Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2012/2/2/derek-shimoda/

映画監督デレク・シモダ『ジューン・ブライド ヤクザの贖罪』

私のお気に入りのアジア系アメリカ人ドキュメンタリーの 1 つが『 The Killing of the Chinese Fortune Cookie』です。そこで、映画監督のデレク・シモダが別のドキュメンタリーを制作していると聞いて、もっと詳しく知りたくなりました。デレクと座って 8 つの質問をする機会がありました。

デレク・シモダはロサンゼルス出身。長編映画『 In My Life』や、サンダンス映画祭の公式セレクションとなった高く評価されたドキュメンタリー『 Secret Asian Man』のプロデューサーを務めた。また、パンアフリカン映画祭(PAFF)でビジョナリー賞を受賞した映画『 Autonomous Soul』の脚本、プロデューサー、監督も務めた。過去数年間、デレクはヒストリーチャンネル、トラベルチャンネル、A&Eなど、いくつかのケーブルネットワークでノンフィクションシリーズを手がけてきた。デビュー作の長編ドキュメンタリー『 The Killing of a Chinese Cookie』は、2008年ダラスアジアン映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。現在はドキュメンタリー『 June Bride: Redemption of a Yakuza』を制作中。

あなたは誰ですか?何をしていますか?

私はロサンゼルスで生まれ育った、2世か3世、もしかすると4世の日系アメリカ人疑似映画製作者です。父は日本で生まれ、母と帰米人の母は米国で生まれました。それでは、私は何者なのでしょうか? もし誰かこれを明確にできる方がいらっしゃいましたら、derek[a]fishgrenade[dot]com までご連絡ください。よろしくお願いします。あなたが私を完成させます。

最新作『ジューン・ブライド・ストーリー ヤクザの復讐』について教えてください。

「ジューン・ブライド:ヤクザの贖罪」は、私が現在撮影中のドキュメンタリーで、元ヤクザで牧師になった新藤達也と、元受刑者や部外者が再出発のために集まる荒れ果てた教会「ジューン・ブライド」についてです。当初は、新藤の師匠で、同じく元ヤクザの牧師である鈴木博之を題材にしようと思っていましたが、新藤の連絡先が載っている記事を見つけました。牧師が快く参加を承諾してくれたので、プロジェクトが動き出すのが楽しみでもあり、不安でもありました。そこで、今年の1月下旬に、予備インタビューとBロールを撮影するために初めて日本を訪れました。目標は、あと数回日本を訪れて、2012年夏までに映画を完成させることです。

進藤達也さんはとても興味深い人のようですね。あなたは個人的に彼からどんな教訓を学びましたか?

私は進藤から人生を変えるような教訓を得たわけではないが、それを実践している人として彼を尊敬している。You Can Always Start OverThe Mafia Minister's Street Talk という2冊のヒット作を出版している進藤の人生は、まさにインスピレーションに満ちている。彼のカリスマ的な存在感は、彼の言うことをすべて信じずにはいられない。これはヤクザや説教師にとって便利な特性だ。彼が常に強調しているメッセージは、人はいつでもどこでも変わることができるということであり、それはジューン・ブライドの人々がそれを実践していることからも明らかだ。私はその信念に完全に賛同しているわけではないが、進藤がそれを売りにしていたときは、私は信じていた。

日本での撮影で一番の難しさは何でしたか?同様に、日本に日系アメリカ人として住むのは大変だと感じましたか?

ロサンゼルスに住んでいるため、日本で急遽撮影するのは難しく、時差も問題なので、地理的な問題がプロジェクトの最大のハードルです。最初から最後まで1回の旅でドキュメンタリーを撮影する方が簡単でしょうが、私にはそんなに長い間留守にする余裕はありません。それに、1、2か月以上の経過を記録したいのです。

口を閉じて溶け込むことなら、日本に住む日系アメリカ人として生きることは難しくなかった。日本語でコミュニケーションが取れないなら、謙虚になることはできた。こうした事例は、私が16歳の時に日本語学校に戻らないと両親に告げたときよりも、私がどれだけ賢明だったかを示している。幸運にも、私は友人のリンタロウ・サワモトに助けてもらった。彼は幸運にも米国での滞在期間を過ぎ、日本に強制送還された。

地震はあなたの映画にどのような影響を与えましたか?

私はちょうど日本から帰ってきて、友人と夕食をとりながら、ドキュメンタリーのサウンドエンジニアとしての参加について話し合っていました。家に着くと、日本で地震が発生したというニュース速報が流れ始めました。私はすぐに家族や友人のことを思い、彼らが無事であることを確認しました。その後、私はリンタロウに電話でシンドウの様子を尋ねて録音してもらいたかったのですが、リンタロウはドキュメンタリーに費やすエネルギーを持てず、それは当然のことであり、結果として残念ながらプロジェクトは勢いを失いました。6か月後、私は日本の強さと精神を強調する方法としてこの悲劇を取り入れることを決意しました。

歴史上のどの映画でも監督できるとしたら、どの映画を選びますか?

勅使河原宏の『砂の女たち』の作者として自分の名を挙げられたらいいのに。勅使河原、安部公房、武満徹?日本ニューウェーブのドリームチーム?おい、その質問で俺をからかわないでくれよ、コージ。

若いアジア太平洋諸島系アメリカ人のドキュメンタリー制作者に何かアドバイスはありますか?

私のアドバイスは? あなたに語りかける興味深いアイデア、あなたが食べて、飲んで、眠るプロジェクトだけを検討してください。あなたのアイデアをあなた以上に気にかける人はいないはずです。もし気にする人がいたら、その列車事故から抜け出して、何か他のことを考えてください。

あなたの映画を人々はどのようにサポートできるでしょうか?

エンジェルウィングやチキンウィングを獲得したい人は、 Kickstarterでこの映画を支援することができます。

キャンペーンが成功すれば、集まった資金の一部は日本赤十字社に寄付され、映画の資金に充てられます。また、寛大な寄付は映画の神様をなだめ、子猫の命を救うことにもなります。ですから、大義のためでなくても、子猫たちのために、愚かで無防備な子猫たちのために寄付しましょう!

* この記事はもともと2011年9月30日に8Asians.comに掲載されたものです

© 2011 Koji Steven Sakai

Autonomous Soul (映画) デレク・シモダ 映画製作者 In My Life(映画) ジューン・ブライド(映画) Secret Asian Man(漫画) The Killing of a Chinese Cookie(映画)
このシリーズについて

「APA Spotlight」は、コージ・スティーブン・サカイが全米各地のアジア系アメリカ人コミュニティのリーダーたちにインタビューする、8asians.com の定期インタビューシリーズです。
8asians.com をチェック >>

詳細はこちら
執筆者について

コウジ・スティーブン・サカイ氏は、「ホーンテッド・ハイウェイ」(2006)、「ヤッた相手が多すぎて」(2009)、「Monster & Me」(2012)、「#1 Serial Killer」(2012)の4本の公開済み長編映画の脚本を手がけました。また、「ヤッた相手が多すぎて」と「#1 Serial Killer 」では、製作も担当しました。長編映画、「Romeo, Juliet, & Rosaline」の脚本を執筆し、映画製作会社のアマゾン・スタジオと契約を結びました。コウジの小説デビュー作、「Romeo & Juliet Vs. Zombies」は、2015年2月、ザルミ(Zharmae)出版社のファンタジー部門専門の子会社であるルサンド・クール(Luthando Coeur)より出版されました。

(2015年3月 更新)

 

 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。