Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2012/7/3/paty-arakawa/

パティ・荒川と遠くからの会話 - パート 1

コメント

パトリシア・アラカワは22歳、三世です。彼女は数学を勉強しており、詩とチェスが好きです。 彼女はペルー新報のコラムニストであり、Patydrómeda というペンネームで自分の考えや懸念をpatyna127.blogspot.comに投稿しています。

Foto con piezas de ajedrez

パティ:リマでは差別があるんですか?

私の個人的な経験を言えば、私は悪口を言うことができませんでした。そして、私は生涯ずっと非日系の学校で学び、そこでは兄と私は常に「月人」でした。 それどころか、どこに行っても日系人はよく評価されていると感じます。 「彼らの文化に感心する」「日系人の祖先を持って本当に幸運だ」という意見には事欠きません。日系人の一般的なイメージは、正直で勤勉で思いやりのある人というものだと思いますが、さらにそのイメージは、日本が津波の悲劇から立ち直る過程でさらに強化されたようです。この国はとても小さいけれども進歩的であるという概念は、彼らが日系人に対して持っている概念に移され、部分的には私たちに多大な恩恵をもたらしてくれました。

それでは、正直で勤勉な人を差別する勇気を誰が持つでしょうか?誰もがそのように見ているわけではないのは事実ですが。

大学時代に、「中国人は祖国に帰るべきだ…彼らは私たちの空席を奪っている」というコメントを聞いたことを覚えている。まあ、これらは無知から言われていることなので、私はそれ以上気にしたことはありませんでした。

「中国人」と呼ばれると、「自分たちは中国人ではない、日本人だ」と怒る人もいますが(笑)、とにかく、他の変数が関係してくるので、それは視点によって異なります。たとえば、私は「中国人」と呼ばれても腹は立ちませんが、それが好きというわけでもありません。

むしろ、時として人種差別的になる傾向があるのは、私たち日系人のほうだと思います。例えば、新聞で「日経レジ要員募集」とか「日経教師募集」とかの広告をよく目にしますが、なんであれ?しかも母親まで「日系人と結婚しなさい」と言うのです!

ビクター:彼らは私に、「似たような」習慣を持つ女性を「自分で探す」ようにとも言いました。微妙ですが、結局は日系人だと言いました。 そうではありませんでした。

広告を学ぶ前の大学時代、私は一部の無知な人々から差別を受けました。彼らは自分たちが他の人よりも優れていると信じているため、「ペルーらしくない」ものを軽蔑し、軽視していました…? 彼らは、ペルーが多くの文化や習慣の集合体の上に成り立っており、中には「土着」と考えられているものとは大きく異なるものもあるということを念頭に置いていませんでした。 アルベルト・フジモリが広く存在感を示し、支持を得ていた時代だった。

私は今でもこうした態度を目にしますが、仮面をかぶり、率直さはなく、恐怖から、卑怯からです。 それはすべての無知な人間の中に見られるものです。

この種のことは、最初に私に書くように促したものであり、幸いにも変化した私の肝臓の記事でカタルシスを生み出しました(ネガティブはネガティブで消えることはありません...実際には、それは消えません、消える可能性があります)変わりました…自分自身から始めてください)。

このようにして、私は社会問題と日系社会に関係するいくつかのことについて書きましたが、第一に私たちは人間です(そして、お好みで言えば第二にペルー人です)ので、日系人のアプローチを完全に理解することはできませんでした。

だからこそ、私はすべての人に向けて記事を書いているのですが、たとえ私たち日系人の参加レパートリーが非常に広範であっても、テーマが非常に特定のものに限定されると、私にとっては困難です。

パティ:ああ、ほら、ビクトル、それは 90 年代のこと。ちょうどこの国を運営していた男がペルー人以外のルーツを持っていたときのことだ...なんて興味深いんだろう。

リマから少し離れますが、ちなみに私にはペルー人(ネット)と日本にルーツを持つ母親の間に生まれたいとこがいました。彼は5歳のときに日本に旅行しましたが、学校では日本語が下手で、さらに苗字のことでからかわれました。その少年はもう勉強に行きたくなくなりました。 幸いなことに、今日は場違いであることがわかり、状況は変わりつつあるようです。

たとえば、現在のリマで「非ペルー人」を軽視し、軽蔑している人がいるとは想像できません。最もナショナリストであっても、アルゼンチンやチリのロックを聴き、アメリカの映画や番組を鑑賞し、中国製の MP4 を使用し、日本のアニメをフォローし、KFC で食事をしたことがあるなどの理由から、それは自分自身のイデオロギーと一致しないでしょう。

ビクター、あなたは今でもこの種の差別に苦しんでいますか?

あなたが肝臓に関する記事を書くとき、へへ、私もあなたに同意します。誰もが(私を含めて)ある時点で肝臓を口に含んで書いているように思えますが、それは悪いことではありません、私はカタルシスが健康的なものであると考えています。

ヴィクター:時々、今でも差別をしたり、根深い誤った信念を持った老人だったり、自分は多くの点で完璧だと信じている俗物だったりする人に出会うことがあります。 しかし、私はもうこのタイプの人々には注意を払いません。私は彼らをありのままに受け入れ、彼らはそこに残り、忘れられます...注意を払うべきもっと良いことがあります。

私たちが使用したり購入したりする複数の起源の製品やサービスについてあなたの言っていることは非常に真実ですが、それを理解している人はほとんどいません...ブランドの起源を知らなくても、製品を購入した場所と関連付けるだけで十分ですまたはその場所の首都が含まれます。

今日私たちが経験しているコミュニティの欠如は、人類の半分にも達していないはずの情報技術の時代における誤ったグローバリゼーションによって、それ自体が失われ、内面の発展もなく、空虚な精神とほとんど投影されていない状態です。自分自身、つまり自分の人生で何をしたいのか、そして今をどのように生きたいのか。

パート 2 >>

© 2012 Victor Nishio Yasuoka

差別 俳句 対人関係 文学 パティ・アラカワ ペルー 詩人 人種差別
このシリーズについて

ビクター・ニシオ・ヤスオカは、ペルーの日系人の生活を実験的に研究しています。彼は「日系人であることとは何か」と自問し、地域と世界の共同の未来を想像しています。さらに、彼は歴史的および現代の人種差別を調査し、「チノ」という表現(「チンク」に類似)の影響とその根深い理由について説明しています。そして最後に、専門家としての視点から、美術分野とコミュニティのアーティストに与えられた文化的支援について個人的な概要を提供します。

詳細はこちら
執筆者について

ビクター・ニシオ・ヤスオカはペルーに移住した日本人の 3 世の子孫です。小学校の途中で家族とともにパナマに移住し、そこで学校を卒業しました。約 10 年後、ペルーに戻り、国がすっかり変わってしまったことに気づきました。公立大学で建築を学びましたが、自分の最大の関心はコミュニケーションの分野にあることに気づきました。現在、リマに住むビクターは、広報担当者、ビジュアル アーティスト、コラムニストとして活躍しています。

彼の作品をご覧になりたい方は、彼の新しいウェブサイトwww.victor.peをご覧ください。そこでは彼の芸術的、グラフィック的、文学的な作品のすべてが見つかります。

2009年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。