ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2019/12/30/riot-walk-1/

バンクーバーの 1907 年反アジア人暴動を振り返る - パート 1

パウエルストリートにあるマイカワストア。

「暴徒たちが日本と中国の窓を狙い、隣の白人の窓は壊さなかった決意ほど組織的なものはない。たとえばコロンビア通りでは、中国風の窓はすべて割られたが、白人の不動産ブローカー2人の窓は無傷のままだった。」

— 1907年のパウエルストリート暴動について報じたバンクーバー・デイリー・ワールド

8月に初めてパウエル・ストリート・フェスティバルを訪れる前に、私は月報に掲載されたプログラムの中に興味をそそられるイベントがいくつかあることに気づきました。その中には、次のように宣伝されていた「360ライオット・ウォーク」もありました。

「反アジア暴動は、バンクーバーの歴史上最も重要な出来事の一つです。360 暴動ウォークは、バンクーバーのアジア人排斥連盟が主催したデモとパレードに続いて、中国系カナダ人と日系カナダ人の両コミュニティを襲撃した暴徒の歴史とルートをたどるオーディオビジュアル体験です。多くのコミュニティが、法的および物理的な排斥行為と暴力の標的となった当時の社会的および政治的環境に浸ってください。」

興味をそそられた私は、エミリー・カー大学のヘンリー・ツァン教授が率いるツアーに、他の6人とともに参加しました。私たち一人一人にiPadとヘッドフォンが渡され、1907年の有名な暴動で人種暴徒が辿ったルートを辿るためにバンクーバーの東端に向かいました。

最初のヨーロッパ人がブリティッシュ コロンビアに到着したとき、そこにはすでに先住民族のマスケム族、スクアミッシュ族、ツレイル ワウトゥス族が住んでいました。彼らは拾った者勝ちの権利意識とともに、天然痘などの他の災厄も持ち込み、1862 年までに 15 人を除くすべてのツレイル ワウトゥス族が死滅しました。

1886 年のバンクーバー初の選挙では、ヘイスティングス製材所の白人支配人が、60 人の中国人、日本人、先住民を投票所に連れて行き、投票させました。このことが知れ渡ると、アジア人は投票できないとして暴動が起こりました。そして 2 か月後に「バンクーバー大火」が発生し、市内の木造建築物のほとんどが焼け落ちたとき、労働騎士団は中国人居住者にサービスを提供する企業のボイコットを組織しました。さらに、市は中国人による再建を禁じる人種差別的な条例を可決しました。1887 年 2 月 24 日、市役所での会議の後、300 人の怒った白人男性が、バンクーバーの西端にある白人所有の会社に土地を開墾するために雇われていたコール ハーバーの中国人労働者の野営地を襲撃しました。

1907 年は、特にアジア人にとって良い年ではありませんでした。その年、カナダの首相はウィルフレッド・ローリエ卿 (1841–1919)、ブリティッシュコロンビア州の首相はリチャード・マクブライド卿 (1870–1917)、バンクーバー市長のアレクサンダー・ベスーン (1852–1947) は、キツラノ・インディアン保護区の使用許可を連邦政府に求めました。キツラノは現在も未割譲で、市内で最も高級な地区の 1 つであり、第二次世界大戦前に日系カナダ人が定住した地域です。マクブライド市長の前、市長のフレデリック・バスコム (1862–1938) は、2 期目に、アジア人労働者に対する人種差別的な攻撃が増加していたときに、連邦政府に「東インド人」移民の一時停止を求めました。バンクーバー市は活況を呈し、人口は 1901 年の 21,000 人から 1907 年には 70,000 人にまで急増しました。また、同年、グランド トランク アンド パシフィック鉄道は連邦政府に働きかけ、ブリティッシュ コロンビア州北部に線路を建設するために 10,000 人の日本人労働者を輸入しました (この仕事は、日系カナダ人が強制収容期間中に強制労働として割り当てられるものでした)。1907 年の最初の 10 か月間で、8,000 人を超える日本人移民がバンクーバーに到着しました。7 月には、1,100 人の日本人男性が SS クメリック号に乗って到着しました。彼らはカナダ太平洋鉄道の契約労働者でした。人種間の緊張が高まっていました。

ワシントン州では、9 月 5 日に悪名高い人種暴動が発生し、ベリンガムのパンジャブ人製材所労働者 500 人が白人労働者に襲われ、町から追い出されました。彼らはカナダに向かいましたが、英国国民であったため入国が許可されました。彼らがカナダに到着したのは、9 月 7 日に始まり 2 日間続いた反アジア暴動を目撃するちょうどその時でした。

1907 年当時、日本町のコミュニティはまだ繁栄していましたが、第二次世界大戦中に人種差別の犠牲者となりました。バンクーバーのその他の非白人人口は、中国人 (主に広東人)、アフリカ系アメリカ人、先住民、パンジャブ人移民で構成されており、全員がより良い生活を求めており、その理由は今日カナダに来るのとほぼ同じです。

* * * * *

ヘンリー・ツァン提供。

香港生まれのヘンリー・ツァン(55歳)は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーのエミリー・カー芸術デザイン大学の准教授。カリフォルニア大学アーバイン校で美術学修士号を取得。ビジュアル・メディア・アーティストとして国際的に作品を展示。デジタルメディア、ビデオ、写真、言語、彫刻の要素を取り入れた作品は、人々、文化、資本の世界的な流れを通じて、公衆、コミュニティ、アイデンティティの関係を描いています。

まず、あなた自身について少し教えていただけますか?バンクーバー出身ですか?どこの学校に通っていましたか?子供の頃、成長してから、あるいはその後、日系カナダ人(JC)/アジア人コミュニティとどのようなつながりがありましたか?

私は香港で生まれました。家族は私が3歳の時にバンクーバーに移住しました。そう、私は自分をバンクーバー人だと思っています。私はここで学校に通い、カリフォルニア大学アーバイン校で修士号を取得しました。子供の頃は、母とふじや、横浜で夫と何年も暮らしていた祖母と時々行く程度で、それ以外はJCコミュニティとのつながりはあまりありませんでした。祖母たちは饅頭や餅が大好きでした。

私は 80 年代後半から 90 年代前半にかけてパウエル ストリート フェスティバルに通い、いつも歓迎され、参加していると感じてきました。それは、このフェスティバルが東アジアの文化を包括し、伝統から現代までを網羅し、草の根的かつ進歩的であるためだと思います。これはあまり例がありません。また、企業的ではないため、ますます珍しくなっています。

あなたの教師としての経歴について少し書いていただけますか? エミリー・カーでどれくらい教えてきましたか? 何を教えていますか? どんな芸術をしていますか?

エミリー カー芸術デザイン大学で私が初めて教えた授業は、1992 年、当時エミリー カー芸術デザイン カレッジでした。それは人種と表現に関するセミナーで、私は何度も教えました。それは人種差別入門とも言うべきもので、どんな背景を持つ学生にとっても、驚き、否定、罪悪感、怒り、受容、肯定など、自分の経験を反映したり直面したりするあらゆることを経験する非常に難しいものでした。やがて私はスタジオ コースも教えるようになりました。2005 年にフルタイムの正規教員となり、1 年生の基礎から大学院まで、主にスタジオ アートとメディア、そして時折、セミナー トピックに基づくコース (多くの場合、パブリック アートがテーマ) で、あらゆるレベルで教えてきました。

私の研究と芸術プロジェクトには、デジタル メディア、ビデオ、写真、食べ物、言語、彫刻、インタラクティブおよびパフォーマンス要素、そして人々、文化、資本の世界的な流れを通じて公衆、コミュニティ、アイデンティティの関係を追う社会的実践が組み込まれています。私の作品の多くは、コミュニティとアイデンティティに関する質問、つまり、私たちは誰でどこにいるのか、この場所と私たち同士の関係はどのようなものか、という質問に集中しています。

この 360 度技術について最初にどこで聞いたのか教えていただけますか? 誰が発明し、どこで開発されたのですか? 他の場所でも使用されていますか?

360 度ビデオについて初めて聞いたのはいつだったか覚えていません。以前から存在していて、興味はありましたが、 360 Riot Walk が登場するまでは、それを活用するアイデアが思いつきませんでした。これが、この手法で作品を作る最初の試みです。モンタージュやビジュアル編集の概念全体を完全に再考する必要があり、サウンドを重視することが最も重要であるため、従来のビデオや映画を作る方法とはまったく異なるアプローチです。

いつも特定の媒体やテクノロジーを使用するわけではありません。むしろ、取り組んでいるプロジェクトのトピックやテーマに適した体験を生み出せる形式を見つけようとしています。もちろん、これによって、何をどのように探求できるかが左右され、また、制限も生じます。

360 度ビデオ テクノロジーについて詳しく知りたい場合は、オンラインで多くのリソースと例が見つかります。

それを 1907 年の暴動に適用するというアイデアを思いついたのは誰ですか? なぜその出来事だったのですか?

360 ライオット ウォークは、私が前年の夏にバンクーバーで発表したパブリック アート作品「 RIOT FOOD HERE 」から発展したものです。これは、バンクーバーのアジア人排斥連盟が主催したパレードとデモのルートに沿って 4 日間にわたって 4 か所で食べ物を提供するという形で行われました。このデモとパレードから暴徒が生まれ、チャイナタウンと日本町を襲撃しました。シェフのクリス バーンホールデンが調理した食べ物は、暴動当時この地域の人々が食べていた 5 つの料理、つまりヨーロッパ料理、中国料理、日本料理、アボリジニ料理、パンジャブ料理を反映したものでした。

このプロジェクトは、マイケル・バーンホールデン(シェフの父)が率いるウォーキング ツアーから始まりました。バーンホールデンは、 『Reading the Riot Act: A Brief History of Riots in Vancouver』の著者であり、360 度ビデオの脚本の共著者でもあります。私は 90 年代初頭からマイケルを知っていて、何度か彼の暴動ウォークに参加してきました。RIOT FOOD HERE ウォーク中に、地元の風景にアーカイブ画像を埋め込んだ 360 度ビデオ形式のセルフガイド ツアーとして利用できたら素晴らしいと思い、その瞬間、突然 360 度ビデオの世界に飛び込む理由ができました。

パート2を読む>>

 

© 2019 Norm Ibuki

360 Riot Walk(バーチャルツアー) ブリティッシュコロンビア州 カナダ コミュニティ 排除 ヘンリー・ツァン 日系カナダ人 パウエル・ストリート(バンクーバー) 人種差別 暴動 ストリート ツアー (tours) バンクーバー (B.C.)
このシリーズについて

このシリーズでは、ブログ、ウェブサイト、ソーシャルメディア、ポッドキャスト、アート、映像、同人誌(ZINE)、音楽、商品といった、さまざまな媒体を通してニッケイのストーリーを記録し、共有しているプロジェクトを紹介します。こうした取り組みに焦点を当てることで、私たちはニッケイの体験談を記録し、共有することの大切さを分かち合い、皆さんが独自の取り組みを始めるきっかけとなればと願っています。

本シリーズにご自身のプロジェクトの紹介を希望される方、今後インタビューを実施する際にボランティアとして参加を希望される方は、Editor@DiscoverNikkei.orgまでご連絡ください。

ロゴデザイン:アリソン・スキルブレッド

詳細はこちら
執筆者について

オンタリオ州オークビル在住の著者、ノーム・マサジ・イブキ氏は、1990年代初頭より日系カナダ人コミュニティについて、広範囲に及ぶ執筆を続けています。1995年から2004年にかけて、トロントの月刊新聞、「Nikkei Voice」へのコラムを担当し、日本(仙台)での体験談をシリーズで掲載しました。イブキ氏は現在、小学校で教鞭をとる傍ら、さまざまな刊行物への執筆を継続しています。

(2009年12月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。