Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/6/15/nikkei-uncovered-7/

コミュニティ内

ラマダンのこの時期に、日系アメリカ人とイスラム教徒のコミュニティ間の長年にわたり築き上げられてきた関係に敬意を表して、私は、コミュニティの仲間の一人である、とても素晴らしいクリエイティブなオーガナイザーであり、トラウマに配慮したヨガのインストラクターであり、刺激的な精神の持ち主であるトレイシー・イシゴの詩と私の作品の 1 つをこのスペースで共有したいと考えました。

私たちは2人とも、イスラム恐怖症と闘い、イスラム教徒のコミュニティやその先の人々と愛と連帯とコミュニティを築くクリエイティブな連合であるVigilantLOVEの運営委員会メンバーです。今月のコラムの公開日は、私たちが長年続けているBridging Communitiesというプログラムを支援するために行っているイフタール(断食明け)のお祝いと重なります。このプログラムは、連帯芸術フェローシップでJAとイスラム教徒の大学生を結びつけるものです。そこで、この特別な日に私たちの作品「In Community」をお届けします。どうぞお楽しみください。

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

トレイシー・イシゴは、創造的なコミュニティ オーガナイザーであり、トラウマ インフォームド ヨガ + 瞑想ヒーリングの実践者です。彼女は、個人的な経験、日系アメリカ人の経験、そして多様なコミュニティ内での活動から得た知識を活用しています。トレイシーは、イスラム恐怖症や暴力の影響を受けたコミュニティの安全と正義を守るために草の根の連帯と運動を組織することに専念するコミュニティ ベースのネットワークである #VigilantLOVE の共同議長および運営委員会メンバーです。

コミュニティ内

コミュニティでは、
言語を見つけた
質問に対して
言うべきではないと思いました。
主流メディアを見て育つ
そして不思議に思う、
私の家族はなぜそうではないのでしょうか?
それはただの感情のまま
仕方がないときは
しかたがない、
いくつかのことは決して変わらないだろうと思っていました。

コミュニティでは、
自然の引力がある
疑問に思うことを助けるために
だんだん少なくなっていきます。
私の両親は僧伽を見つけました
そして、最高の食べ物を見つけました。
子どもに誇りを感じさせるかもしれない
そのポットラックテーブルを見ると、
そしてごちそうも全部大好き
誰も笑うことはできない。

コミュニティでは、
私は長老や指導者たちを見つけました
私がJAであることを誇りに思わせてくれた人。
バスケットボールだけの問題ではなかった
または軽食テーブル。
日系アメリカ人と出会った
質問を避けなかった人。
難しい真実に対してオープンな姿勢があった。
そして覚えておくべき理由。
寛大な心のおかげで、私は理解することができました。
なぜ戦うべきなのか
私たちの歴史を尊重して。

コミュニティでは、
私は家に引き寄せられるようになった
人々への好奇心を持ち続ける
毎日見ていた
私の人生の最初の18年間。
私はスペースを切り開き始めました
難しい質問に対して
教訓があったことを願って
私の出身地について。
母は私がリベラル派かどうか尋ねました
保守的な父は笑って彼女に言った
「彼女はそれさえも無い。」
シカタガナイ、確かにそうだね。
私は急進的で、進歩的で、そして驚いている。
私はまだ家にいるべきだ
こんなにも違うのに。

コミュニティでは、
見つけた
流動性には自由がある、
そして変化します。
私の愛するコミュニティは
日経、
カラフル、
活気に満ちた、
クィア、
トランス、
イスラム教徒、
仏教徒、
異宗教間、
お年寄り、
若い、
無効、
移民、
そして何よりも、
私たちは安全です
ここに来るために。

* この詩はTraci Ishigo (2017) によって著作権が保護されています。

* * * * *

トレイシー・カトウ・キリヤマは、受賞歴のあるアーティスト、コミュニティ オーガナイザー、文化プロデューサー、教育者/ファシリテーター、グランド パークのアーティスト イン レジデンス、ネイバーワークス アメリカの芸術文化コンサルタント、火曜夜のプロジェクトのディレクター/共同創設者であり、日系プログレッシブ、おかえり日系 LGBTQ ネットワーク、武道館などのグループやイニシアチブのメンバー/熱心な支持者です。VigilantLOVE の運営委員会メンバーとして、彼女は最近、キャシー・マサオカ、サハル・ピルザダ、トレイシー・イシゴとともに、すべての日系人を祖先に持つ人々に対する民間人排除命令の改訂版を考案し、共同制作しました (今年のマンザナー巡礼で大統領令 9066 号の 75 周年を記念して上演されました)。

コミュニティの中で—あるいは—タズへの手紙
(タズ・アーメドの詩「もし私たちの祖父母が会えたら― JAの仲間全員に捧げます」への返答)


親愛なるタズへ

濃度について読もうとしている
ラホール郊外のキャンプでは
あなたの祖父

私はくまなく調べて呪う
物語を語るインターネット
魂のない

ビットやバイトの情報を見つける

構造物の外殻を構築する

家族の真実を収容するには無菌すぎる

のみ、
たまには
こうするほうがいいと思う

見つけることも、聞くことも、知ることも少なくなる
…母がまた別の話をしてくれたとき
政府が祖父の心を傷つけた時のこと

あなたも私と同じように、
ちょっと、騒音の音量を下げて
それは、いつまでも終焉を迎えるには新鮮すぎるように聞こえる

古くて死者の記憶が
彼らの心の痛みの瞬間を作るだけだ
錆びた釘のように舌先に着地する

それは私が手放せない味です
あなたもこんな風に感じたことはありますか?
それはあなたがよく知っている味だと思います

愛を込めて、
トラ

-----

親愛なるタズへ

私は疑問に思う
私が読む言葉ごとに
あなたの家族についての詩の—
もしそうだったらどうだっただろう
私たちの祖父母を紹介しますか?

おばあちゃんは心から笑いましたか?
おじいちゃんはお酒が好きでしたか?

彼らがしゃがんでいるのを見るのは楽しかっただろう
太陽に向かって
そして日陰を共有する
つかの間の休息の
そして知恵を交換しましょう
瞑想、詠唱、祈りの中で
そしてワインを飲み
より良い思い出
そして悪魔に向かって叫ぶ
他人の天国の

そして孫の話をする
いつか彼らを誇りに思うだろう

そして彼らの将来を知る
本当に何かあった
を楽しみにしています

愛、
トラ

-----

親愛なるタズ(そして私たちの「他の」家族全員)へ

ずっと聞きたかったんです

私の居場所がわかれば

ここにそれがあることを思い出したかったのです

コミュニティ内

会えてよかった

紹介を通じて
連帯の
(心・徳)
尊敬を通じて
私たちの
違い、
私が見つけた意味
同一性ではなく一体性

私たちはこの時代を生きています

信頼する
ファインティング

いる

コミュニティ内
親族関係
友情の中で
姉妹の絆
人間として

(心・魂)


これ

手のひら
そこに私の番号が入っています
覚えておくために

ソファ
そしていつも乗る
準備ができて


ストリート
どこで
側面攻撃を受ける
私たち二人で
どちらの側でも
行進するにつれて
我々は警戒を怠らず
力強く歩むとき
必要なときにいつでも

私は取る

警告
注文
想像
彼らです
私たちが運ぶために

重すぎる場合
重荷
飲み込む
日々の糧

愛と名誉と情熱の中で
トラ

* この詩の著作権はTraci Kato-Kiriyama (2017)が所有しています。

© 2017 Traci Ishigo; © 2017 Traci Kato-Kiriyama

Bridging Communities(イベント) コミュニティ 協力 アイデンティティ 文学 詩人 連帯 トレイシー・アケミ・カトウ=キリヤマ イシゴ・トレイシー Vigilant Love(団体)
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新


トレイシー・イシゴは、創造的なコミュニティ オーガナイザーであり、トラウマ インフォームド ヨガ + 瞑想ヒーリングの実践者です。彼女は、個人的な経験、日系アメリカ人の経験、そして多様なコミュニティ内での活動から得た知識を活用しています。トレイシーは、イスラム恐怖症や暴力の影響を受けたコミュニティの安全と正義を守るために草の根の連帯と運動を組織することに専念するコミュニティ ベースのネットワークである #VigilantLOVE の共同議長および運営委員会メンバーです。

2017年6月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。