ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2014/8/11/strengthening-future-japantowns/

日系コミュニティインターンシップ:残る3つの日本町の未来を強化する

かつては、全国になんと 43 もの日本町があったとは、想像するだけでも信じがたいことです。しかし、真珠湾攻撃と大統領令 9066 号が発令されると、かつて人口が多かった日系アメリカ人のコミュニティは消え始めました。

現在、米国で公認されている日本街は、ロサンゼルスのリトル東京、サンフランシスコの日本町、サンノゼのジャパンタウンの3つだけです。

日系アメリカ人コミュニティの歴史的遺物として現在も残るこれらの場所は、歴史書には記されていない、移民世代の希望、戦時中の不正、三世の進歩主義を物理的にとらえた空間です。

しかし、日系アメリカ人が国中に散らばり、企業の利益がこの地域に侵入するにつれて、これらの民族コミュニティと、それを体現する歴史は徐々に薄れ始めています。

全米日系人博物館での NCI 2014 年度クラス

日系アメリカ人の若者を地元の日系アメリカ人コミュニティに再び参加させることを目的とした日系コミュニティインターンシップ(NCI)は、州全体のプログラムであり、3つの日本人街のさまざまなコミュニティベースの組織にインターンのグループを配置します。

8 週間のインターンシップ期間中、私は日系アメリカ人弁護士会 (JABA) と全米日系人博物館 (JANM) に配属され、著名な日系アメリカ人裁判官の歴史を、プロフィール文書やビデオインタビュークリップの形で収集し、保存する仕事に就きました。歴史を専攻する法学部進学希望の学生として、歴史と法律の両方に対する私の興味を組み込んだ、これ以上完璧な配属先は望めませんでした。

学部生として、米国控訴裁判所に任命された最初の日系アメリカ人であるタシマ判事と、ロサンゼルス郡上級裁判所のフジオカ判事にインタビューできたことは、私にとってこの上ない名誉でした。そして全体として、この2つのインタビューは、日系人として法曹界に携わることの意味についての私の考え方を根本的に変えました。

インタビュー後の裁判官室での田島さんと私。

インタビューの中で、田島氏は、1950年代後半から60年代前半に法科大学院に通っていた頃、「日本人弁護士は皆リトル東京に事務所を構え、中国人弁護士は皆チャイナタウンに事務所を構えていた」と話してくれた。

「彼らの行為は地元の民族コミュニティに限定されていました…なぜなら、少なくともビジネス界では、人種差別が非常に露骨な時代だったからです」と彼は説明した。

ハーバード大学ロースクールの学生だった田島氏も、当時の差別的な採用慣行にさらされた。「就職面接を受けたとき、どこも採用してくれなかったのを覚えています。大手企業も一つもありませんでした」と彼は語った。

しかし、田島氏は、戦時中の他の多くの日系アメリカ人の先駆者たちとともに、弁護士、裁判官、そして「アメリカ人」は私たちのような人間であるべきであり、またそうあり得るということを社会に証明した。

インタビューの中で藤岡判事が「アメリカ人は、裁判官が私のような外見だとは考えられなかったし、弁護士が私たちのような外見だとも考えられなかったし、私たちのようなアメリカ人がいるなんて想像もできなかった」と言ったのが、最も的確な言い方だったと思う。

「しかし、(第二次世界大戦の二世兵士たちは)アメリカ人がどのような人間であるかを証明し、他の人々に示した。彼らの行動がなければ、今の私は存在できなかっただろうから、それは深い意味がある」と彼は語った。

これらのインタビューを通じて、私は、将来の世代が法曹界に十分参加できるように道を切り開いてくれた日系アメリカ人の先人たちに対して深い感謝の念を抱くようになりました。

二人の裁判官のプロフィールをまとめるだけでなく、私はロサンゼルス上級裁判所のホリー・フジエ裁判官から公選弁護人のスーザン・ローまで、法曹界のさまざまな専門家に同行する機会を与えられた。

学部生として法律専門職のさまざまな分野について洞察を得ることができたのは、法律の分野で何が期待できるかを知る上で本当に貴重な経験でした。

実際、私が特に印象に残っているオフィス訪問は、ロサンゼルスのアジア系アメリカ人促進司法の上級スタッフ弁護士、マーク・ヨシダ氏と過ごした半日です。促進司法の移民・市民権プロジェクトの一環として、マーク氏は弁護士チームとともに、帰化市民になることを希望する移民に無料の法律サービスを提供しています。

マークのような弁護士が法律の学位を地域社会の利益のために活用する姿は、専門的な学位を活用して地域社会に前向きな変化をもたらすことができることを示す素晴らしい例でした。

南カリフォルニア NCI インターンが日系アメリカ人文化・コミュニティセンターを訪問

JANM と JABA での活動とは別に、NCI での私の経験の基盤となったのは、リトル東京とその近郊に住む情熱的で地域に密着した素晴らしいコミュニティの人々と交流したことでした。

週に一度、南カリフォルニア NCI のインターンと私は、リトル東京や南カリフォルニア地域にある、日系アメリカ人のニーズに応え、その地域の独特の文化的アイデンティティーを保存しているさまざまな地域団体を訪問しました。

ちなみに、私はメトロのリージョナルコネクターの将来の敷地の向かいで働いていました。このエリアはロサンゼルスで最も混雑する交通センターの 1 つになる予定で、私たちのコミュニティの景観を根本的に変えることになります。

この新しい駅の建設によりリトル東京への訪問者は増えるだろうが、同時にこの地域に企業の利益がもたらされ、結果として地元経営のビジネスが脅かされる可能性もある。

毎日、建設現場を車で通り過ぎるたびに、ファースト ストリートとセントラル アベニューの角は、この地域の文化と歴史のすべてが高級化の力に対していかに脆弱であるかを思い出させてくれる場所でした。

NCI での経験を経て、私はリトル トーキョーの将来に対する当事者意識を持つようになりました。スターバックスではなく地元のコーヒー ショップに通い、食事をしにこの地域に来た友人たちにリトル トーキョーの歴史的建造物を巡るミニ ウォーキング ツアーを案内しています。

かつては日本人街が 3 つ以上ありましたが、厳しい人種差別の時代に先祖が暮らした場所、そして子孫が日本人街の伝統を学ぶ場所を保存することの重要性に気付きました。これらの場所は、一世世代が最初にビジネスを始め、厳しい社会の中でコミュニティを組織した場所です。それぞれの店、寺院、コミュニティ センターには犠牲と差別の物語が残されており、今後何世代にもわたって受け継がれていくことを願っています。

*毎週さまざまな法律事務所を訪問する計画を立ててくれたアレックス・H・フクイ氏、また私が行った2回の面接に対するフィードバックとサポートを提供してくれたアレックス・H・フクイ氏に心から感謝します。また、博物館で私の居場所を提供してくれただけでなく、8週間にわたって貴重な指導をしてくれた日系アメリカ人全米博物館のヨーコ・ニシムラ氏にも感謝します。インターンの仲間の皆さん、これからも日系コミュニティを支援していきましょう!そしてもちろん、南カリフォルニアで今年の素晴らしいNCIプログラムを企画してくれたキズナのプログラムコーディネーター、ポール・マツシマ氏にも感謝します。最後に、13年間この素晴らしいプログラムを後援し続けてくれたCJACLCに感謝の意を表したいと思います。

※これは日系コミュニティー・インターンシップ(NCI)プログラムのインターンが毎年夏に行うプロジェクトのひとつで、 日系アメリカ人弁護士会全米日系人博物館が共催しています。

© 2014 Sakura Kato

カリフォルニア州 カリフォルニア日系アメリカ人コミュニティ・リーダーシップ会議 コミュニティ フレッド・J・フジオカ インターンシップ 全米日系人博物館 全米日系人博物館(団体) ジャパンタウン 裁判官 絆(フレーズ) 法律 リトル東京 ロサンゼルス 日本町 ニッケイ・コミュニティ・インターンシップ(NCI) 加藤さくら 学生 アメリカ合衆国 ウォーレス・タシマ
執筆者について

サクラ・カトウさんは、全米日系人博物館および日系弁護士協会の2014年ニッケイ・コミュニティ・インターンです。インターンとして、彼女は主に、日系アメリカ人の法律専門家の遺産を記録する活動を行っています。また、彼女は誇り高きトロージャン(南カリフォルニア大学のスポーツチームの呼称。しばしば同大学生の呼称として使われる)であり、南カリフォルニア大学で歴史を学ぶ傍ら、法科大学院進学のための準備をしています。

(2014年7月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。