Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2015/3/30/honouliuli/

ホノウリウリが国定歴史建造物に指定

コメント

バラク・オバマ大統領は、2015年2月24日、ホノウリウリ国定公園の設立に関する宣言書に署名する前に、ジェーン・クラハラに挨拶した。
(ホワイトハウス公式写真、ピート・ソウザ撮影)

17年前、ホノルルのテレビレポーターから、ハワイ日本文化センターのリソースセンターでボランティアをしていた元司書のジェーン・クラハラさんに電話がかかってきた。

「ホノウリウリはどこですか?」と記者は尋ねた。

倉原さんは懸命に努力したにもかかわらず、第二次世界大戦の強制収容所の場所に関する情報を全く見つけられなかった。

ホノウリウリ収容所は 1943 年 3 月に開設され、約 320 人の日系アメリカ人抑留者、ドイツ系アメリカ人、ヨーロッパからの移民、日本、沖縄、朝鮮、台湾、イタリアからの約 4,000 人の捕虜を収容しました。収容所は、抑留者が「地獄谷」と呼んでいたホノウリウリ渓谷のエワ平原に位置していました。

ホノウリウリは 1946 年に閉鎖され、地球上から消えたかに思われました…2002 年に探検中にその場所が発見されるまで。

4,000人以上が3年間も監禁されていた場所を誰も知らないという事実が「とても気になりました」と、ワシントンDCとホワイトハウスへの駆け足の旅から戻ったばかりの84歳のクラハラさんは語った。2月24日、クラハラさんとJCCH会長兼事務局長のキャロル・ハヤシノさんは、オバマ大統領がホノウリウリを国定歴史建造物に指定する宣言書に署名するのを見守った。署名は、ホノウリウリを国立公園局の施設として保存する取り組みが本格的に始まり、将来の世代がその教訓から学べることを意味する。

クラハラさんと長年の友人で元図書館員のベッツィ・ヤングさんがホノウリウリを探す旅に出てから17年が経った。この旅を通じてクラハラさんは、ハワイの日本人会の使命である「ハワイにおける日本人の遺産を保存する」ということについて考えるようになった。

「私はこう言いました。もしこれを放置したら、私たちの歴史に穴があいてしまうからです。すでに忘れ去られ、失われつつあります。それが私を説得したのだと思います。」

クラハラとヤングは、ホノウリウリに関するあらゆる手がかりを追い続けた。時には、一部の観察者から「取り憑かれていた」とさえ言われた。

「しかし、私たち二人はショックを受け、これをやる必要があると感じました。時が経つにつれ、私たちの現在の世代と将来の世代は、繰り返しになりますが、これは私たちの使命の一部ですが、このことを知ることはないだろうと気づきました」と彼女は語った。「結局のところ、これはすべて差別に関するものであり、今日でも間違いなく差別があるからです」

「歴史とそこで何が起こったのかを知れば、同じ過ちを繰り返さないで済むだろう」と倉原氏は語った。

ホノウリウリ遺跡の発見後、元抑留者の息子が、JCCHが2004年に開催したプログラムに参加した。彼は、60年以上ぶりに父親が前夜ホノウリでの体験を語ったと話した。「父はとても感謝していました」と倉原さんは語った。

「こういったことが積み重なってきて、これをやらなければいけないと気づくんです。」

それにもかかわらず、手がかりがつかめず、ホノウリウリを見つけることはできないと思われたことが何度もあったと彼女は語った。

「ベッツィと私がよく話すことの一つは、私たちがどれだけ一生懸命働いても、いつもサポートされてきたということです」とクラハラは語った。「時には壁にぶつかり、これから先どうなるかわからないと思うこともあります。でも突然、また道が開けるのです。ずっとそうでした。一緒に働いてきたすべての人々からサポートを受けてきましたし、こうなる運命だったのだと思います。」

ワシントンで、クラハラさんはアメリカ本土にもホノウリウリがあることを知った。JCCH チームと同様に、コロラド州のブラウンズキャニオンやシカゴのプルマンの支援者も、これらの場所を国定歴史建造物に指定するために何年も、時には何十年もかけて活動してきた。

ホノウリウリには笑顔があふれている。左から:ハワイ州下院議員マーク・タカイ、カリフォルニア州下院議員マーク・タカノ、ハワイ大学学長デビッド・ラスナー、JCCH会長キャロル・ハヤシノ、バラク・オバマ大統領、JCCHボランティアのジェーン・クラハラ、ホノルルJACL会長ジャッケ・ミクラネック、モンサント代表ダン・ジェンキンス、米国上院議員マジー・ヒロノ、ハワイ州知事デビッド・イゲ、米国上院議員ブライアン・シャッツ、内務長官サリー・ジュエル。(提供:ホワイトハウス)

「この歴史ある場所を国定記念物に指定されるにふさわしい場所にするために、誰かが一生懸命努力してきたことを実感しました。将来のためにこの土地を保存することを本当に信じているすべての人々に感謝しています。」

JCCH は、宣言のコピーとオバマ大統領が署名に使用したペンの 1 本を受け取る見込みです。彼女は、大統領に説得の手紙を書き、国立公園局の地域集会に出席して証言したカイムキ高校の生徒たちに、この 2 つの品々を見せるのを楽しみにしています。「これは生徒たちにとって、非常に大きな変化をもたらすレッスンでした」とクラハラ氏は述べ、同校の司書ロリ・チュン氏と教師カレオ・ハノハノ氏を称賛しました。

JCCHの収容施設チームが調査活動を続ける一方で、キャロル・ハヤシノはホノウリウリの土地所有者であるモンサント社、ハワイの議会代表団、サリー・ジュエル内務長官、および国立公園局長のジョナサン・ジャービス氏と連絡を取り続け、全員が指定を支持した。

昨年秋、JCCH は、ホノウリウリ指定への機運と幅広い支持を高めるために請願運動を開始し、わずか 2 か月で 6,000 以上の署名を集めました。12 月初旬、林野氏はワシントンに飛び、ジュエル長官とジャービス長官に署名を手渡し、ホノウリウリ保存の重要性をさらに強調しました。林野氏によると、ジュエル長官はシアトルで育ち、戦時中に家族が強制収容された友人がいたため、強制収容についてよく知っています。「そのため、彼女はその経験と物語を理解していました。彼女は、それが地域だけでなく国家にとって重要な意味を持つことを理解していました。」

林野氏は、NPS 指定に向けて協力してきた日系アメリカ人市民協会とホノルル支部は、国定歴史建造物か国定史跡のどちらかの指定で満足していただろうと述べた。大統領は 1906 年のアメリカ古物法により、国定歴史建造物を指定する権限を持っている。しかし、国定史跡の指定には議会の承認が必要である。

林野氏が4年前にJCCHのリーダーに就任したとき、彼女は全米JACLでの在職中に得た、本土での強制収容体験と補償運動に関する豊富な個人的知識を携えてきた。1970年代、大学生だった彼女は、元強制収容者や大学生とともに、マンザナー収容所の墓地清掃に参加した。そこには、強制収容中に亡くなった人々の遺体が埋葬されていた。墓地と記念碑のほかには、監視塔だけが残っていた。それは1970年代のことだった。

昨年、マンザナーを訪問した際に林野さんが見たものは彼女を驚かせた。

「国立公園局の考古学調査により、戦争中に収容者が造った日本庭園が数多く発見されました。」また、さまざまな区画で遺物が発見されています。国立公園局は、彼女が「最先端の」ビジターセンターと呼ぶ施設も開発しました。

「ホノウリウリで何ができるかは分かっています」と林野氏は言う。「今、私たちが持っているのはセメントの板だけかもしれませんが、他に何があるか、ホノウリウリ渓谷の向こうに何があるのか​​は分かりません。」

新たなニュースが出るたびに、ホノウリウリから新たな抑留者の物語や遺品がもたらされ、最終的には、故エジソン・ウノ教授(アジア系アメリカ人研究)が学生たちに常に言い聞かせていたことを林野氏に思い出させる。「歴史はそれを生きた人々によって語られなければならない」

元抑留者とその家族が名乗り出るにつれ、ジェーン・クラハラさんは「彼らは恥ずかしがっていたか、怒っていたか、あるいはただそれを過去のものとして忘れたかっただけなのでしょう…私たちは、それは彼らにとって不公平だと言いました。私たちは、彼らが経験したこと、そして彼らが自分たちの価値観でそれをどう乗り越えたかを認め、感謝し、尊重する必要があります…仕方がない頑張れ。彼らはただその状況で最善を尽くしただけなのです」と気づいた。

ホノウリウリが国定歴史建造物に指定されたことを記念する「追悼の日」/コミュニティ祝賀会が今月下旬に予定されており、日付はヘラルドのウェブサイトwww.thehawaiiherald.comで発表される予定です。

*この記事はもともと2015年3月6日にハワイ・ヘラルド紙に掲載されたものです。

© 2015 The Hawai'i Herald

キャロル・ハヤシノ 強制収容所 ハワイ ホノウリウリ収容所 ホノウリウリ国定史跡 記念碑(monuments) 国定記念物 オアフ島 アメリカ合衆国 アメリカ国立公園局(組織) ワイパフ 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

2020年4月、カーリーン・チネン氏はハワイの日系アメリカ人コミュニティーを扱う隔月刊誌「ハワイ・ヘラルド」の編集長を16年間務めた後、退職した。現在、彼女は1980年から2000年までのハワイの沖縄人コミュニティーの記録をまとめた『 Born Again Uchinanchu: Hawai'i's Chibariyo! Okinawan Community』という本を執筆中。チネン氏は以前、全米日系人博物館の顧問を務め、同博物館の巡回展『From Bento to Mixed Plate: Americans of Japanese Ancestry in Multicultural Hawaii』をハワイ諸島全体と沖縄で開催し、2000年11月に国際デビューを果たした際、博物館チームの一員であった。

2023年1月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。