Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2009/9/1/fenomeno-nikkei/

日系人の文化的ハイブリッド化を管理する

アメリカで日系人であるということは、2つの文化を背負っていることを意味し、一方では教育と、子供の頃から日本人の親によって植え付けられるしつけを通して受け入れられる日本語である。彼の人生の第一歩は日本的なやり方で、時を超えて続く基礎を築きます。したがって、日系人の考え方や行動の仕方、態度は多少異なります。中根千枝によれば、日本社会には均質な構成があり、それはあらゆる層と現れ方に見られ、歴史を超えて均一で垂直的で世襲的な文化を持っています。その文化を取り入れて実践すればするほど、日本人の目にはその人はより高潔で評価されるものになります。

一方、日系人が発展する社会環境は地域レベルであり、その地域文化のやり方や表現を取り入れる必要があり、日系人は孤立して発展することはできません。ジョン・ダンが「人間は島ではない」と述べたように、環境が提供する生命の出来事、多様性、革新と無縁な状況で生きることは不可能です。

今日の日系人は、これら 2 つのパラダイムを認識しており、ハイブリッドであり、状況に応じて、時には互いに敵対的になり、また時には友好的かつ敬意を持って、この 2 つの条件を自然かつ巧みに扱い、管理しています。 この文化のハイブリッド化は、ある人にとっては「チチャでもレモネードでもない」し、またある人にとっては「ジェンナ日本人」(奇妙な日本語)であるが、個人に 2 つの文化を挿入するという唯一の事実として、肯定的なものと考えることができる。つまり、あらゆる面で異なる 2 つの世界が、1 つの存在として融合します。その本質を理解し、その現れを理解し、これら 2 つの表現を理解すること自体が達成です。

一方で、現在の日系人は、海外の同様のコミュニティの人々と交流しており、それはより簡単に、より誠実で友好的な方法で行われます。誰もが共存する 2 つの世界の担い手であるため、大陸の他の日系人たちと関係を築き、議論し、アイデアや提案に同意する機会が促進されます。 これは、汎アメリカ日系人大会などの親睦の会合、日系青少年のスポーツやトレーニングの会合、金融、商業、日系協同組合の分野での会合で行われます。

実践され、現在も何らかの形で使用されている日本式の行動の美徳のすべての中で、円了という概念を俎上に乗せることができます。これは日本人の非常に特殊な態度であり、定義することができます。遠慮、謙虚さ、謙虚さ、ためらい、慎重に何かを拒否したり控えたりすること。それは日本人の根本的な美徳の一つであり、古来より実践され、日本文化の精神として形成されてきました。 西洋人にとって、日本人のこの非常に特異な生き方は理解するのが非常に難しく、おそらくそれを異なる環境に適用するのは最も賢明ではないでしょう。

他人の本当の状況や状況を見極めずに他人より優位に立つことは、多くの場合有害であると考えられており、日本人の間ではあまり良く思われていません。彼らは比較的閉鎖的な社会の中で、コミュニティのメンバー間の平等と公平を求めており、それが「飛ぶ釘は打たれる」というスローガンの由来となっています。

欧米人の行き過ぎた個人主義的な運転と、日本人や日系人のやや大げさな集団主義的な運転を、自己中心主義と利他主義がより慎重に混合される形で、それぞれの部分が50%ずつハイブリッド化されるべきである。不思議なことに、この点に関して態度に変化が見られます。西洋の学生はグループワーク、チームワーク、合意形成の探求を教えられますが、日本の若者は自分自身をより深く評価し、独立した個人として力を与えるために、より個人主義を実践することが奨励されています。

日系人がその生来の担い手である西洋と東洋の文化の融合が重要な役割を果たしている中で、人類として達成されるバランスと成熟は、世界の望ましい未来と平和の基礎となり得る。

© 2009 Emi Kasamatsu

美学 コミュニティ 文化 アイデンティティ 形而上学 心理学 認識論 価値
このシリーズについて

作家であり研究者のカマツエミは、日系人の存在、思考、行動について哲学的および人類学的分析を展開しています。それは、移民とその子孫の文化的統合における歴史的背景、相互影響、利点と欠点を概説する「人種のるつぼ」の概念を理解することから始まります。

詳細はこちら
執筆者について

笠松恵美はパラグアイ二世で、パラグアイとアメリカ大陸への日本人移民の研究者である。彼はこのテーマに関する本を 2 冊出版しており、その他の出版物としては、米国ロサンゼルスの全米日系人博物館所蔵の『ディスカバー・ニッケイ』や『INRP』などがあります。

彼は、日本のJOCHI大学と南山大学、米国のUCLA、約10カ国の汎アメリカ日系人大会、ブラジルのアメリカ記念館で、移民問題とラテンアメリカの日系人について、いくつかの会議を行った。 。

彼女はアスンシオン国立大学でジェンダーと開発の学士号と修士号を取得し、スペインのカタルーニャ国際ガバナンス研究所で研究方法論のガバナンスとリーダーシップの大学院学位を取得し、社会連帯経済の学位を取得しています。レペムにて。

最終更新日: 2014 年 4 月

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。