Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2012/3/12/lucy-walker/

ルーシー・ウォーカー、『津波と桜』監督

コメント

私の母は日本出身なので、多くの日系アメリカ人が感じない日本とのつながりを感じています。そのため、3月に地震、津波、原発事故が発生したとき、私は心の底からそれを感じました。親戚だけでなく、友人や見知らぬ人のことも心配しました。家では、家族の地震災害計画をもう一度見直し、家族全員が何をすべきかを確認するようにしました。しかし、わずか7か月後には、私の生活は元に戻りました。

だからこそ、『津波と桜』を観たとき、当時の記憶が蘇り、日本の大部分がまだ復興に取り組んでいることを思い出したのです。アカデミー賞にノミネートされた映画監督、ルーシー・ウォーカーに、彼女の感動的なドキュメンタリーについていくつか質問する機会を得ました。

「津波と桜」というタイトルにはどんな意味があるのでしょうか?

タイトルは本当に文字通りのものです。この映画はまさに津波についてであり、また日本語のについてだからです。でも、少し寓話のように聞こえるタイトルが好きですし、ある意味この映画はとてもシンプルですが寓話のように深い意味を持っています。実は、いくつかのタイトルの中から選ぶのに苦労したので、Facebook の友達に選ぶのを手伝ってもらったところ、一番人気のタイトルがこれでした。ひどく感情的な主題を考えると、シンプルさはとても役立つと思います。また、Tsunami/Sakura も好きでした。こちらはさらにシンプルですが、少し魅力に欠け、ストーリー性に欠けていたと思います。私は、こんなにも異なるものの間に何かつながりがあるのだろうかと人々に考えてほしいのです。

このプロジェクトに興味を持ったきっかけは何ですか?

私は幼い頃、育ったイギリスの裏庭で桜を眺めていた頃から、ずっと桜が大好きです。写真に興味を持ったとき、最初のプロジェクトは桜の写真を撮ることでした。桜は簡単に素晴らしい写真を撮ることができるので、とても励みになります。後に、日本人も私と同じように桜に魅了されていることを知り、花が咲く木の下に寝転んで友人と話したり飲んだりしながら、人生のはかなさについて考えることが私の夢でした。今年の正月、とても疲れを感じていたとき、突然、視覚的な俳句のように、桜についての短編映画を作ろうというアイデアが浮かびました。その後、3月11日に地震、津波、原子力災害が発生し、最初に思ったことは、今これを行うことはできないということでした。そしてすぐに、日本文化を祝い、日本人を助け、私たちの連帯と感謝を示すことがこれまで以上に重要な時だと思いました。

この映画で最も感動的(かつ不安を掻き立てる)場面の一つは津波の映像でした。その映像はどこで見つけたのですか?

素晴らしい編集者の水谷亜紀さんが見つけてくれました。津波の悲しくも迫力のある映像はたくさんありますが、なぜかこの映像が一番印象に残りました。観客に実際に何が起こったのかを伝えるには、カットを切らずに、長いショットで、想像を絶する破壊を実際に体験してもらうのが一番いい方法だとすぐにわかりました。このショットでは、津波が起こる前の町全体、そして津波が飲み込んだ町全体、そして目の前で人々を飲み込む津波までが映っています。これは最もショッキングな映像で、撮影者が使用を許可してくれたのはとても幸運でした。

映画の中でインタビューした人たちは今どうですか?連絡を取り合っていますか?

現地にはジェームズ・マクワイトという素晴らしい人がいました。彼は私たちの制作マネージャー、通訳、現地ガイドを兼任していました。彼は東京に住んでいて(シアトル育ちですが)、私たちの連絡係です。私自身ももっと連絡を取り合いたいのですが、残念ながら私は日本語が話せないので言葉の壁が難しいです。その地域は今も大きな被害を受けており、人々は苦闘していて、特に冬が再び来ている今、できるだけ多くの支援を必要としていることを私は知っています。Googleで検索すると、気仙沼など私たちが撮影した地域の画像がいくつか表示されます。原子力発電所の周辺地域は放射能の影響で特に除染が困難で、私はそこに住んでいた、または近くに住んでいる人々のことを最も心配しています。とても悲しいことですが、映画が示しているように、人々は驚くほど回復力があり、強く、感動的であることを願っています。私がこの春日本で出会った人々のように、人々がこのような困難にこれほど見事に立ち向かう姿を私は想像できませんでした。

この映画はどうやって観るのでしょうか?

この映画は現在、Laemmle's Falllbrook の大型スクリーンで毎晩上映中です。その後、どのように上映するかを検討中です。詳細はthetsunamiandthecherryblossom.comの Web サイトをご覧ください。また、被害者、特に孤児となった子供たちを支援するために寄付する方法についても詳細をお知らせしています。

ルーシー・ウォーカーは、4本の長編ドキュメンタリー『 DEVIL'S PLAYGROUND』 (2002年)、 『BLINDSIGHT』 (2006年)、 『WASTE LAND』 (2010年)、『 COUNTDOWN TO ZERO』 (2010年)の監督として最もよく知られています。核テロと核拡散の脅威を恐ろしく暴露した『COUNTDOWN TO ZERO』は、サンダンス映画祭でプレミア上映され、カンヌ映画祭の公式セレクションで上映されました。『WASTE LAND』は、ブラジルのアーティスト、ヴィック・ムニーズと、リオにある世界最大のゴミ捨て場からロンドンで最も権威のあるオークションハウスまでの道を見つける、元気いっぱいのカタドール(清掃員)のグループの物語です。サンダンス映画祭とベルリン映画祭、フル・フレーム映画祭とシアトル映画祭で観客賞を受賞した初の映画です。ウォーカーは、 『BLINDSIGHT』の観客賞を含め、ベルリン映画祭を2度受賞した初の映画監督でもあります。この映画は を受賞し、グリアソン賞最優秀ドキュメンタリー賞、英国インディペンデント映画賞にノミネートされ、アカデミー賞の最終候補にもなった。BLINDSIGHT は、エベレストに登頂した6人の盲目のチベット人ティーンエイジャーの不運な旅を追ったものである。2002年のサンダンス映画祭でプレミア上映されたDEVIL'S PLAYGROUND は、アーミッシュのティーンエイジャーがラムスプリンガに参加する際の苦悩を描いたものである。同作は、複数の映画祭で賞を獲得し、エミー賞に3回ノミネートされ、インディペンデント・スピリット賞にもノミネートされた。ウォーカーはイギリスのロンドンで育った。演劇の監督をし、オックスフォード大学で文学を第一級優等で卒業した後、フルブライト奨学金を得てニューヨーク大学の大学院映画プログラムに入学し、そこで美術学修士号を取得し、短編フィクション映画の監督をしたり、ミュージシャンとして副業をしたりした。


* この記事はもともと2011年10月12日に8Asians.comに掲載されました。

© 2011 Koji Steven Sakai

東北地方太平洋沖地震(2011年) 映画製作者 映画 (films) JPquake2011 ルーシー・ウォーカー 津波そして桜(映画)
このシリーズについて

「APA Spotlight」は、コージ・スティーブン・サカイが全米各地のアジア系アメリカ人コミュニティのリーダーたちにインタビューする、8asians.com の定期インタビューシリーズです。
8asians.com をチェック >>

詳細はこちら
執筆者について

コウジ・スティーブン・サカイ氏は、「ホーンテッド・ハイウェイ」(2006)、「ヤッた相手が多すぎて」(2009)、「Monster & Me」(2012)、「#1 Serial Killer」(2012)の4本の公開済み長編映画の脚本を手がけました。また、「ヤッた相手が多すぎて」と「#1 Serial Killer 」では、製作も担当しました。長編映画、「Romeo, Juliet, & Rosaline」の脚本を執筆し、映画製作会社のアマゾン・スタジオと契約を結びました。コウジの小説デビュー作、「Romeo & Juliet Vs. Zombies」は、2015年2月、ザルミ(Zharmae)出版社のファンタジー部門専門の子会社であるルサンド・クール(Luthando Coeur)より出版されました。

(2015年3月 更新)

 

 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。