Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/9/7/kimi-and-george-tanbara/

注目すべき二世のラブストーリー:タコマのキミとジョージ・タンバラ

コメント

丹原家提供。

ディスカバー・ニッケイの過去のコラムで、私はタコマの日系アメリカ人の歴史を探すことの難しさについて書いてきました。日系アメリカ人の多くの物語と同様に、語るべきことはまだまだたくさんあることを私は知っています。ですから、2017年8月5日にジョージ・タンバラ博士の生涯を祝う会に参加できたことは喜びであり、勉強になりました。タンバラ家は、戦前だけでなく、再定住や地域奉仕においても、タコマの日系アメリカ人の歴史の重要な部分を代表しています。私はタンバラ家とよく知りませんでしたが、家族の追悼プログラムの雰囲気と両親の歴史に合わせて、彼らのファーストネームを使って、敬意を込めてこの文章を書いています。タンバラ家の2人の子供、グレッグ・タンバラとダイアン・タニグチには、この物語に貢献してくれたことに感謝します。

ジョージ・タンバラ博士とキミ・タンバラ夫妻は、90 代前半までワシントン州タコマの北西小児科クリニックで働いていました。毎日昼食をとるために、2 人は通りの向かいにあるマルチケア病院のカフェテリアまで歩いて行きました。2 人は夫婦として、母と父として、医師と受付係として、そして社会正義と地域奉仕の幅広い伝統を継承するパートナーとして、共に働きました。キミは 2017 年 3 月に亡くなり、ジョージも数か月後の 2017 年 7 月に亡くなりました。

彼らは65年間結婚生活を送っていました。これは彼らの物語の一部です。

* * * * *

キミコ・フジモトは 1924 年に 3 人姉妹の末っ子として生まれました。スタジアム高校とピュージェットサウンド大学に通いました。1942 年に戦争が勃発したとき、彼女と姉妹のヨシコとタダエは 10 代で、父親は亡くなったばかりでした。彼女たちは皆、戦争直前に繁栄していた日系アメリカ人の緊密なコミュニティの一員でした。実際、フジモト家はタコマ仏教寺院の創立者一族の 1 つで、1915 年にコミュニティが発足し、1931 年に現在の場所に寺院を建てました。

キミは、タコマから強制的に追放された他の 700 人以上の日系アメリカ人とともに、育った場所からほんの数ブロックのユニオン駅から列車に乗り込み、カリフォルニア州フレズノ近郊のパインデール集合センターまで移動しました。そこから家族はワイオミング州ハートマウンテンに移送されました。

そこで彼女はジョージ・タンバラと出会った。彼女は2歳半年上の二世だった。家族によると、彼女は彼が自分にとって年を取りすぎていると考え、できる限り彼を避けていたという。戦争が終わった後、フジモト一家はタコマに戻った。キミは家族のドライクリーニング店を手伝った。この店は反日感情と「リメンバー・パールハーバー」運動が根強く残っていたにもかかわらず存続していた。

* * * * *

ジョージ・タンバラは 1922 年にオレゴン州ポートランドで生まれました。彼が 9 歳のとき、両親が離婚し、母親はジョージと姉のヨシエを一人で育てることになりました。両親が離婚し、親戚のいる日本でしばらく過ごした後、ジョージの家族は南カリフォルニアに引っ越しました。彼はすぐに働き始め、ロサンゼルス中心部の多様性に富んだ地域に新聞を配達しました。ジョージが南カリフォルニア大学 (USC) に通い、薬学の学位取得を目指している間、姉と母親が彼を支えました。

ジョージは、学士号取得まであと1年というときに第二次世界大戦が勃発しました。南カリフォルニア大学では、彼はテニスのスター選手でした。実際、1942年12月に夜間外出禁止令が出されたとき、デウィット将軍自らがジョージがUCLAとの試合に出場できるように命令を出しました。キミと同様、ジョージと彼の家族もサンタアニタ競馬場の集合センターに強制的に収容されました。彼は集合センターで7年生の数学を教えていましたが、学位を取得したいと思い、軍管轄区域外の学校に応募しました。1943年にアイダホ大学サザンブランチ校を卒業することができました。当時の反日感情が激しかったため、彼は仕事を見つけることができず、ハートマウンテンのキャンプで母親と妹と合流しました。

そこで彼はキミと出会い、彼女のことを決して忘れなかった。6年間、彼は毎日彼女に手紙を書いた。

その間に、ジョージはハートマウンテン以外の仕事に応募し、ミネソタ大学病院の薬局に就職しました。そこの薬剤師長は彼に医者になるべきだと言いました。徴兵された軍医として軍に勤務し、その後、日本で MIS の防諜エージェントとして 1 年間勤務した後、彼はミネソタに戻りました。彼はミネソタ大学の医学部に応募し、合格し、1951 年に医学の学位を取得するまで、薬剤師として半日勤務しました。

キミは、もしタコマ近郊で職を見つけられたら結婚すると言った。彼はシアトルで住居を見つけた。

夫婦は1951年にタコマ仏教寺院で結婚した。

* * * * *

タコマで、タンバラ医師は小児科の個人診療所を開設しました。彼の診療所は急速に成長し、患者の長い列ができました。キミは息子 1 人、娘 3 人の 4 人の子供を出産しました。2 人目の子供が生まれるまで、キミは診療所の受付係として働きました。彼女は数十年にわたって、2016 年 12 月に転倒して怪我をするまで、Pediatrics Northwest で働き続けました。

タンバラ夫妻は、さまざまな方法で地域社会に貢献しました。ジョージは、25 年間、単独で小児科医院を開業していました。その後、ローレンス ラーソン医師とともに、小児科医療を地域社会に提供したいと考え、Pediatrics Northwest を共同設立することにしました。現在、Pediatrics Northwest には 27 人の医師がおり、タコマ、ギグ ハーバー、フェデラル ウェイの 4 つの主要診療所があります。彼は、他の関心のある地域住民とともに、1987 年に Community Health Care を共同設立し、ピアス郡の低所得者や無保険の住民に医療を提供することを決意しました。最初の 2 つの診療所は、週に 1 ~ 2 晩のボランティア医師で始まりました。現在、この診療所には、タコマ、サムナー、レイクウッドに 5 つの診療所と 3 つの歯科診療所があります。この間、キミ タンバラは、サポート、仲間、パートナーとして重要な役割を果たしました。タコマのコミュニティ ヘルスケア クリニックの 1 つにはタンバラ家の名前が付けられているが、CHC の会長であるデイビッド フレンジ氏はタンバラ博士の生涯を祝う会で集まった地域住民に対し、「ジョージはキミの名前が名前に含まれ、キミの名前が最初に来る場合に限り、命名に同意した」と語った。

丹原博士は子供たちの人生にも大きな役割を果たしました。彼はタコマ仏教寺院のボーイスカウト隊の隊長を務め、隊員 15 名全員がイーグルスカウトの称号を獲得しました。彼はバスケットボール チームとテニス チームのコーチも務めました。長年の隣人でありテニス仲間のロッド クーン氏は、1954 年に初めてタコマ ローンテニス クラブでプレーしたときのことを話してくれました。当時は人種的マイノリティとして初めてのプレーでした。丹原博士を称えて日曜朝に行われるテニス マッチは、テニス クラブの伝統となっています。

* * * * *

2017 年 8 月初旬、約 500 人がタコマ コンベンション センターに集まり、タンバラ博士を讃えました。テーブルのひとつには、博士の医療活動で獲得した数々の賞が展示され、別のテーブルには、博士が獲得した数々のスポーツ トロフィーが展示されていました。さらに別のテーブルには、博士のオフィスの看板、名札、医薬品、医療が展示されていました。その他のテーブルには、博士の地域活動や仏教教会のコミュニティに関するものが展示されていました。

タンバラ医師の生涯を記念する式典では、忘れられない瞬間がたくさんありました。タコマ市長のマリリン・ストリックランドは、同医師を称える声明を読み上げました。長年にわたり同医師の共同創設者である北西小児科のローレンス・ラーソン医師は、「同医師はタコマに医療の社会正義をもたらしました」と語りました。同医師の甥のゲイリー・カワサキ氏は、「同医師は他者の善行を拡大し、強化しました」と述べました。長年同医師の小児科患者の一人であるトゥイェット・グエンさんの母親は、「同医師から思いやりについて多くを学び、リハビリカウンセラーとしてその知識を生かしてきました」と述べました。同医師の小児科患者の一人であるシド・ブレッケンリッジさん(現在 62 歳)は、同医師を「同町で黒人の子供たちを診てくれる数少ない医師の一人」と称賛しました。

感動的な午後、たくさんの思い出深い瞬間がありましたが、私にとって最も印象的だったのはこの瞬間です。タンバラ家の長男、グレッグが壇上に上がり、その日の完璧なフレームを作りました。「私が皆さんに伝えたいのは、父について今わかっていること、そして理解し始めたばかりのことです」と彼は言いました。「父は母に対して大きな愛情を持っていました。それは本当に深く、本当に広く、タコマでの [父の仕事] の原動力でした。母故郷で休みなく働くよう父を駆り立てたのです。」

そして、この文脈で、私はタンバラ家の生活を二世のラブストーリーとして理解しました。私が見る限り、タンバラ家の物語は非常にプライベートで、ほとんど語られることのないものでしたが、活動主義、ボランティア、奉仕、慈善活動、寛大さ、そして広く定義される地域社会の健康に対する全体的な献身など、さまざまな形で展開されました。「他の人々への奉仕の探求を続ける間、どうか私たちの父を忘れないでください」と家族は書面で追悼の意を述べました。

出典:

ブラウン、ジャレッド。「彼の人生は、強制収容所からタコマの第一医師になるまで、そしてそれ以降も続いた。」タコマニューストリビューン、2017年7月7日。

オーベル、スザンヌ。「 有刺鉄線の向こうで暮らす:マディガン家の一家の物語」アメリカ陸軍。2017年8月8日にアクセス。

「ジョージ・アヤオ・タンバラ医学博士」タンバラ家による追悼式のパンフレット、2017年8月5日。

丹原喜美子」死亡記事、タコマ・ニュース・トリビューン、2017年4月2日。

追悼」北西小児科。2017年8月9日にアクセス。

© 2017 Tamiko Nimura

世代 ジョージ・タンバラ ハートマウンテン ハートマウンテン強制収容所 キミ・タンバラ 二世 小児科医 医師 タコマ アメリカ合衆国 ワシントン州 第二次世界大戦下の収容所 ワイオミング州
執筆者について

タミコ・ニムラさんは、太平洋岸北西部出身、現在は北カリフォルニア在住の日系アメリカ人三世でありフィリピン系アメリカ人の作家です。タミコさんの記事は、シアトル・スター紙、Seattlest.com、インターナショナル・イグザミナー紙、そして自身のブログ、「Kikugirl: My Own Private MFA」で読むことができます。現在、第二次大戦中にツーリレイクに収容された父の書いた手稿への自らの想いなどをまとめた本を手がけている。

(2012年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。