Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/2/9/mixed-race-ja-in-chicago/

前を向いて:シカゴの混血日系アメリカ人

「前を向いて:混血/民族的日系アメリカ人とコミュニティに関するパネルディスカッション」の講演者。左から:ジャッキー・ケイコ・デノフリオ、ローラ・キナ、エ​​リック・マツナガ、クリスティン・ムンテアヌ。

「混血の人がよく聞かれる質問の一つは『あなたは何者ですか?』です」と、デポール大学のローラ・キナ教授は、2016年7月19日にシカゴで行われた混血のアイデンティティに関するフォーラムで述べた。「私は特に日系アメリカ人に見えません。外見的にはラテン系に見えると思います。だから、私は大抵そういう風に人生を送っています」

「私の民族的背景は、母が白人ですが、白人の中にも民族が存在します。母方の家族はスペイン系バスク人で、父はテキサス出身で、フランス、イギリス、アイルランド、オランダの血を引いています。父方の家族はハワイ出身の沖縄人です。」

フォーラムには約60名の地域住民が出席し、キナ氏のプレゼンテーションのほか、地域リーダーのジャッキー・デノフリオ氏、日系シカゴの共同創設者でレイヴンズウッド小林流空手道場のインストラクターであるエリック・マツナガ氏、元JACLで現在はノースウェスタン大学の多文化学生課副ディレクターを務めるクリスティン・ムンテアヌ氏らが講演を行った。

「だから、私はいつも『あなたは何者ですか?』と聞かれましたし、もちろん私と兄弟があからさまな人種差別を経験したこともあります」とキナさんは、シカゴに移る前にシアトル地域で育った頃について語り続けた。

「私たちのコミュニティでは十字架を燃やす儀式がありました。私の兄弟の一人が銃撃され、『ジャップ』と呼ばれたこともありました。人種差別的な言葉がたくさん飛び交い、自分が部外者であることを思い知らされるような場面があからさまにありました。」

このパネルは、日系アメリカ人奉仕委員会のレガシーセンターがシカゴ日系アメリカ人歴史協会と日系アメリカ人市民連盟シカゴ支部の共催で主催したもので、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの歴史的および現代的な問題に焦点を当てた夏の間続く「今の記憶」セミナーシリーズの第5回目でした。

流動的なコミュニティ

このセミナーは、さまざまな意味で、コミュニティのメンバーに、アイデンティティの問題だけでなく、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの変化する性質についても取り組む機会を提供しました。

2010年の国勢調査によると、シカゴとその近郊の多くの地域を含むイリノイ州クック郡には、日本人を単独、または他の人種やアジア系民族と組み合わせて民族として登録している人が16,814人いた。このうち、日本人を他の人種と組み合わせて登録している人は4,725人、日本人を他のアジア系民族と組み合わせて登録している人は643人だった。

これは、クック郡の日本人コミュニティ全体のうち、32%、つまりシカゴの日本人コミュニティの約3分の1が混血であると自認しており、さらに日本人コミュニティの3.8%が混血アジア系アメリカ人であると自認していることを意味します。

シカゴの日系アメリカ人コミュニティの多様化に直面して、日系アメリカ人のリーダーシップの将来に対する課題は、より包括的な日系アメリカ人のアイデンティティ感覚を構築し、増大する多様性を反映した新しいリーダーシップを募集し、特定することになるでしょう。

ニュージャージー州で育ち、第一世代の日本人移民の母親と第一世代のルーマニア人移民の父親を持つクリスティン・ムンテアヌにとって、彼女のその後の人生は、彼女自身の経験がアジア系アメリカ人の高校時代の友人たちの経験とうまく一致しなかったことで複雑なものとなった。

「振り返ってみると、混血であることを強調することで、いかに自分がアジア人であることから距離を置いていたかが分かります」とムンテアヌは述べた。「高校時代、私はあまり強いアジア系アメリカ人としてのアイデンティティを持っていなかったと思います。それがアイデンティティやコミュニティであるとは知りませんでしたが、混血であるという事実を強調することで、自分がアジア人集団から距離を置いていたことには気づいていました。」

問題を複雑にしたのは、彼女の家族が日本と強いつながりを維持していたことだ。日本では人種問題が米国とは対照的に捉えられることが多い。

「日本にいながら混血を経験するのも、まったく違うことです。私にとっては、白人との混血であること、そしてそれが異国情緒を帯びていることは、違ったことでした。それは、私をとても特別な気分にさせてくれるものでしたが、同時に、私の血は100%日本人ではないので、本当の日本人にはなれないような気がしました。」

ムンテアヌが混血の経験を説明するのに役立つ言葉を見つけ始めたのは、大学に入ってからだった。そこから彼女は日系アメリカ人コミュニティの問題にもっと関わるようになり、後にはシカゴに来るきっかけとなったJACLに関わるようになった。彼女は次第に、日系アメリカ人のアイデンティティは流動的で、時間や状況によって変化する可能性があることを認識することが大切だと悟るようになった。

「私が認識したことのいくつかは、流動性、そして自分のアイデンティティが状況によって左右されること、そしてそれが問題ないということです。また、自分のアイデンティティは人生を通じて変わるかもしれませんが、それは問題ありません。最後に、自分のアイデンティティは自分で選べるという認識です。」


日系アメリカ人コミュニティへの挑戦

パネル参加者や出席者にとって、これは日系アメリカ人コミュニティ内の偏見に疑問を投げかけ、アイデンティティと帰属意識を取り戻す重要な機会となりました。

聴衆からの質問の 1 つは、日系アメリカ人コミュニティが、特に日本人とアフリカ系アメリカ人のコミュニティ メンバーの内面化された人種差別と混血のアイデンティティの問題にどう対処するかについて取り組み始める必要があるという重要な点を提起しました。

キナ氏のようなパネリストにとって、こうした質問は、混血の日系アメリカ人が米国における人種問題に取り組む上でどのような立場をとるべきかという問題を提起する。

オバマ大統領の当選後、キナ氏は「大衆文化では、私たちは『人種問題の終焉』を迎えているという声をよく耳にします。私は『待てよ、私はこのことについて議論を始めたばかりだ』と思いましたが、人々は人種問題が何らかの形で解決されたと示唆していました。しかし、解決されていません。」と述べています。

キナは次のように警告している。「『私たちは混血だから、この違いを祝福しよう』と単純に考えないことが本当に重要だと思います。そうではなく、人間としての経験や共通点を特定するために何かに名前を付けると同時に、自分たちをまったく別の小さなカテゴリーとして切り離すのは危険です。」

「私たちは、人種差別に反対する闘いにおいて、他のコミュニティーと共存することを真剣に考える必要があります。ですから、私にとって、ブラック・ライブズ・マターの時代に混血であることは、まさにこのことなのです。これらは、私たちが本当に注意を払わなければならない社会正義の問題なのです。」

クリスティン・ムンテアヌ氏はこれらの意見をさらに詳しく述べ、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの将来について考える際にオープンな姿勢が必要であると論じた。

「私がJACLや仕事でやろうとしてきたことの多くは、私たちのアイデンティティが変化し流動的であるのと同じように、日系アメリカ人コミュニティの流動性と再構築を可能にすることです。」

* この記事は、2016年日系アメリカ人奉仕委員会の2016年夏季ニュースレターに掲載された短縮版を、許可を得て拡大したものです

© 2017 Ryan Yokota

シカゴ コミュニティ アイデンティティ イリノイ州 日系アメリカ人市民連盟 人種 多人種からなる人々 人種差別 アメリカ合衆国
執筆者について

ライアン・マサアキ・ヨコタは、日本人と沖縄人の血を引く四世/新二世日系人です。現在は、イリノイ州シカゴの日系アメリカ人奉仕委員会で開発・遺産センター所長として勤務し、デポール大学で非常勤講師も務めています。シカゴ大学で東アジア・日本史の博士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でアジア系アメリカ人研究の修士号を取得しました。彼の曽祖父は第二次世界大戦中にアーカンソー州ローワーの日系アメリカ人強制収容所に収容されました。また、祖父母と父は広島の原爆投下を生き延びました。

彼の学術出版物には、最近出版された沖縄の自治運動に関する章、沖縄の先住民族に関する記事、 ロサンゼルスのペルー系沖縄人に関する章、 キューバの日本人と沖縄人に関する記事、アジア系アメリカ人運動活動家パット・スミへのインタビューなどがある。彼は、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの語られざる物語を紹介する日系シカゴのウェブサイトの創設者でもある。

2018年2月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。