Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2018/2/16/samurai-swords/

キャンプで作られた日本刀がさらに発見される

サムライスピリット

2015年のディスカバー・ニッケイのエッセイ「第二次世界大戦の収容所におけるサムライ・スピリット」で、私は「我慢」という言葉(禅仏教に由来する日本語で「一見耐え難いことに忍耐と尊厳をもって耐える」という意味)が一世の心の中で特に強く燃えていたに違いないという信念を述べた。 「我慢」はサムライの気質の特徴でもあり、その精神が収容所での刀作りにつながったと私は信じている。以前のエッセイでは、手作りの刀2本について論じた。現在、さらに多くの刀が発見されている。

アメリカの人種差別に対峙するにあたって、我慢は自己保存のために必要だった。一世は米国市民権を否定されたが、これはヨーロッパからの移民には課せられなかった。中国人同様、一世も1913年から第二次世界大戦の終結まで施行された外国人土地法により、財産所有権を否定された。そして1924年の移民法により、日本からのさらなる移民は禁止された。これらの法律を思い出すと、現政権の政策はどこへ向かっているのかと疑問に思わざるを得ない。

この敵対的な反アジア風潮は、1941 年に日本が真珠湾を攻撃したときにすでに存在していた。米国は日本に宣戦布告し、その数年前に作成された FBI のリストに基づいて、何千人もの日系アメリカ人コミュニティのリーダーが自宅や職場で直ちに逮捕された。彼らは敵国外国人として司法省の収容所に収監された。次に、西海岸に住む日系アメリカ人の家族が一斉に集められ、10 か所のアメリカ国内の強制収容所に収容された。これらの戦時中の収監は、競争相手を排除したいという白人の特別利益団体の願望を煽った人種差別と経済的日和見主義の延長であった。

私は、一世の人々が移住先の国による投獄によって精神的に影響を受けていたと強く感じています。一世の家族の当主は去勢されました。

「名誉を重んじる一世にとって、それはこの国での長年の努力と勤勉の否定でした。共同キャンプの環境下で、一世の男性は世帯主や市民のリーダーとしての伝統的な役割を失いました。」生計手段を失い、もはや主な稼ぎ手でなくなったことに加えて、家事から解放された妻は、男性と同じ賃金でキャンプの仕事に就くことができることに気付きました…。同時に、キャンプ開始当初に一世がリーダーの地位に就くことを禁じ、代わりに若い二世がその役割を担うという WRA の方針の結果、一世はさらなる地位の喪失を経験しました。1

こうした悪影響は、侍文化を崇拝し、比較的密接なつながりを持つ家族の元では、よりくすぶっていたに違いないと思う。そのつながりこそが、侍精神を象徴する品物を作ろうという動機となったに違いないと私は思う。ベストセラー作家の新渡戸稲造が著書『武士道』で述べたように、「名誉の感覚、すなわち個人の尊厳と価値に対する鮮明な意識」は、侍の8つの美徳の1つである。この本はセオドア・ルーズベルト大統領も愛読していた。


キャンプで作られたさらなる刀の発見

私が「第二次世界大戦のキャンプにおけるサムライ スピリット」を出版した数か月後、ソノマ州立大学の考古学者ダナ オゴ シューは、2016 年 4 月 23 日にカリフォルニア州セバストポルの円満寺でアマチ デジタル化デーを企画するための助成金を獲得しました。シューは、アマチ キャンプの生存者とその家族に、アマチの写真と遺物を持ち寄ってデジタル アーカイブを作成し、自分たちでデジタル記録を受け取るよう呼びかけました。下の写真は、シューの夫リッチ アダオが撮影したもので、その日の活動の様子を示しています。

私はアマチの写真や遺物(前回の記事で述べたジャック・ムロの父親がそこで鍛造した短刀など)を持っていたので、南カリフォルニアから車で向かうことにした。2014年の夏、デンバー大学の考古学フィールドスタディプログラムでアマチで私と一緒に働いてくれた孫のチャバ・バルデス・オノが同行してくれたことで、旅はより充実したものになった。

ジャックがくれた刀の写真を撮っている間、ペタルマ・デ・レオン柔道クラブのヘンリー・カク先生の熱心な関心を惹きました。先生は私をテーブルに呼び、キャンプで作られた2本の鋼の刀とその鞘を見せてくれました。アマチではなくポストンです!それらは、戦前サン・ルイス・オビスポの近くで農業を営んでいたアロヨ・グランデのカクの義母、フミ・フジモト(旧姓タジイ)の曽祖父、カメキ・フクムラによって作られたものでした。フクムラは侍ではありませんでしたが、カク先生によると、多くの侍が住む地域の出身で、侍の友人も多く、刀や剣術について学ぶことができました。

私も興奮しました。カク先生(右上)にディスカバー・ニッケイのエッセイについて話し、この続編のエッセイに先生と彼の物語、そして刀を含めてもよいかと尋ねました。カクさんは快く同意してくれました。

それで、収容所で作られたと発見された日本刀の数は合計で 7 刀になりました。マンザナーから 1 刀、アマチから 1 刀、トパーズから 2 刀、タンフォラン集合センターから 1 刀、ポストンから 2 刀です。ポストンで作られた 3 刀もあったので、合計は 8 刀になるはずでしたが、カク先生によると「引っ越しの際に紛失した」そうです。


彼らはどうやってそれをやったのか?

これらの刀が収容所でどのように作られたのかは謎だ。刀が発見されたのはつい最近で、一世の刀鍛冶はとうの昔に他界しているからだ。マンザナーで作られた刀は、マイケル・ヤマサキと彼の日本刀販売店tetsugendo.comによって真正とされた。ジャック・ムロは父親が短刀をどのように作ったのか知らないが、兵舎の丸太ストーブで燃やされていたため、石炭が主な熱源だったことは知っている。

私は最近、ヒストリーチャンネルで「Forged in Fire」というテレビ番組を見つけました。この番組では、経験豊富な刀鍛冶たちが招待され、番組側が用意した金属、鍛冶場、さまざまな道具を使って、ライブで武器を作るコンテストが行​​われます。司会は、元陸軍レンジャーで空軍の退役軍人で、あらゆる武器の専門家です。審査員は、歴史的武器と武装格闘技に精通した認定刀鍛冶3名で構成される審査員団が務めます。

私の興味を引いたエピソードでは、刃物職人に電動工具の使用を禁じ、手回しの石炭炉のみを提供した。彼らが提供した金属は、基本的に使用済みの工具のスクラップだった。私たちの強制収容所の刃物職人、例えば石炭を燃料とするダルマストーブで働いていた福村亀喜や室徳一も、同じような環境で働いていたのではないかと想像した。

こちらは、最終選考で 2 人の出場者が日本刀作りに挑戦する「Forged in Fire」のエピソードへのリンクです。少し荒っぽいですが、このシリーズの雰囲気が伝わってきます: history.com/shows/forged-in-fire/season-1/episode-1

カク先生は最近、5人のうち3人が今も存命である福村亀樹の子供たちを訪ねたときの話をしてくれました。先生はこう話しました。「子供たちを訪ねると、一番上の子と一番下の子が、父親が収容所の敷地内を歩き回って、地面に落ちている金属を探していたという話をしてくれました。一世だった父親は、収容中にリーダー的役割を担うことは許されず、収容所に送られる前はガーデニングをしていたのに、ガーデニングは嫌いでした。そのため、ポストンにいる間は、野菜を育てる手伝いをする代わりに、鳥を彫ったり、詩を書いたり、木や金属でたくさんの刀を作ったりしていました。石で墨壺を作り、自分で木炭を作って墨を作りました。刀の作り方は教えてくれませんでしたが、共同キッチンに行って刀を作っていたことは覚えています。」


武士の刀の分類

これまでにキャンプで作られたと確認されている 7 本の剣が下の写真にあります。

マンザナー強制収容所で影山九範が製作した短刀。JANMの「時代:時代を超えたサムライアート」展に展示されている。
アマチェ強制収容所で室徳一が製作した短刀
タンフォラン組立センターの古賀徳敬氏によって製作された短刀。孫のトム・コガ氏が所有。
トパーズ強制収容所で古賀徳敬が製作した短刀。孫のウォーレン・古賀が所有。
トパーズ強制収容所で米倉林三が制作し、トパーズ博物館に展示されています。写真提供: トパーズ博物館理事長ジェーン・ベックウィズ氏。
ポストン強制収容所で福村亀樹が製作した。ペタルマ・デレオン柔道クラブの三世ヘンリー・カクが所有。

Wikipedia に引用されているように、刀や短剣の種類を区別するのは刃の長さです。日本の包丁はで測定されます。尺はおよそ 1 フィート (11.93 インチ) に相当し、33 尺はちょうど 10 メートルに相当します。日本の刃物には主に次の 3 つのカテゴリがあります。

マンザナー、アマチ、トパーズ、タンフォラン アセンブリ センターの刃はそれぞれ長さが約 1なので、すべて短刀に分類されます。カク先生が測定し説明したポストンの刃は次のとおりです。

  • 黒の金属製剣:全長36インチ、刃渡り25½インチ
  • 赤い金属製の剣:全長32インチ、刃渡り22インチ、木製ハンドル

したがって、黒鞘の刀は 2の長刀または刀として適格ですが、赤鞘の刀は 2弱で、脇差または太刀と見なされます。柄は両手で持つのに対し、短刀の柄は片手で持つことに注意してください。したがって、第二次世界大戦キャンプの最初の 3 人の刀工は、より短く目立たない武器を鍛造することを選択したようですが、ポストンでは、福村亀樹がフルサイズの刀を製作しました。


三世の思索

三世である私には、一世や二世の人々の考えや感情、行動を想像することしかできません。それが、私がまだ子供だった頃、戦時中の収容所での自分や家族の体験についてエッセイを書いたときの私の立場です。

ポストンで作られた刀の発見は、私が当初考えていた以上に、収容所全体に侍精神が浸透していたという私の信念を強めました。武士精神は、3 本の金属刀を鍛造した福村氏の心に燃えていたに違いありません。そのうち 2 本は生き残り、現在はカク先生の大切に保管されています。

日本の伝統を誇りにしていた多くの家族は、日本から持ち込まれた刀を所有していました。1981年頃、父が亡くなった後、ある若者が、父が刀を私たちの父から譲り受けたとだけ説明して、2本の侍時代の刀を私たち家族にくれました。彼の父も亡くなったので、彼の家族は刀を私たちの家族に返さなければならないと感じました。私たちどちらの家族もそれ以上のことは知りませんでした。

日本が真珠湾を攻撃した後、反日感情はさらに高まった。多くの日系アメリカ人家族は、逮捕、国外追放、憎悪に満ちた暴力の標的になることを恐れ、日本と関係のあるあらゆるものを処分しようとした。 『Nisei: The Quiet Americans』の中で、著者のビル・ホソカワは、ロサンゼルスのフランク・チューマン一家が日本に関係のある多くの写真、手紙、本、雑誌などを焼却した様子を描いている。チューマンはまた、「父は寝室の箪笥に行き、そこには2本の刀が保管されていた。1本は両手に合うように長く、もう1本は短い刀で、薩摩藩の先祖から受け継いだ家宝だった。父と私はそれらを裏庭に持ち出し、埋めた」とも述べている。

他にも幸運な話はあります。私の叔父のエドワード・タカマサ・ブッチ・マスオカは、私たち甥や姪に、背の高い侍の先祖が持っていた「とても長い」刀の話を頻繁に話してくれました。この家伝の刀は、私の叔父と叔父の二人の兄弟と共に第二次世界大戦を生き延びました。彼らは全員、米軍に勤務していました。四番目の弟のピーターは、第442連隊戦闘団大隊の兵士で、フランスのビフォンテーヌで戦死しました。彼は死後、無私の勇敢な行動でシルバースターを授与されました。彼らの姉妹の一人は、家伝の刀は現在、末っ子で唯一生き残った兄弟が持っていると言っています。

数え切れないほどの類似の話から、私の父は友人に刀を渡したのではないかと推測します。友人は軍事的敏感地帯の外、おそらく州外に住んでいたに違いありません。刀は戦争を生き延びたからです。これらは日本製の刀でした。

最近発見されたキャンプで作られた刀は「アメリカ製」であると言えるでしょう。それは、日本刀の伝統の物語に新たな章を加えるものであり、私たちの人々から奪われた誇りを取り戻すために古い精神が求められる物語です。

この記事を準備しているときに、収容所で作られた剣がさらに2本あることを知りました。1本はトゥーリーレイク隔離センターで、センターのボイラー工場で働いていたイナ・サツキ博士の父、イナ・イタル氏によって作られました。イナ博士はドキュメンタリービデオのプロデューサーで、その作品には『収容所の子供たち』『絹の繭から』などがあり、この2本は第二次世界大戦の強制収容所が家族や他の収容者に与えた影響についての洞察に満ちた作品です。イナ博士と彼女の兄弟は父親の剣を一度見たことがありますが、その後行方不明になっています。トパーズで作られた別の剣があると聞きましたが、それ以上の情報は得られませんでした。そのため、これらの剣を1本も見ていないため、現時点では報告できません。後日、詳細がわかるといいのですが。

収容所にいる間、暇を持て余していた退屈で不満を抱えた一世の立場に身を置いてみれば、何かを作ることで生産的に自分を忙しくさせたいという姿勢が育まれるだろうと想像できる。強制収容所での男らしさを奪われた立場に対する抗議の象徴だろうか。収容所で作られた、頑丈で鋭い武器、武士道の強さの象徴、つまりサムライソードだろうか。もちろん、ガマンの精神で。

ノート:

1. ドナ・K・ナガタ、「キャンプの心理的効果」、電書百科事典。

© 2018 Gary T. Ono

武器 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

サンフランシスコからリトルトーキョーへ移り住んだ日系三世。近所の全米日系人博物館でボランティアのカメラマンとして活動している。2001年にはカリフォルニア人権公教育プログラム(California Civil Liberties Public Education Program)から助成金を得て、ドキュメンタリー映画「Calling Tokyo: Japanese American Radio Broadcasters of World War II」(訳注:第二次大戦中に米英軍が日本に向けて行ったプロパガンダ放送に参加した日系アメリカ人アナウンサーについてのドキュメンタリー)を制作。このドキュメンタリーの題材となった第二次世界戦中の父の仕事がきっかけで、日系アメリカ人と家族史に興味を持つようになった。

(2013年3月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。