Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/7/20/nikkei-uncovered-8/

敬意

コメント

今月の「日経アンカバード」コラムでは、詩的なオマージュを捧げます。アリゾナ州ツーソン在住のヘザー・ナガミとサンフランシスコ湾岸地域在住のミア・アユミ・マルホトラの両氏から、クンディマンの仲間である作家 2 名が、私たちを支え、私たちの文脈を形作り、私たちの記憶の感性をつかむ女性について語ります。お楽しみください。

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

ヘザー・ナガミは、 Hostile (Chax Press) の著者です。クンディマンフェローである彼女の詩は、最近、 Hawai'i ReviewThe CollagistPrint-Oriented BastardsThe Sonoran Desert: A Literary Field Guideに掲載されました。南カリフォルニアで生まれ育ったヘザーは、詩人のアキラ・トガワの孫娘にあたります。ヘザーは現在アリゾナ州に住み、2 冊目の詩集を執筆中です。

おばあちゃんへのソネット

私のおばあちゃんがいなければ世界は存在できません。
彼女は私が生まれる前にたくさんの人生を生きてきました。
それでも彼女は私に祖母であることを感じさせてくれました
人生の価値を明らかにしたのです。
彼女は私の手をしっかりと握るために手を伸ばしてくれました。
「よしっしょ」と彼女は言いながら私を抱き上げました。
彼女は全能の神の謙虚で癒しの心でした
それは私が愛されている人間であることを教えてくれました。
彼女は非常に多くの役を演じ、
幸運な人それぞれが見つけられるプレゼント、
でも私にとって彼女はただのおばあちゃんでした
彼女はその権利をどれほど大切にしていたかを私に示してくれました。
おばあちゃん、愛のもう一つの言葉。
おばあちゃん、人生を表すもう一つの言葉。

* この詩の著作権は Heather Nagami (2017) が所有しています。

* * * * *

ミア・アユミ・マルホトラは、2017 年アリス・ジェームズ賞を受賞した『Isako Isako』 (2019 年刊行予定)の著者です。ワシントン大学で美術学修士号を取得し、クンディマンおよび VONA/Voices フェローを務めています。現在は夫と 2 人の娘とともにサンフランシスコ ベイエリアに住んでいます。

女性たちの働き方
リッチモンド、カリフォルニア州

錆びた顎、下唇の留め金
上部のブレードにヒンジで取り付けられています。

くちばしのような唇が杖を通して動く、
フックをクリップし、茎をきれいに剥がす

芽の目。ああ、満足感
茎から伸びた完璧な頭。

ふっくらとした頭の列、フリルの縁
レースのように刈り込まれ、葯と花柱の周りに輪生する。

ワイヤーが中央を突き抜ける—
外側の渦巻きに巻き付く

巻き付けて、きつく締める
テープで縛られ、体を固定された

硬い球根状の
目。ストレートピン、レースピン

* この詩の著作権はミア・アユミ・マルホトラ(2017)が所有しています。

© 2017 Mia Malhotra; Heather Nagami

コミュニティ ヘザー・ナガミ 文学 ミア・アユミ・マルホトラ 詩人 トレイシー・アケミ・カトウ=キリヤマ
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

ミア・アユミ・マルホトラは、 『Mothersalt』 (2025年刊行予定)と『Isako Isako』の著者であり、カリフォルニア・ブック・アワードのファイナリストで、ノーチラス・ゴールド・アワード、アリス・ジェームズ・アワード、ナショナル・インディ・エクセレンス・アワード、メイン・リテラリー・アワードの受賞者でもある。彼女のチャップブック『Notes from the Birth Year』はバトー・プレス・BOOMコンテストで優勝し、彼女の作品はホーカー賞(東南アジア詩部門)やシンガポール詩賞など国際的に認められている。彼女はクンディマン・フェローであり、女性やノンバイナリー・アーティストの集いの場であるThe Ruby SFの創設メンバーでもある。(プロフィール写真はKindred提供)

2023年6月更新


Heather Nagami は、 Hostile (Chax Press) の著者です。Kundiman フェローである彼女の詩は、最近Hawai'i ReviewThe CollagistPrint-Oriented BastardsThe Sonoran Desert: A Literary Field Guideに掲載されました。南カリフォルニアで生まれ育った Heather は、詩人の Akira Togawa の姪孫にあたります。Heather は現在アリゾナ州に住んでおり、2 冊目の詩集を執筆中です。heathernagami.com で彼女について知ることができます。

2017年7月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。