Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2012/3/21/marilyn-tokuda/

アジア太平洋系アメリカ人メディア連合共同議長、マリリン・トクダ

コメント

マリリン・トクダは2002年からイースト・ウエスト・プレイヤーズ(EWP)で働いており、同団体の初代芸術教育ディレクターを務めています。マリリンは、アジア系アメリカ人初のコメディグループであるCOLD TOFUの創設メンバーの1人で、6年間同団体の芸術監督を務めました。マリリンは、フォーチュン500企業での多様性トレーニングでオク・アンド・アソシエイツと協力するほか、アジア太平洋系アメリカ人メディア連合(APAMC)でイースト・ウエスト・プレイヤーズを代表して活動しています。APAMCは、テレビネットワークと継続的に会合を持ち、メディアにおけるアジア太平洋系アメリカ人の認知度と描写を評価しています。最近、マリリンはガイ・アオキとともにAPAMCの共同議長に就任しました。

女優として、マリリンは EWP の数多くの作品に出演しており、その中には「フォリーズ」 、「博士と彼女のセオリー」、 「花子」「世界の向こうから来た女」があり、また「スウィーニー・トッド」ではラヴェット夫人のタイトルロールを演じました。また、数多くのテレビ番組にも出演しており、 「フレイジャー」 、「フレンズ」、「となりのサインフェルド」などもあります。映画には、「王様への別れ」「ストロベリー・フィールズ」、「ザナドゥ」などがあります。マリリンは最近リリースされたザナドゥの特別記念版でインタビューを受けており、また「ティファニーで朝食を」の再リリース版でもインタビューを受けており、オードリー・ヘプバーンの上の階に住むイライラした日本人の隣人であるユネヨシ氏をミッキー・ルーニーがステレオタイプ的に描写したことについて議論するセクションが設けられています。監督作品には、アロハ・コンサート、ヒーロー、ベリー・ファニー・ピープル、第37回~第45回EWPビジョナリー・アワード、EWPのホリデーショー「二世未亡人クラブ・ホリデー・オン・シン・アイス」など、数々の慈善公演が含まれます。その他のショーには、民主党全国大会の夕べや、今秋再び監督を務めるABCテレビのダイバーシティ・ショーケースのシーンなどがあります。

あなたの人生のミッションステートメントは何ですか?

私は因果応報を強く信じています。ですから、人々には敬意を持って接し、自分が扱われたいように接してください。人々の人生経験がどんなものかは、本当にはわからないので、思いやりと寛容さを持って接してください。また、人生で何かを望むなら、夢見るだけでは十分ではありません。猛烈に追い求めてください。試してみなければ、決してわかりません。

結局、あなたは今やっていることをどうやってやることになったのですか?

私がシアトルで育った頃、母はロサンゼルスで創設されたアジア系アメリカ人の劇場に関する記事を切り抜いていました。イースト ウエスト プレイヤーズは、当時から私に大きな影響を与えました。私たちアジア系アメリカ人俳優のニーズに耳を傾ける人は誰もいませんでした。言葉で聞いたことはありませんでしたが、私は常に、アジア系アメリカ人がメディアであまり取り上げられていないという事実、つまり、事実上目に見えない存在であるという事実を意識していました。

ワシントン大学在学中、私は『サンド・ペブルズ』の役でアカデミー賞にノミネートされたばかりのマコに手紙を書きました。シアトルにアジア系アメリカ人俳優の小さなグループがあることを伝え、ワークショップを主催してくれるかどうか尋ねました。彼はすぐに「イエス」と答えました。私は以前からアジア系アメリカ人の演劇に興味がありましたが、彼のお陰で私の情熱と熱意は固まりました。

マコは、私たち自身の作品規範、つまり私たち自身によって、私たちに向けて、私たちについて書かれた作品を作成することを固く信じていました。当時、EWP は伝統的なアメリカの作品も制作していましたが、アジア系アメリカ人の作品はシーズンの不可欠な部分でした。

卒業後、ロサンゼルスに移り、すぐにイースト ウエスト プレイヤーズを訪れました。授業を受け、代役として出演し、最終的には演劇に出演しました。劇場に出たり入ったりしながら働いていましたが、常に EWP を自分の居場所だと思っていました。俳優としての私の役割が別の役割に変わったのは、1999 年にピーター コーパスとアネット リーがイースト ウエスト プレイヤーズの階段で何気なく私に近づき、夏は何をするのかと尋ねた時でした。私が「何も予定はありません…」と答えると、ピーターは EWP の 6 週間の夏季集中音楽院プログラムのコーディネートをしないかと尋ねました。私は承諾し、それ以来ずっとここにいます。何気ない依頼のように見えたこの依頼は、実はピーターとアネットの戦略的な動きで、計画がしっかりしていたと聞きました。夏がすぐそこまで来ていたため、2 人は必死になって誰かを探していたのだと思います。

EWP は常に私の居場所でしたが、ティム・ダンが芸術監督でなかったら、私は受け入れなかったでしょう。私は、ビジョンと強いリーダーシップを持つ組織で働きたいと思っていました。私にインスピレーションを与えてくれる人のために。本当に好きで尊敬する人たちとクリエイティブな環境で働けるのは、とても幸運なことだと思っています。今でも時々演技をしますが、私の第一の使命は、イースト・ウエスト・プレイヤーズの芸術教育ディレクターとしての職務です。芸術教育ディレクターとして、私は教育プログラムを監督しています。私の責任の 1 つは、メディア、特にネットワーク TV でアジア系アメリカ人の認知度を高めることです。

EWP はアジア太平洋系アメリカ人メディア連合 (APAMC) のメンバーです。私たちの責務の 1 つは、ネットワークと会って、作家、プロデューサー、ディレクター、クリエイティブ エグゼクティブなど、すべてのクリエイティブ カテゴリーにおけるアジア系アメリカ人の数と多様性イニシアチブに関する進捗状況を報告することです。10 年後、進展があったことを嬉しく思います。役割ははるかに充実し、私たちはもはや典型的な芸者、ハウスボーイ、またはギャングのメンバーを演じることに追いやられなくなりました。とはいえ、もっと多くの APA が主役を演じたり、独自の番組のスターになったりする必要があります。最近、私はガイ アオキとともに APAMC の共同議長になりました。カレン ナラサキが退任したため、私たちは大きな穴を埋めなければならず、少し気が重くなりますが、やるべきことはまだあります。正直に言うと、私はここで、他の方法では決して経験できなかった素晴らしい機会をいくつか得ました。これまでのところ、素晴らしい芸術的旅でした。

もしハリウッドがあなたの人生を映画化するとしたら、誰があなたの主役を演じてほしいですか?

たぶんケイコ・アゲナですね。若い頃の彼女のエネルギーと元気が好きです。成熟した頃のタムリン・トミタ。彼女は若すぎるとは思いますが、私が憧れる多くの資質を備えています。彼女は知的で、センスがあり、雄弁で、とにかく良い人間です。

どうすれば人々はあなたの組織についてもっと詳しく知ったり、参加したりできるでしょうか?

まずは、 www.eastwestplayers.orgのウェブサイトにアクセスし、公演を観に来て私たちを応援してください。生の演劇を体験することほど素晴らしいことはありません。観客として、舞台上の俳優と直接関係を持つことができます。それは共生関係であり、彼らと一緒に旅をすることができます。これは素晴らしいことです。私たちがガラスの窓の向こうに住み、携帯電話で話し、インターネットでコミュニケーションを取り、想像力が二の次にされている世界では、生の演劇はあなたを本当に別の世界に連れて行き、変える力を持っています。アジア系アメリカ人の演劇が存在しなかったらどうなるかを考えると身震いします。私たちの物語の語り手は誰になるでしょうか?

もし水晶玉を持っていたら、アジア太平洋諸島系アメリカ人コミュニティの将来はどうなると思いますか?

人口が多民族化していくにつれて、いつかは私たち全員が同じ人種となり、一つのグローバルコミュニティに属するようになると思います。

ボーナス質問: 若いアジア太平洋諸島系アメリカ人のプロフェッショナルにアドバイスはありますか?

何をするにしても、自分の技術を学んでベストを尽くしてください。美貌やルックスだけで成功できるとは思わないでください。それだけでは限界があります。そしてビジネスについて学んでください。俳優/パフォーミングアーティスト/歌手になることは結構ですが、優れたビジネス感覚を持つことは大いに役立ちます。最後に、現在マンマ・ミーア!のツアーに出ているイーサン・ル・フォン(EWPのPIPPINでピピンを演じた)のインタビューを読みましたが、彼は「拒絶を親友にしなさい」と言っていました。全く同感です。(若いアジア太平洋諸島系アメリカ人のプロフェッショナルには違うアドバイスをしますか?)特にはありません。残念ながら、APAが平等な競争の場を得るにはまだまだ道のりが長いと私は信じています。先ほど言ったように、夢のプロジェクトがあるなら、それが実現するのを待ってはいけません。私たちは自分自身の力で、自分自身の作品を作り出す必要があります。

ボーナス質問: あなたにとって心が安らぐ食べ物は何ですか? また、それらに関連する思い出は何ですか?

お茶漬け— ご飯にお茶をかけること。私はお茶漬けで育ったので、食事が全部終わった後もお茶漬けで締めていました。お茶漬けはお茶碗をきれいにしておくのに良い方法でした。なぜなら、ご飯を残さないようにといつも言われていたからです。残すとニキビか何かができるから。お茶漬けは、親に言われたことを私たちにやらせるための方法だったのです。

ボーナス質問: あなたの隠れた楽しみは何ですか?

ネットフリックス!

* この記事はもともと2011年9月1日に8Asians.comに掲載されたものです。

© 2011 Koji Steven Sakai

演技 俳優 アーティスト Cold Tofu(団体) イースト・ウェスト・プレイヤーズ(団体) エンターテイナー マリリン・トクダ メディア
このシリーズについて

「APA Spotlight」は、コージ・スティーブン・サカイが全米各地のアジア系アメリカ人コミュニティのリーダーたちにインタビューする、8asians.com の定期インタビューシリーズです。
8asians.com をチェック >>

詳細はこちら
執筆者について

コウジ・スティーブン・サカイ氏は、「ホーンテッド・ハイウェイ」(2006)、「ヤッた相手が多すぎて」(2009)、「Monster & Me」(2012)、「#1 Serial Killer」(2012)の4本の公開済み長編映画の脚本を手がけました。また、「ヤッた相手が多すぎて」と「#1 Serial Killer 」では、製作も担当しました。長編映画、「Romeo, Juliet, & Rosaline」の脚本を執筆し、映画製作会社のアマゾン・スタジオと契約を結びました。コウジの小説デビュー作、「Romeo & Juliet Vs. Zombies」は、2015年2月、ザルミ(Zharmae)出版社のファンタジー部門専門の子会社であるルサンド・クール(Luthando Coeur)より出版されました。

(2015年3月 更新)

 

 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。