Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2019/3/26/nobuo-fujita/

「オレゴン上空30分」は子供たちに戦争と友情の複雑さを紹介する

第二次世界大戦について語るとき、日系アメリカ人の人種差別的強制収容、真珠湾、広島、長崎への原爆投下といった大きな出来事について語られることが多い。しかし、オレゴン爆撃任務に派遣された日本人パイロット、藤田信雄のような、私たちの多くが決して耳にすることのない小さな物語は無数にある。爆撃中に負傷者が出なかったため、米国でも日本でも大きなニュースにはならなかった。20年後、オレゴン州ブルッキングス市は藤田をメモリアルデーフェスティバルに招待し、生涯にわたる友情と小さな文化交流プログラムのきっかけを作った。

児童書作家のマーク・タイラー・ノーブルマンは、1997年にニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたフジタの死亡記事でフジタについて知った。その記事ではフジタを「アメリカを爆撃した唯一の敵」と呼んでいた。ノーブルマンはイラストレーターのメリッサ・イワイとともに、フジタの物語を若い読者向けに語り直し、政府の戦争に巻き込まれた人々を感情移入しながら描いた本を書いた。私たちはノーブルマンとイワイに、 『オレゴン上空30分』の制作について、そしてこの本がどんな対話を巻き起こすことを望んでいるかについて話を聞いた。

ニューヨークタイムズ紙で藤田信夫さんの死亡記事を読んだとき、あなたはどのような反応をしましたか?また、彼の物語をどのように伝えたいと思いましたか?

マーク・タイラー・ノーブルマン:私は戦争マニアでもなければ、日本文化にあまり触れたこともありませんが、信夫の物語はすぐに私を魅了しました。その理由は主に 2 つあります。それは、信夫の物語は、あまり知られていない有名な物語だったことと、ノンフィクションの絵本ではあまり見ないテーマである贖罪についての物語だったことです。敵が味方になった物語を子供たちに紹介することは、とても効果的だと思いました。これは複雑な問題であり、議論する価値があります。

調査のプロセスはどのようなものでしたか? 信夫さんの死亡記事以外に、信夫さんに関する情報はたくさんありましたか?

ノーブルマン: 地元 (オレゴン州) の著者が自費出版した本を 2 冊読みました。このテーマに関する独立した本は他にありませんでした。しかし、貴重な資料 (主に新聞) を大量に集めました。信夫自身が書いた記事の 1 つは、誰かが彼の家の壁の隙間から見つけた雑誌からでした。

このプロジェクトに携わろうと思ったきっかけは何ですか?

メリッサ・イワイ:この原稿をオファーされたとき、すぐにこの物語をイラストにしたいと思いました。いろいろな意味でこの物語に共感しました。父はオレゴンに住んでいます。私は日系人で、大学時代と卒業後の 3 年間、日本で暮らし、働いていました。アメリカと日本の両方の文化に強いつながりを感じています。

何よりも、私は「オレゴン上空30分」の物語そのものに心を動かされました。戦争の敵同士の和解と許しのこの真実の物語が、もっと知られていないのは驚きです。この物語は語られる必要があると感じ、私もその一部になりたいと思いました。

あなたの家族の背景は何ですか?どの世代がアメリカに来たのですか?

岩井:私の祖先は日本人です。祖父母は二人とも、世紀の変わり目に日本の和歌山県と山口県からハワイに移住しました。日系二世である私の両親はハワイのホノルルで生まれ育ち、第二次世界大戦中に10代でした。

あなたが子供の頃に聞いた第二次世界大戦に関する話は何ですか?

ノーブルマン:覚えていません!小学校で扱ったかどうかさえはっきりしません。でも、もしそうなら、明らかに大きな戦いなど、転換点に焦点を当てていたでしょう。私はずっと、信夫のような、あまり知られていない小さな物語に興味がありました。

岩井:先ほどもお話ししましたが、私の両親は二人ともハワイで生まれ育ちました。両親はホノルルで育ち、母は子どもの頃、ホノルルの丘を歩いているときに遠くから真珠湾攻撃を目撃しました。母はよくその話をして、自分と母が何が起きているのかと不思議に思ったことを話します。父も、自分と兄弟が父が家の近くに防空壕を掘るのを手伝った話をします。父と母、そして他の子どもたちは学校にガスマスクを持って行きました。

私の家族はハワイの収容所に収容されたわけではありませんが、週末に通っていた日本語学校は閉鎖され、日本語を話すことも禁じられました。そのため、残念ながら彼らは日本語を話せません。そのため、私も大学時代に日本語を学ばざるを得ませんでした。

この本の見た目は何を参考にしましたか?

岩井:この本のイラストは、ブルックリンで見かける人たちを毎日スケッチするスタイルで描くように頼まれました。鉛筆でスケッチしてから水彩で色を塗ります。その上にインクで線を描きますが、すべての形を輪郭線で囲むようなやり方ではありません。インクの線を使って水彩画を引き立て、動きも出せるようにしています。

この物語にはコラージュも使いたいと思っていました。戦時中に人々が何を読んで何を見ていたかを示すのに役立つ、新聞の見出しや手紙などの実際の資料を見せたかったのです。また、トラ・トラ・トラ黒い雨など、第二次世界大戦に関連したドラマ映画をいくつか見て、視覚的にダイナミックな方法でその時代を感じ取りました。

あなたは人の顔をとても感情移入しながら描いていますね。イラストを企画する際のプロセスはどのようなものですか? 人にさまざまなポーズや表情を試してもらうのですか?

岩井:ありがとうございます。この物語は実在の人物に基づいているので、藤田信夫という人物像を捉えるためには写真資料が必要だと思いました。私はリサーチを重ね、信夫やその家族、ブルッキングスの人々の写真をできるだけ多く見つけようとしました。

人物を描くときも、日常のスケッチと同じように、写真のようにリアルに描こうとはしませんでした。事前にスケッチの練習をたくさんして、水彩画を描くときは素早く描き、人物の動きを捉えようとしました。

夫にポーズを取らせ、それを写真に撮りました。頭の中には欲しいポーズはありましたが、実際にそのポーズを取っている人の写真はありませんでした。そのため、夫を参考にすることでポーズの動きを捉えることができました。しかし、実際に夫や夫の似顔絵を描いていたわけではありません。水彩画を素早く描き、インクの線を素早く引かなければならなかったので、気に入ったものができるまで、同じシーンを何度も何度も繰り返し描くことがよくありました。

この本を執筆するにあたって、ブルッキングス研究所や東京を旅行しましたか?もしそうなら、どんな感じでしたか?

ノーブルマン:そうしたいです!でも、ブルッキングス研究所には(本が執筆中だったが出版される前に)行ったことがあります。本が出版されたので、両方の学校を訪問する旅行を計画しています。日本に関しては、インターナショナルスクールになると思いますが、提案があれば歓迎します。

岩井:このプロジェクトのためにブルッキングス研究所に行きました。本のために大規模なリサーチ旅行をしたのは初めてでしたが、私がこれまでにイラストを描いた20冊以上の本の中で、初めてのノンフィクション本でもありました。その環境を実際に体験して感じ取る必要があると感じました。また、ニューヨークでは手に入らない写真資料も必要でした。そこで、ブルッキングスの地元紙である「ザ・カリー・パイロット」の親切な人たちに連絡を取りました。彼らは私に彼らのアーカイブをすべて見て、必要と思われるものはすべて写真を撮ることを許可してくれました。そこで、数十年にわたる信夫の訪問の写真をたくさん撮り、新聞に記録してもらったのです。

また、山中の爆撃現場を訪れ、そこで自分の写真を撮ることもできました。とても感動的な体験でした。ブルッキングスでの研究会の終わりに、オレゴン州北岸近くに住む父を訪ねるために海岸沿いをドライブしました。海に映る夜明けの光の色を見ることができたのは、本当に素晴らしい経験でした (私がそこを旅したのは、信夫が 1942 年に海岸を爆撃したのと同じ月、同じ時間帯でした)。ケープ ブランコの灯台を見て、上空から信夫が海岸と照らし合わせてどのように見えたかを想像するのも、とても楽しかったです。

私は研究のために日本を訪れたわけではありませんが、カリフォルニア大学の交換留学生として1987年から1988年にかけて1年間東京に住んでいました。私はICU(国際基督教大学)で日本語を学び、その年は東京のあちこちを旅しました。1980年代に信夫がブルッキングス高校の生徒4人を東京に迎えたとき、ちょうど私が東京に住んでいた時期でした。ですから、当時撮った写真を見て、服装のスタイルを見て、1980年代後半の東京がどんな感じだったかを思い出すことができました。

読者がこの本から何を受け取ってほしいですか?

ノーブルマン:私が書くどの本でもそうですが、私は人々の認識を覆すことに熱心です。読者(若い人でもそうでない人でも)が、最初は興味がないと思っていた物語に引き込まれていることに気づくのが大好きです。繰り返しますが、私は第二次世界大戦や日本について本を書こうとしていたわけではないので、この場合、そのカテゴリーに該当します。言い換えれば、私が最初に心を開いた読者は私自身です。信夫の物語を読んだ子供たちが、戦争では戦闘員全員が悪人ではないことに気づき、人々は変わると信じてくれたら嬉しいです。

岩井:読者の皆さんには、人や考え方は変わることができる、そして双方が望めば敵同士の和平は達成できる、ということを理解していただければと思います。また、この本が日本文化や日米関係への興味を喚起してくれることを願っています。 『オレゴン上空30分』は、第二次世界大戦中の日系アメリカ人の体験を探る素晴らしい出発点でもあるので、教育者や保護者の方々にも、この本を使ってそうした議論を始めてもらえたらと思います。

© 2019 Mia Nakaji Monnier

作家 爆撃 爆弾 児童書 図書館資料 オレゴン州 出版物 Thirty Minutes Over Oregon(書籍) アメリカ合衆国 第二次世界大戦
執筆者について

ロサンゼルスを拠点に活動するライター、編集者。カリフォルニアで日本人の母とアメリカ人の父のもとに生まれる。京都、バーモント州の小さな町、テキサス州の郊外など、11の異なる都市や町に住んだ経験がある。ミア・ナカジ・モニエへの問い合わせ、本人執筆による記事の閲覧はこちらから:mianakajimonnier.com

(2015年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。