Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2016/9/6/tad-nakamura/

タッド・ナカムラとの交流

映画監督タッド・ナカムラ

私は映画監督のタッド・ナカムラ氏と座って、彼の最新ドキュメンタリー『Mele Murals』と、2016年8月5日にアラタニ劇場で日系アメリカ人文化・コミュニティセンターとビジュアルコミュニケーションズの共催で上映されたそのLAプレミアについて話す機会を得た。

* * * * *

アリソン・デ・ラ・クルス(AD):『メレ壁画』ドキュメンタリーで、あなたにとって一番の驚き、あるいは学びの瞬間は何でしたか?

タッド・ナカムラ(TN):もちろんです。このプロジェクトは、ハワイ語とハワイ文化を復活させようとする現在の運動の関係者と私が実際に仕事をした初めての機会でした。アジア系アメリカ人研究の学生として、そして後に進歩的なアジア系アメリカ人コミュニティの一員として、ハワイについて耳にするのは、主権をめぐる闘争が続いているということだけでした。オイウィTVや他のハワイのアーティストと仕事をする中で、主権という言葉は聞いたことがありませんでしたが、その代わりに、これらの文化活動家が、ハワイの人々を互いに結びつけるツールとして言語運動について常に語っているのを目にしました。文化活動の背後にある概念は、自分たちで自分たちを大事にし、自分たちで自分たちを作り上げていくという主張でコミュニティを築き上げることだと分かりました。


AD: それはとても興味深いですね。あなたの過去の作品を見たり、あなたを知っている人の多くは、あなたを政治的なアーティストや文化活動家として見ているかもしれません。このプロジェクトによって、個人やコミュニティを記録するアーティストとしてのあなたの認識は変わりましたか?

TN: 必ずしも私の理解が変わったとは思いませんが、文化運動に携わる人々への理解は深まりました。ご存知のように、私たちの活動を表す魅力的な言葉は文化労働者であり、私たちはまさにその立場にいると思います。私は常にコミュニティビルダーであると自認しており、一時期はオーガナイザーでしたが、最近はアーティストに近いです。このプロジェクトによって、私にとって文化労働者とは何か、そして文化労働者がより大きな変革運動で果たす役割が明確になりました。私は常に自分自身をコミュニティビルダーだと考えています。だからこそ、上映会は映画と同じくらい重要なのです。上映会はさまざまなコミュニティの人々を結びつけ、お互いに会うことができる時間と空間を作り出します。もちろん、腹を立てて変化を求めているときに、人々と一緒に政治的、文化的な空間を築くのは良いことです。しかし、このドキュメンタリーを制作しながら、お互いの空間を築く方法として、一緒に過ごして楽しんでいるときにもつながることができるのだということを思い出しました。


AD: ネイティブハワイアンの文化活動を見て、日系アメリカ人コミュニティに対する考え方に影響はありましたか?

TD: 私はいつも、日系アメリカ人のコミュニティと、リトル トーキョーに起こっている脅威について考えていました。その後、ハワイに行き、オイウィ TV の人たちと会い、彼らが自分たちの仕事をより広い文化的文脈の中に位置づけていることを知りました。彼らは、自分たちの民族の文化全体を記録する責任があるのです。彼らは、言語を保持する責任があると考えています。リトル トーキョーのような地域を守るだけでなく、土地そのものと自分たちの民族全体を守る責任があるのです。コミュニティに対して責任を負うことがどのようなものかは知っていましたが、ここではそれがこれほど大きな規模で行われていることに驚きました。民族全体の物語と文化全体を保持し、それが生き残るように支援する責任があるというのは、とても大きなことです。ここでも、ハワイの文化と言語が消え去る可能性がいかに差し迫った脅威であるかに衝撃を受けました。しかし、これらのアーティストがいかに過去に近づき、将来において彼らの役割がいかに重要かを知りました。

ハワイを舞台にした日系アメリカ人映画製作者として、私は自分の特権を認め、抑圧されたり沈黙させられてきた人々を支援する責任について考えなければなりませんでした。このドキュメンタリーの制作に携わる中で、日系コミュニティがハワイの人々から言語や文化復興について学べることがたくさんあることにも気付きました。例えば、四世である私の場合、祖父母は収容所に入れられたため日本語を話せません。両親も同様です。私は言語を知らずに育った、私は四世なので、言語を学ぶ方法などないと言うのは簡単です。

それから、ハワイアン コミュニティで働く人たちと出会いました。彼らの親は誰もハワイ語を話せず、文字通り 2 世代か 3 世代にわたってハワイ語を話せなかったにもかかわらず、人々はハワイ語を復活させようとしています。私はハワイ語について考えたことも見たこともありませんでした。ほとんど埋もれ、死んでいた言語が、今、復活するのを目にするのです。小学生がハワイ語を話しているのを見て、自分の姪や甥、息子がいつか日本語を流暢に話せるようになるかもしれないと考えました。別のコミュニティでそれを目撃した今、自分のコミュニティでもそれを思い描くことができます。

AD: 私たちは、あなたの映画「Mele Murals」が、ネイティブ ハワイアンの文化的背景とどのように結びついているかについて、長いこと話してきました。この映画で私が気に入っているのは、アーティストの Estria (右の写真) と Prime (下の写真) を追うことによって、ヒップホップが彼らに、そして彼らを通してどのように語りかけているのかがわかることです。このプロジェクトで、ハワイアン文化とヒップホップ文化の相互作用で何か発見したことはありますか?

TN: 最も興味深いのは、この映画のヒップホップ要素が人々を劇場に呼び込み、注目を集めたので、さらに深く掘り下げていこうという流れになっていることです。この映画をヒップホップだと考える人がどれだけいるのかはわかりません。人々の心に響くものは何なのか、知りたいです。全国で上映するにつれて、この映画がヒップホップ好きの年配世代や作家たちに確実に響いていることに気づき始めています。この映画には、若い作家にありがちな「くたばれ」文化や雰囲気があるかどうかはわかりません。

AD: あなたの過去の作品のいくつかもヒップホップの影響を受けていると聞いています。それについて詳しく教えていただけますか?

TN: ヒップホップ世代として育った私にとって、ヒップホップは当たり前のことです。ヒップホップが私にどれほどの影響を与えたかがわかります。ヒップホップが今の世代にどれほどの力を持っているかは議論の余地がありますが、私たちの世代は間違いなく影響を受けました。ヒップホップは私にとって芸術とクリエイティブな世界への入り口でした。映画監督の息子であっても、ヒップホップに触れていなかったら芸術を作ることはそれほど魅力的ではなかったでしょう。


AD: 私たちの世代は、子供の頃からヒップホップがどのように変化したかについて語ることがたくさんあると思います。

TN: ヒップホップは商業化されてきましたが、その基盤(解放、抵抗、若者文化)にはまだまだ多くの可能性があります。それらはこれからもずっとそこにあります。主流のヒップホップでは色あせてしまっていますが、ハワイの子供たちが壁にスプレーで絵を描く(オールドスクールではありますが)のは、ヒップホップ特有のエンパワーメントです。それは、システムや国家だけでなく、親や教師に対する解放感です。若者の運動です。ヒップホップには、今でもこうした基本的な要素が残っています。


AD: 先ほど、日系アメリカ人であるあなたが、ネイティブ・ハワイアンの文脈の中で自分の立場をどのように切り抜けているのかについて話しました。このことについてあなたと私が交わした会話について考えると、それは私たちアジア系アメリカ人や太平洋諸島民がヒップホップ文化との関係について交わす会話に繋がります。私たちはヒップホップ文化とそのルーツを盗用しているのでしょうか?革新しているのでしょうか?参加しているのでしょうか?

TN: 私にとって、アメリカの活動主義とエンパワーメントのモデルは、アフリカ系アメリカ人と黒人文化に根ざしています。解放運動は世界中で長年行われてきましたが、個人的に私を形作った組織化の方法と文化的活動は、ブラックパワー運動から来ています。それを盗用と考える人がいるなら、私は何の問題もなくそれを告白し、チェックを受ける用意があります。ヒップホップにインスパイアされた私のすべての作品を盗用ではなく参加型にする方法を見つけることに間違いなく興味があります。ジャズと同じように、黒人文化と黒人音楽には会費を払う必要がありますが、それは今でも私を刺激し、私はその一部となり貢献することを選びました。

この映画のテーマの 1 つは、古いものを新しい方法で教えることです。この映画は、すべての観客に、私たちの文化や私たち自身のどの側面を維持する必要がありますか? どの側面を変えたいですか? 私たちの闘いは形式と目的のどちらに向けられていますか? を考える方法を提供していると思います。

どちらか一方ではありません。目標は、伝統を引き継ぐための新しい方法を見つけることです。進化する必要があるものがあるとすれば、それを見極めるのは、それぞれの文化の中で暮らす人々次第だと思います。

※この記事はもともと日米文化コミュニティセンターにより2016年7月29日8月4日に公開されたものです。

© 2016 Alison De La Cruz

芸術 コミュニティ 文化 ドキュメンタリー 映画製作者 映画 (films) グラフィックアート ハワイ ヒップホップミュージック 言語 Mele Murals 壁画 絵画 タダシ・ナカムラ アメリカ合衆国
執筆者について

アリソン・M・デ・ラ・クルスは、カリフォルニア州ロサンゼルス在住の多方面にわたる演劇アーティスト、ファシリテーター、プロデューサー、文化的空間作り手です。デ・ラ・クルスのオリジナルパフォーマンス作品は、カリフォルニア州サンタモニカのハイウェイズ・パフォーマンス・スペース、ペンシルバニア州フィラデルフィアのアジアン・アーツ・イニシアティブ、ワシントン D.C. のスミソニアンアメリカ歴史博物館など、全米各地の会場で上演されています。彼女の著作は、 Completely Mixed Up: Mixed Heritage Asian North American Writing and Arts (Rabbit Fool Press 2015)、 Coming Home to a Landscape (Calyx Books、2003) 、In our blood: Filipina/o Spoken Word and Poetry From Los Angeles (LA ENKANTO Collective、2000) などのアンソロジーに収録されています。デ・ラ・クルスは、日系アメリカ人文化コミュニティセンターの舞台芸術およびコミュニティエンゲージメントディレクターです。

2016年9月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。