ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/1/18/japanese-new-years-meal/

日本の正月の食事

新年の初日にサウスイーストポートランドへ移動したことは、いつまでも忘れられない思い出です。草が氷でシャキシャキしていたり​​、食後に昼寝するための枕しか持っていなかったり、中には二日酔いがひどくて一年で一番の食事に参加できない人もいました (…ここでは彼らの名前は明かしません)。いずれにせよ、祖父母の家で新年の昼食を食べることは、私がこの世に生まれてからずっと続いています。

日本では、正月は最も重要な伝統的祝日です。神道の信仰によれば、新年の初日に神様が家に入るので、客人を適切に迎えるために家を隅々まで掃除しなければなりません。新年の神様は、正月の最初の3日間は台所の音で邪魔されてはならないので、すべての料理は祝日の前に済ませておく必要があります。ほとんどの企業は正月の最初の3日間は休業し、人々は仕事を休みます。これらすべてが組み合わさって、12月(12月)は非常に忙しくなり、年始に向けて多くの準備が行われます。

おせち料理は正月に供される伝統的な食事で、象徴的でおいしい食べ物で構成されています。ほとんどの食べ物は、調理が嫌われる3日間のために塩、酢、砂糖で保存されています。これらの料理の例には、黒豆(甘くした黒豆)、かまぼこ(煮た魚のすり身、かまぼこ)、栗きんとん(サツマイモと甘い栗、栗金とん)、エビ(海老、えび)などがあります。それぞれの料理には独自の意味と目的があります。エビは、長寿を意味する背中が曲がった長い髪の老人を表しています。栗きんとんの「金とん」という文字は、文字通り「金の塊」を意味し、たくさんの富と金銭的利益を願っています。食べ物は日本文化において、特に最も重要な祝日には大切な位置を占めています。


稲原の伝統

2017年お正月手作りお雑煮

イナハラの日本の正月ランチは、上記ほど伝統的ではありませんでした。私自身が四世(日系アメリカ人の4世)なので、厳格な神道の伝統の多くは、よりリラックスした日系アメリカ人の理想に取って代わられました。私たちの集まりで最も伝統的な部分は、食べ物そのものでした。また、私の祖母とその家族は漬物(漬物)の名人だったので、私たちはごぼう福神漬酢の物(ごぼう、福神漬、酢の物)を楽しむことができました。食事は、サーモン(通常)、エビ、たくさんのご飯、新鮮な果物、麺類(焼きそば)、フライドチキン、お雑煮(伝統的な正月スープ)が特徴でした。

お雑煮は餅を主役にした澄んだ出汁(海藻と鰹節のスープ、出汁)のスープです。稲原家では、餅は昔から特別な存在でした。私の祖父の父は、ポートランド周辺で和菓子を生産する大手企業の 1 つで、特にで有名でした。餅は、もちもちとした食感があり、甘い餡が詰められた、つぶした餅です。

食べる前の

私の稲原家は 1970 年代にポートランドで和菓子店を経営していました。ミカドは 20 番街と SE パウエル通りにあり、稲原哲之助 (テツ) と妻のテイが経営していました。テツは日本でプロの菓子職人として訓練を受け、公布 21 号が発表された後、オレゴン州オンタリオから戻ってきました。新年を迎える数週間、家族は集まって 200 ポンドの炊いたご飯をおいしい新年のごちそうに変えるのを手伝いました。餅は20 ~ 30 ポンドのバナナ箱に詰められ、地元の仏教教会に運ばれ、そこで準備されて信者に食べられました。

餅つき機を持つ鉄之助と貞

ミカドが閉店した後、家族は正月の数週間前に集まり、餅つきを一日中行いました。この工程は、人力を提供する大型機械のおかげで、伝統的な手作業による槌打ち方法よりも工業化されていました。20~25人ほどの家族が集まり、年配の男性たちが機械で作業し、大きな木の塊を落とすたびに米をひっくり返し、木槌を濡らすのを見ていました。巨大な餅の玉ができたら、25ポンドの米の玉を小さな個人サイズの玉に分け、形を整え始めました。最終的にできたのは、大量の餅、コーンスターチまみれの服、そしてお腹いっぱいのおいしいお菓子でした。

【左】餅つき機を使う俊夫おじさんを見守る稲原の子供たち
【右】餅つきをするヨッシュおじいちゃん

たまたま私は故郷を離れていて、サウスイーストポートランドへの旅は私にとってはるかに困難です。そこに行けないのであれば、シアトルで自分のおせち料理を運営したほうがよいと考えました。おせち料理は私にとって常に日本の家族とのつながりでしたが、この招待は日本のおせち料理を食べたことのない友人たちにも広げられました。他の素晴らしい食事と同じように、おせち料理はあらゆる背景を持つ人々を結びつけ、この料理を作ることは重要な伝統を存続させることに役立ちます。恐怖に基づいて国民全体を強制的に追放した国で育った私の祖父母と同じように、伝統を存続させようとする意欲は彼らの状況よりも強力でした。彼らの犠牲と自分らしくいる勇気には、心から頭が下がります。家族と友人を生活の中心に置き、愛の手段として食べ物を使い、伝統を中心にコミュニティを築いています。

ジャスティンと稲原家の祖父母(2016)

Half+Half の目的は、食というレンズを通して文化と多様性を探ることです。私は、食が人を識別する最も強力な手段になったと強く信じています。使用される人種差別的呼称のほとんどは、その文化によく関連付けられる食に由来しています。食文化には、誤解、盗用、不信が非常に多く存在します。Half+Half では、それを解消したいと考えています。私のささやかな意見では、誰かを愛する最も重要で強力な方法は、その人に食事を与えることです。さあ、キッチンに立って仕事に取り掛かりましょう。私たちには広めるべき愛がたくさんあります。

* この記事は、 2017年1月5日にHalf+Halfで最初に公開されました。

© 2017 Justin Inahara

菓子 家族 食品 休日 日本食 Mikado (菓子店) 餅つき 新年 オレゴン州 お正月 お雑煮 太平洋沿岸北西部 ポートランド(オレゴン州) 伝統 アメリカ合衆国
執筆者について

ジャスティンはポートランド地域出身のハーフで、現在はシアトルに住んでいます。スタイリッシュなものが大好きです。オレゴン州立大学で学部時代を過ごし、アジア系アメリカ人研究を専門とする民族学の学位を取得しました。共同設立したウェブサイトHalf+Halfのほか、ジャスティンは小さな写真ビジネスを経営し、Coding Dojo で技術教育に携わっています。仕事が休みのときは、バレーボール、料理、旅行を楽しんでいます。

2017年1月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。