Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/5/18/nikkei-uncovered-6/

春へ

コメント

春の最後の瞬間に、私たちは反省と前進の両方のための余裕を作ります。今月のゲスト詩人たちに、反省、前向きな姿勢、前進、出発、飛躍など、喜びや憤り、あるいはその中間の感情など、幅広い「春」のテーマについて詩をシェアしてもらいました。サンフランシスコを拠点とする教授のブリン・サイトーと、マサチューセッツ州ドーチェスターを拠点とする作家兼戦略家のタミコ・ベイヤーによる素晴らしい詩のラッシュで、この移行期の終わりを祝うことができてうれしく思います。お楽しみください。

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

ブリン・サイトーは、2冊の詩集『 Power Made Us Swoon』 (2016年)と『 The Palace of Contemplating Departure』 (2013年)の著者で、Red Hen Pressのベンジャミン・ソルトマン詩賞受賞、北カリフォルニア図書賞ファイナリスト。また、トレイシー・ブリムホールとの共著で『Bright Power, Dark Peace』 (Diode Editionsのチャップブック)を出版。クンディマン・アジア系アメリカ人詩フェローシップおよびカリフォルニア州立図書館市民自由助成金の受賞者。カリフォルニア州フレズノ出身のブリンは、サンフランシスコ・ベイエリアで教鞭をとり、活動している。

自分が愛しているとは知らなかったもの

ナジム・ヒクメットに倣って
ステイシーアン・チンのセリフ付き
アメリカ製本博物館とランタンレビュー
母のために

2016年4月16日です。
自分がこの本を好きだなんて知らなかった。
丁寧な背表紙と春のステッチ、三部作の織り
記憶と血の、この愛。

身体が本であるならば、私はオープンです。
身体が本であるならば、痛みは語り手です。

私はまた夜中に仰向けになって汗をかきながら天使を想像しています。
自分が天使を愛しているとは知らなかった。
私は自分の体を愛しているとは知らなかった。
天使たちは私から痛みの赤いリボンを引き抜きます—
天使の輪—
天使がささやく: 子供の頃を思い出して—
あなたは土を愛した
そして踊りながら、夏の庭の土につま先を突っ込んだ様子を
あなたのお父さんが植えて、あなたのお母さんが近くにいる。

庭が好きだとは知らなかった
そして空
そしてこの街は私を破壊したとしても
そしてこれらの通りは私を欺く
そしてこの風に吹かれたゆったりとした美しさ、しかし詩の居場所はどこにあるのでしょうか?

夜になると、私は自分が恐れているすべてになります。
朝、私は自分がなりたいと願うすべてになります。
飛んでいる少女、
夜明けのピンク色の空の下、広大な果樹園が広がる
自分が花を咲かせるのが好きだとは知りませんでした。
自分が愛しているとは知らなかった
私の若い頃の果樹園
そして、そこで自らの手で死んだ少年
そして私の故郷の少年たち

戦争に駆けつけた
夏のデッキから飛び降りて、体を投げ出す様子
最大の水域に
彼らの手足は固定されておらず、私たちの運命は書かれていない。
彼らの手足は、縫い合わされておらず、野生的で、まるで光のリボンのようです。

* この詩の著作権はBrynn Saito (2017)が所有しています。

* * * * *

タミコ・ベイヤーは、『 We Come Elemental』 (アリス・ジェームズ・ブックス、キネレス・ゲンスラー賞受賞、ラムダ文学賞ファイナリスト)と小冊子『 bough breaks』 (メリテージ・プレス)の著者です。彼女の詩は、デンバー・クォータリー、ザ・ボルタデュシーなどに掲載済みまたは掲載予定です。彼女は、クンディマン、アストレア・レズビアン作家基金、ヘッジブルック、セントルイスのワシントン大学から助成金やフェローシップを受けており、そこで創作文芸の修士号を取得しました。彼女は社会正義コミュニケーションのライター兼ストラテジストで、日々、権力に真実を届けることに取り組んでいます。マサチューセッツ州ドーチェスター在住。

集まったもののための短歌

1.
湿地の草の羽
川のカーブ—オオアオサギ、
ワシ。朝
私たちの散歩の物語、
一緒になるというのは気持ちです。

私たちは人間です
犬、鳥。私たちはみんな
眠りから、寄り添って
お互いに
目覚めるには最高の方法です。

2.
海岸では風が
私たちのスピンドリフトの体を持ち上げる
砂が私たちの肌を擦りむきます。
そのなめらかなアザラシが波を打ち返します。
雷が雲に集まる

信じない
思いやりの欠如
お互いのために。
私はあなたがカスケードするとき
波、蓄積アクション?

3.
私たちはその戦術を実行します
放棄に抵抗する、焦がす
黒く塗りつぶされた書類。
洗練されたエッジだけでは十分ではありません。
適切なカットを見つけなければなりません。

水を言う
再び。潮のパターンと
上昇する音。
世界は前進する
私たちの怒りを必要としている。

4.
言葉が口から出てくる
耳に。私のは煙とジンでいっぱい
歌。寒さから始まるもの
明瞭さが揺らぐ
星座の1つの星

角から見ると一番よく見える
目の中。あなたの光の中で
家:エンダイブを一口、
大根、月。唇がひび割れて、甘い
曲線は、私たちが血を流すのが好きです。

* この詩はタミコ・ベイヤー(2016)の著作権で保護されています。

© 2017 Brynn Saito; 2016 Tamiko Beyer

ブリン・サイトウ ディスカバー・ニッケイ 文学 ニッケイを見いだす(シリーズ) 詩人 季節 タミコ・べイアー 短歌 トレイシー・アケミ・カトウ=キリヤマ
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

ブリン・サイトーの3冊目の詩集『 Under a Future Sky 』は、2023年9月にレッドヘン・プレスから出版される予定です。彼女はベンジャミン・ソルトマン賞を受賞しており、彼女の詩はニューヨーク・タイムズアメリカン・ポエトリー・レビューに掲載されています。ブリンはカリフォルニア州フレズノに住んでおり、ヨクーツとモノの土地にあるカリフォルニア州立大学フレズノ校で助教授を務め、ヨンセイ・メモリー・プロジェクトの共同ディレクターも務めています。

2022年12月更新


タミコ・ベイヤー(彼女/彼女)は、キネレス・ゲンスラー賞を受賞した詩集『 Last Days』 (アリス・ジェームズ・ブックス)と『 We Come Elemental』 (アリス・ジェームズ・ブックス)、チャップブック『Dovetail 』(キミコ・ハーンとの共著、スレイパリング・ホル・プレス)と『 Bough breaks 』(メリテージ・プレス)の著者です。彼女の詩と記事は、デンバー・クォータリー、アイダホ・レビュー、デュシー、ブラック・ウォリアー・レビュー、ジョージア・レビュー、リット・ハブランパスなど、幅広く出版されています。PENアメリカとアストレア・レズビアン作家基金から賞を、クンディマン、ヘッジブルック、VONAなどからフェローシップとレジデンシーを受賞しています。彼女は、目覚めた人生を送り、変化を形作るための月刊ニュースレター『 Starlight and Strategy』を発行しています。彼女はクィアで、多民族(日本人と白人)のシスジェンダーの女性であり、フェムであり、マサチューセッツ州、ワンパノアグ族、ポータケットの土地に住み、執筆活動を行っています。社会正義コミュニケーションのライター兼ストラテジストである彼女は、権力に真実を伝える執筆活動に日々取り組んでいます。詳細はtamikobeyer.comをご覧ください。

2021年10月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。