分自身をどう見ているかは、私たちがこれまでどのような人間であったかという、質感があり、堆積した、多声的な見方でなければなりません。

© 2020 Tamiko Nimura

フィリピン系アメリカ人 アイデンティティ 日系アメリカ人 ジャーナリズム タコマ アメリカ合衆国 ワシントン州
執筆者について

タミコ・ニムラさんは、太平洋岸北西部出身、現在は北カリフォルニア在住の日系アメリカ人三世でありフィリピン系アメリカ人の作家です。タミコさんの記事は、シアトル・スター紙、Seattlest.com、インターナショナル・イグザミナー紙、そして自身のブログ、「Kikugirl: My Own Private MFA」で読むことができます。現在、第二次大戦中にツーリレイクに収容された父の書いた手稿への自らの想いなどをまとめた本を手がけている。

(2012年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。