Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2013/3/29/legalizing-detention-3/

拘留の合法化: 隔離された日系アメリカ人と司法省の放棄プログラム - パート 3/9

パート2を読む>>

ストッケード:米国市民権の無価値の象徴

センターの選出されたリーダーたちが柵の中に閉じ込められたため、柵はトゥーリー湖で監視員が権力を恣意的に行使したことを常に思い起こさせるものとなった。それは、真珠湾攻撃後に日系アメリカ人コミュニティのリーダーたちが不当に一斉検挙され、その名声と指導力ゆえに目立たないように目立たないように監禁され、罰せられたことを思い起こさせるものであった。

1944 年 9 月 19 日にフランシス ビドル米国司法長官に宛てて書かれた 15 ページの手紙の中で、柵の中に収監され、後にニューメキシコ州サンタフェの司法省刑務所に移送された 27 人の囚人グループが、自分たちがなぜ収監されているのかを尋ねている。誰も罪を問われず、審問も受けず、判決も下されなかった。

「1943年11月から5~8か月間、何の罪で、何の理由、何の証拠で、我々186人が、明確な理由もなく、あるいは全く我々に分からない理由で、監獄に監禁されているのか?」と囚人たちは尋ねた。そして、彼らはオースティン陸軍司令官の反応を次のように説明した。「司令官(オースティン)はすぐに返事をするのではなく、数分間天井を見つめていました。そして、今のところ理由も罪状も証拠もないが、近い将来我々に不利な証拠が出てくるだろうと私たちに告げました。」

これらの受刑者からの手紙には、不十分な医療・医療施設や機器、食料供給の量と質、住宅不足、WRA職員の人種差別、代表者の欠如といった問題が挙げられており、民主的な統治に向けたこれまでの試みが残念な結果に終わったことが記されている。

センター全体の生活環境を改善する運動がセンター全体で起ころうとする共通の願いでした。すべての居住者の支援を受けて、ブロックの代表者は物質的な報酬なしで昼夜を問わず懸命に働きました。しかし、センター職員の冷たい対応により、彼らの真摯な努力は徒労に終わりました。行政は人々の願いにまったく無関心で耳を貸しませんでした。結局、私たちはトゥーレ レイク当局の一方的な証拠に基づいて逮捕され、拘留され、サンタフェ拘置所に送られました。私たちの側の意見も相手側の意見と同様に聞き入れられることが、私たちの真摯で真摯な願いでした。

あなた方は、私たちが米国(トゥーリー湖センター)の平和を乱す恐れがあるという理由で私たちを収容しなければならないと述べ、その主張を裏付ける明確な証拠があるとおっしゃいました。しかし、私たちは、あなたの証拠はトゥーリー湖移住センターの職員による一方的な報告のみで構成されていると考えています。そして、そのような報告は、私たちの見解を述べる機会がなかったため、信頼できないと考えています。

柵に捕らわれたアメリカ市民にとって、アメリカ市民権の無価値さは、日本との外交関係がない中で、アメリカにおける日本の利益を代表するスペイン領事館の代表者がトゥーレ湖を訪れたときに明らかになった。スペイン副領事のアントニオ・マーティン大尉は、柵内でハンガーストライキが行われている最中の 1944 年 7 月 28 日と 29 日にトゥーレ湖を訪れた。彼らは柵内の個人に面会する許可を求めたが、個人はアメリカ市民であり、スペイン領事の管轄外であると告げられたため、許可は得られなかった。訪問の最後に、マーティンは柵に捕らえられている人々を直ちに釈放するよう要請した。柵に捕らえられている人々はアメリカ市民であるという理由で、副領事の要請は拒否された。2捕らえられたアメリカ人にとって、メッセージは明確だった。つまり、アメリカ市民権を放棄し、ジュネーブ条約で保護される「敵国人」にならない限り、彼らにはいかなる権利も保護もないということである。


WRAの協力者とスパイ

夜のトゥーレ湖。写真家ロバート・H・ロス。トゥーレ湖委員会提供。

WRA がセンターの選出された指導者を監獄に監禁した後、WRA は、大評議員会の指導者に代わる候補者グループを設立するための新たな選挙を呼びかけました。1944 年 1 月 7 日、陸軍と WRA は、彼らを補佐するために「責任者」と呼ばれる 40 人を募集しました。軍が管理する秘密投票で、7 人が選出されました。1 月 15 日、陸軍と WRA は、「調整委員会」と名付けられたこの選出グループを直ちに承認しました。ほぼ同時に、陸軍は戒厳令の解除を発表し、監獄を除くトゥーレ湖の管理を WRA 職員に返しました。3

調整委員会に任命された 7 名は、隔離後もトゥーレ レイクに残った 6,000 人の「忠実な」受刑者グループから選ばれ、その中には起業家精神に富んだ協同組合企業グループも含まれていた。他の WRA 収容所からトゥーレ レイクに移送された新しい受刑者は、センターの「持たざる者」層だった。彼らは限られた資金でトゥーレ レイクにやって来たため、自分たちが失業し収入がないのとは対照的に、「古いトゥーレ人」が仕事や住居を最初に選べるのを見て、不安と憤りを感じた。4

貧しい新参者たちは、調整委員会を行政の手先で協同組合の「犬」として疑いの目で見ていた。行政に友好的な調整委員会とは対照的に、現在は投獄されている大評社のメンバーは、新鮮な野菜や果物、新鮮な魚、石鹸などの雑貨など多くのものを、主に既存の隔離以前のグループによって運営および管理されている協同組合が利益を上げて販売するのではなく、WRAが無料で提供すべきだと主張していた。5新参者にとって、協同組合企業は、状況の改善に役立つというよりも、受刑者から金を稼ぐ手段とみなされていた。

失業による緊張が高まり、戦後日本への移住を希望する人々と一緒に暮らすために再隔離を求めるグループが出現したことを受けて、調整委員会はスパイを雇うことで対応した。ミチ・ウェグリンは痛烈な皮肉を込めてこう書いている。「失業者の不満が一瞬にして暴力に発展する可能性があることを認識した調整委員会は、植民地の利益と利益のためだけに使われる諜報活動を行う目的で、30人の男性を雇用する雇用機会をWRAに開くよう説得するのに苦労はなかった。」 6

WRA は 30 人のスパイ、または秘密情報提供者を雇い、婉曲的に「フィールダー」と呼ばれた。彼らは会議に潜入し、ボイラー室、便所、洗濯室、食堂、その他の場所で反対派を盗聴するために不利な意見を記録した、とウェグリンは書いている。「反政府異端者、扇動者、地下組織への共感が疑われる人々に関する書類が保管されていた。」 7隔離センターが政府支持のスパイと協力者に対する腐った疑惑、不信、脅迫で満たされるのに長い時間はかからなかった。これは、真珠湾攻撃後に政府の給料に「犬」が含まれていたという虚偽の申告に基づいて何百人もの無実の一世の指導者が逮捕された状況を思い起こさせる状況だった。

調整委員会の任期は 3 か月未満でした。彼らは 1944 年 4 月 10 日に辞任しました。WRA の職員が彼らに相談することなく、再隔離運動に 6,500 人が署名した嘆願書8を回覧することを許可したことで、WRA が彼らの権威を弱めたと考えたからです。この嘆願書は、最終的には日本への送還または国外追放を求め、米国に留まりたい「旧トゥーリアン」との分離を求めていました9。調整委員会の辞任後、センターには WRA が認める受刑者管理グループや連絡グループは存在しなくなりました。唯一の代表者は、WRA によって選出、任命、給与を支払われるブロック管理者でした10

5月、WRAは新しい代表者を選ぶ選挙を行うと発表した。この発表は、収容者コミュニティーで無関心に受け止められた。FBIは「日本人は今や、自分たちの政府を持たずに現状のままでいることに満足しているようだ」と報告した。しかし、隔離センター内部の見方は、植民地の選出されたリーダーたちが柵の中に閉じ込められ、理由もなく拘留されているというものだった。「柵の中に閉じ込められているこれらの男性の多くは交渉委員会のメンバーであり、その委員会からの辞任を拒否していることに留意すべきである」とFBIは述べた別の交渉委員会を選出する試みはすべて失敗した。11 民主的に選出され、まだ投獄されている大評議員会のメンバーを調整委員会に置き換えるWRAの努力は、行き詰まりに終わった。

パート4 >>

ノート:

1. 国立公文書館 I、ワシントン DC RG 210、エントリー 480、ボックス 274、トゥーレ レイク移転ファイル 423-425.3 機密解除番号 NND802054。1944 年 9 月 19 日に書かれた手紙。

2. FBI報告書、1945年8月2日、192-93ページ。

3. 補足報告書、98-99ページ。また、ドロシー・スウェイン・トーマスとリチャード・ニシモト著『 The Spoilage』 、212ページ

4. ブライアン・マサル・ハヤシ著『敵の民主化』 154-56 ページ。トゥーリー湖に移送された人々の多くは、政治難民というよりは経済難民とされ、日本に対する文化的親近感や明らかな忠誠心はほとんどなかった。トパーズ、ポストン、マンザナーからの隔離者の多くは、ほとんど資金を持たずにトゥーリー湖にやってきた若い家族だった。

5. Supplemental Report、97 ページ、および Michi Weglyn、 Years of Infamy 、206 ページ。

6. Weglyn、207 ページ、Thomas と Nishimoto、205 ページを引用。

7. ウェグリン、207 ページ、トーマスとニシモト、205 ページを引用。スポイラージュで、トーマスとニシモトは次のように報告している。「2 月 1 日、ブロック 66、69、70 で問題が報告されたため、2 人の野手が第 VII 区で作業するよう割り当てられた。2 月 3 日に第 VI 区から問題が報告され、翌日 3 人の野手が派遣された。彼らはブロック 49 と 52 で「全般的な騒乱」が報告された。2 月 5 日、B-9 の野手 (野手は番号で知られていた) は、ブロック 27、53、54、67 のトラブルメーカーが「委員会を転覆させるために忙しく陰謀を企てている」と報告した。翌日、3 人の野手が第 II 区と第 VII 区で作業するよう指示された。」

8. 国立公文書館 I、ワシントン DC RG 210、エントリー 48、ボックス 274、ファイル 23-25。

1944 年 3 月 29 日、ハリー L. ブラック副プロジェクト ディレクターから明石早苗に宛てた手紙には、調整委員会の辞任につながる調査を行うことを入植派に許可する旨が記されています。「センター内でのさらなる隔離に関する居住者の希望を判断するために、あなたと委員会が調査を行うという提案に対して、管理側は異議を唱えません。

調査から得られる情報は次のようになります。

  1. 帰国または国外退去を申請し、できるだけ早く日本に帰国することを希望し、同様の志を持つ人々とともにセンターの指定されたセクションに居住することを希望する個人および家族。
  2. 帰国または国外退去の申請をしておらず、早期帰国の結論が出ておらず、センター内で上記第一のグループに該当する人や家族専用ではないエリアに居住することを希望する人や家族…
  3. この調査は、行政側が、住宅局を通じて住宅調整のために既に確立されているものを超える行政措置の基礎として調査結果が使用されるという、明示的または暗黙的な約束をすることなく実施される可能性がある。」

9. トーマスとニシモト、216ページ

10. FBI報告書、1945年8月2日、187ページ。補足報告書、105ページ

11. FBI報告書、1945年8月2日、187ページ。

* この記事はもともと、 Journal of the Shaw Historical Library 、第 19 巻、2005 年、オレゴン州クラマスフォールズに掲載されました。

* * *

* バーバラ・タケイは、2013 年 7 月 4 日から 7 日までワシントン州シアトルで開催される JANM の全国会議「 Speaking Up! Democracy, Justice, Dignity」の「トゥーリー レイク隔離センター: その歴史と意義」セッションで講演します。登録方法など、会議の詳細については、 janm.org/conference2013をご覧ください。

このセッションを聴く >>

© 2005 Barbara Takei

カリフォルニア州 強制収容所 代表者会 司法省管轄の抑留所 投獄 監禁 ニューメキシコ ノー・ノー・ボーイ 刑務所 (prisons) 放棄 サンタフェ抑留所 軍刑務所 ツールレイク強制収容所 アメリカ合衆国 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所 Years of Infamy (書籍)
このシリーズについて

日系アメリカ人の地位回復を果たした「市民自由法」制定25周年を記念して、全米日系人博物館は、2013年7月4日から7日にかけてワシントン州シアトルで、第4回全米会議『Speaking Up! Democracy, Justice, Dignity』を行いました。この会議では、民主主義、正義、尊厳をテーマに、新しい見識、学術的論考、コミュニティの観点を紹介しました。

このシリーズでは、今回の会議で発表されたさまざまな視点からみる日系アメリカ人の体験談だけでなく、会議に参加した方々の反応などを中心に紹介します。

会議についての詳しい内容は、全米会議のウェブサイトをご参照ください>> 

詳細はこちら
執筆者について

バーバラ・タケイはデトロイト生まれの三世で、60年代後半にグレース・リー・ボッグスとデトロイトアジア政治同盟によってアジア系アメリカ人運動と関わるようになった。何十年もの間、不当な強制収容に対する日系アメリカ人の抗議活動の記録が失われていることに困惑していたが、2000年に初めてトゥーリー湖巡礼をしたとき初めて、第二次世界大戦中の平和的な抗議活動が「親日的な不忠」として悪者にされ、忘れ去られていることに気付いた。過去20年間、彼女は非営利団体トゥーリー湖委員会の役員を務め、トゥーリー湖を日系アメリカ人の公民権運動の地として保存することに尽力してきた。

2023年1月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。