Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2012/8/4/4547/

ヴィンセント・オカモト判事:正義のために戦う - パート 2

後編その1 >>

法科大学院

岡本氏が法の支配について、そして当時の彼の周囲における法の支配の欠如について初めて考え始めたのはベトナムでのことでした。

「私は自分自身に、ちょっと陳腐に聞こえるかもしれないが、もし私がこの経験を生き延びるほど幸運なら、世界、つまりアメリカに戻ったら、手榴弾を投げ合ったり、撃ち合ったりしないようなルールのある世界で生きたいと本当に思っていた」とオカモト氏は語った。「だから私は(ロースクールに)挑戦したんだ」

オカモト氏にとって、ロースクールには独自の課題と欠点があることがわかった。米陸軍での3年間(そのうち2年間は海外で過ごした)から南カリフォルニア大学のロースクールに戻るには、慣れるのに少し時間がかかった。

「私がロースクールにいたころ、法律学界に衝撃を与えたわけではない」と彼は言う。教室で「勉強熱心」な人たちと関わったことがなかったため、「学問的に生き残るために、本当に必死に勉強しなければならなかった」。

また、通常は数歳年下で、軍隊に勤務したことのない同級生たちと自分との間に感じていた格差の問題もあった。

「ベトナムから帰ってきて、ハーバードやイェール出身の24歳の天才が人生経験について語るのを聞くのはつらいことでした」とオカモト氏は、人生経験に関しては法科大学院の同級生たちと隔たりがあったことを思い出しながら語った。

USC の教授たちは物事を少しも容易にしてくれませんでした。

「私にとって、教授の半分はいわゆる知的ないじめっ子でした」とオカモト氏は言い、法学教授が学生に対して自分の知性を誇示する例を挙げた。「よく見れば、法学教授のほとんどは訴訟弁護士にはなれません。なぜなら、彼らのほとんどは普通の人々と話すことに慣れておらず、人々に何をすべきかを指示するのではなく、彼らが正しいと納得させなければならないからです。」

全体的に見て、ロースクールは岡本にとって楽しいものではなかった。しかし、それが岡本を弁護士、そして後に裁判官として成功させることを思いとどまらせることはなかった。

「私は法科大学院が嫌いでした」とオカモト氏は言う。「実際、今でも振り返ってみると、ベトナム戦争を除けば、法科大学院時代はおそらく人生で最も不快な時期だったと思います。」

弁護士としての地位を確立

刑法の将来性に魅了されたオカモト氏は、ロースクールを卒業後すぐにロサンゼルス郡地方検事局に入局した。

「私は、税法や憲法、不法行為法よりも刑法の方が好きでした。そして、私は訴訟弁護士になりたかったのです」とオカモト氏は言う。「個人開業したり、大手法律事務所に入ろうとしたりすることは、真剣に考えたこともありませんでした。」

岡本氏によると、彼は福戸守雄氏を指導者であり模範とみなした。福戸氏は地方検事局で勤務した後、地方裁判所に任命され、高等裁判所に昇格し、さらに第二地方控訴裁判所に昇格した。

「[福藤]は副地方検事で、郡中心部全体の中央運営を担当していました。彼は法廷弁護士として真の職人でした」とオカモト氏は語った。「ある時点で、彼は死刑執行を待つ囚人の40%を収監しました。つまり、彼は優秀でした。そして、彼は良い人でした。彼は私を保護してくれました。」

1970 年代初頭、日系アメリカ人の模範となる訴訟弁護士は比較的少なかったものの、数少ないそうした弁護士たちが、台頭しつつあった若い日系アメリカ人弁護士の台頭を助けました。

「幸いにも、そうした少数の人は一生懸命働き、高く評価されていたので、私のような新人は彼らの好意的な評価の恩恵を受けたのです」とオカモト氏は語った。「(地方検事補だった頃は)人生で最も良い時期の一つだったと振り返っています。」

岡本氏は1978年まで地方検事補の指導の下で刑事事件の起訴に携わり、その後、法科大学院時代の同級生とともに私人弁護士として活動を始めた。

「お金を稼ぎたかったんです」とオカモト氏は言い、最終的に自分の事務所を開設することにした理由を説明した。「一緒にロースクールに通っていた元副地方検事と、一緒に事務所を辞めて事務所を開き、看板を出したんです」

岡本氏によると、比較的新しい若い弁護士として、当初はクライアントを見つけて地位を確立するのに苦労したという。しかし、最終的には事務所として名を馳せ、サンペドロ港のような著名なクライアントの代理を務めるようになったという。同氏は2002年に裁判官に任命されるまで、事務所で弁護士として活動した。

「はしごの一番下から始めて、上へ上へと登っていくのは、学習体験でした」とオカモト氏は語った。「実際に利益が出るまで数年かかりました。私たちにとっても、家族にとっても大変でしたが、それは通過儀礼です。」

日系アメリカ人弁護士協会

1970 年代半ば、若い地方検事補として、オカモト氏は日系アメリカ人弁護士会 (JABA) の設立に参加しました。JABA 設立における自身の役割について語る際、オカモト氏はコミュニティの若者にとって模範となる人物が必要であることを強調しました。

「当時、もっと多くの日系アメリカ人が弁護士になったら、何らかの組織、いわばメンタリングが必要になるだろうと考えました。それが [JABA] の始まりでした」とオカモト氏は語った。

JABA が最初に直面したハードルの 1 つは、その規模でした。岡本氏によると、JABA が設立されたとき、JABA にはわずか 13 人ほどの弁護士しかいませんでした。会員数が少なかったため、組織のプロジェクトの規模と範囲は限られていました。岡本氏によると、「実際に大きなプロジェクトに取り組むには」人員も資金も足りませんでした。

「最初の、または2回目の就任式(ディナー)には、合計40人が出席したと思います。家族や配偶者など、さまざまな人が参加しました」とオカモト氏は語った。「現在、JABAの就任式に行くと、大勢の人が集まります。政界で非常に著名な人もいれば、法律界の人もいます。」

実際、JABA の設立記念ディナーには、何百人もの出席者と法曹界の著名なゲストが出席しています。岡本氏は、JABA の会員数の増加と設立以来の業績について語り、組織の方向性を称賛しました。

「委員会を実際に結成できるだけの人材が集まり、プロジェクトを推進しようとするのは 1 人か 2 人だけではありません。関心ははるかに多様化しています。」

岡本氏によると、1977年、JABA設立2年目に、彼はJABAの2人の副会長のうちの1人を務めた。もう1人の副会長はアーネスト・ヒロシゲ氏で、彼は後に1978年に会長に就任した。

「当初、私たちはただの日系アメリカ人の集団で、お互いに助け合えるかもしれない、将来有望な若い弁護士を助けられるかもしれない、そして将来十分に大きくなれば、日系アメリカ人コミュニティ全体を助けられるかもしれない、と集まって話したのです」とオカモト氏は言う。「それがアイデアでした。そして時が経つにつれ、それが驚くほどの成功を収めたと思います」

上級裁判所へ

2002年、グレイ・デイビス知事はオカモト氏をロサンゼルス郡上級裁判所判事に任命した。オカモト氏は、日系アメリカ人の法律界における指導者、模範、友人らの勧めで判事職に応募していた。

「私は幸運にも非常に優秀な評価を得ることができました。その後、面接を受けるためにサクラメントに行かなければなりませんでした」とオカモト氏は語った。「ただ運が良かっただけだと思います。あるいは、彼らを騙したのかもしれません。よく分かりません。しかし、4、5か月後、それはとても素晴らしいことでした。バート・パインズ(任命秘書)から電話がかかってきて、知事から電話がかかっていると告げられ、そして、ペンを一筆書くだけで、私は裁判官になったのです。」

デイビス判事は2002年8月26日、ガーデナにある二世外国戦争退役軍人会施設で、自ら岡本判事に判事としての宣誓を行なった。それ以来、岡本判事は上級裁判所の判事としての役割を楽しんでいる。

「私は裁判所のファンであり、今私が裁判官としてやっていることは、おそらく私がこれまでに経験した中で最高の仕事です」と岡本氏は語った。

© 2012 Lawrence Lan

軍隊 (armed forces) 弁護士 カリフォルニア州 日系弁護士会 裁判官 法律 弁護士 (lawyers) ロサンゼルス モリオ・フクト 退役軍人 (retired military personnel) アメリカ合衆国 退役軍人 ベトナム戦争, 1961-1975 ビンセント・H・オカモト
このシリーズについて

日系アメリカ人弁護士会 (JABA) レガシー プロジェクトは、日系アメリカ人コミュニティの著名な法学者のプロフィールを、論文や口述歴史の形で作成することを目的としています。特に、これらのプロフィールでは、これらの先駆的な法学者の JABA に対する思い、彼らの輝かしい経歴、日系アメリカ人コミュニティへの関わりに特別な注意が払われています。

これは、日系コミュニティー・インターンシップ(NCI)プログラムのインターンが毎年夏に行う主要プロジェクトのひとつで、 日系アメリカ人弁護士会全米日系人博物館が共催しています。


過去の NCI インターンが公開したその他の JABA Legacy Project の記事をご覧ください。

- シリーズ:日系コミュニティの法的伝説、ショーン・ハマモト著(2013年)
- シリーズ:日系社会における先駆的な裁判官の2世代加藤さくら著(2014年)
- 「ホリー・J・フジエ判事― 日系アメリカ人の歴史とコミュニティに感銘を受けた感動的な女性」ケイラ・タナカ著(2019年)
- マシュー・サイトウ著「ミア・ヤマモト―日系コミュニティを定義したリーダー」 (2020)
- 「パトリシア・キナガ弁護士、活動家、そして声を持たない人々に声を与えた母親」ローラ・カトウ著(2021年)
- ラナ・コバヤシ著「サブリナ・マッケナ判事― 州最終審裁判所に勤務する初のLGBTQアジア系アメリカ人」 (2022年)

詳細はこちら
執筆者について

日系コミュニティー・インターンシップ・プログラムの一環として、ローレンスは今夏、全米日系人博物館(JANM)のディスカバー・ニッケイ・インターンとしてディスカバー・ニッケイ・ウェブサイトに寄稿する予定です。また、日系アメリカ人弁護士会(JABA)と協力し、コミュニティーの著名な日系人法曹の功績を保存することにも取り組みます。

2012年6月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。