Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2008/7/24/frank-endo/

フランク・エンドー - バランスのとれた人生

コメント

私の名前はフランク・エンドー、81歳、カリフォルニア州ガーデナに住んでいます。

私は 1923 年 4 月 20 日にカリフォルニア州ウィルミントンで生まれました。ジェームズという双子の兄弟がいました。父は漁船を所有し、母は魚の缶詰工場で働いていました。私たちは 1935 年に、主要な漁業が集中していたため、私が生まれた場所から数マイル離れたカリフォルニア州ターミナル島に引っ越しました。両親は日本の静岡県出身で、教育はほとんど受けていませんでした。父は漁業で他のアメリカ人と交流があったため、英語を多少話せました。しかし、母は英語を話せませんでした。両親は、私が英語を読んだり、書いたり、話したりするのを手伝ってはくれませんでした。これは、ほとんどの二世の場合に当てはまりました。私は大恐慌時代に育ち、1930年代には飢えに苦しみました。小学校に通っていた頃、ランチバッグが何度も盗まれました。ターミナル島には3000人以上の一世と二世が住んでいました。リトルジャパンでした!毎週日曜日、ターミナル島仏教教会に通っていましたが、13歳の時にキリスト教徒になりました。毎日ロサンゼルス港湾を渡り、サンペドロ中学校に通いました。

バンザイ チョップ スイ レストラン、1931 年

8年生のとき、サン ペドロ高校の体育館で開かれたオープン ハウスに参加しました。そこでは体操選手たちが練習していました。私は、平行棒で美しい逆立ちをする選手に気づきました。私はそれまで見たことがなかったのですが、とても感銘を受け、中学校の体育の授業で毎日同じ逆立ちの練習をすると誓いました。そうすれば、高校に上がるまでには、同じ技ができるようになるでしょう。この決断が、私の人生が体操へと向かう転機となりました。

1940 年、ついに私はサン ペドロ高校に通い始めました。そこは私が通っていたダナ中学校の隣の丘の上にある学校でした。私はすぐに 10生として体操のクラスに入学することにしました。体操は人気があり、クラスはすでに満員だったので、入るのは難しそうでした。そこで私はコーチに、体操が好きで逆立ちを練習していると伝えました。コーチはしぶしぶ私をクラスに受け入れてくれました。私は大喜びでした。私が 1 年間練習した逆立ちは、ジムの誰よりも上手でした。

フランク・エンドウが逆立ちをする。1939年1月

それから、体操競技が間もなく始まるので、私はトレーニングを始めて、さまざまな器具に慣れ始めました。ユニフォームを渡され、床運動と平行棒で競技を始めました。いくつかの競技で2と3になり、3回目の出場でついに両方の種目で優勝しました。そのシーズン、私は学校チームで最高得点を獲得して4になりました。素晴らしい学習経験でした。

私は、自分より上手な人たちを観察して独学し、彼らから新しい技術を身につけました。このスポーツで優れた成績を収めたかったのです。私のコーチはフットボールは知っていましたが、体操は知りませんでした。次のシーズン、私はあん馬と鉄棒の2つの種目を追加しました。最初から、床運動と平行棒で1位を取り、2つの新しい種目で2と3を獲得しました。私はどの大会でも最優秀選手でした。6つの高校で行われたリーグ決勝で、床運動と平行棒で優勝しました。私はロサンゼルス郡市決勝に進み、40の高校で行われた私のお気に入りの種目である床運動と平行棒の両方で上位に入りました。

ロサンゼルス市体操選手権。左がフランク・エンドウ。1941 年 4 月

そして、1941 年 12 月 7 日、私は映画を見るためにロサンゼルス港を渡りました。サンペドロに到着すると、憲兵に拘束され、そこで拘留されました。

その後、第二次世界大戦が始まり、私は学校を卒業することができませんでした。卒業まであと 1 年しかありませんでした。もう競争はできませんでした。1942 年 4 月 24 日に数か月間サンタアニタ集合センターに送られ、その後、7,600 人が収容されていたアマチ強制収容所に送られました。アマチという名前は、かつてこの地域によく出入りしていたシャイアンインディアンの部族長の娘に由来しています。彼女は、初期の開拓者で建築家兼牧場主のジョン・プロワーズと結婚しました。プロワーズ郡は彼にちなんで名付けられました。

アマチェ、1943年

私はアマチ刑務所で体操を教えていました。アマチ刑務所に収監されている間、米国政府が私たちのセンターを訪れ、若者たちに米軍に志願するよう求めました。私の友人たちは入隊すると言いました。そこで私は母のところへ行き、「米軍に志願してアメリカのために戦いたい」と頼みました。母の答えは「バカタレ、死んでしまうよ。収監中だから志願するわけない」でした。アマチ刑務所で2年3か月過ごした後、私は母と弟とともにシカゴに移りました。

私はすぐに南シカゴのハイド パーク YMCA に入会し、シカゴ大学で開催された 1945 年のジュニア総合体操選手権で優勝しました。同じ年、私は重量挙げ競技に出場しました。若い頃はターミナル アイランドで多くの重量挙げをしました。シカゴ市で 2 位、イリノイ州選手権でも 2 位になりました。

シカゴにいる間、私はターミナル島の牧師であった森川実夫牧師から洗礼を受けました。

そして、1945 年 2 月 2 日、私はアメリカ陸軍に入隊し、基礎訓練を受けるためにジョージア州のキャンプ ゴードンに向かいました。

基礎訓練の後、私は日本の軍事用語と言語を学ぶためにミネソタ州フォート・スネリング軍事語学学校に転属しました。

日本語の授業へ向かうC中隊。ミネソタ州フォート・スネリング

完成すると、日本における戦争はちょうど終わったばかりでした。私は軍の輸送船で日本に送られました。横浜港に到着すると、澄み切った美しい朝に富士山が見えました。私は日本に来たのだと分かりました。私は東京のフォート・レポ・デポに移送されました。そこで初めて、空腹の日本人を大勢見ました。私は陸軍の厨房を手伝い、残り物をこっそり持ち出して数日間日本人に食事を与えることができました。

父は5人兄弟の長男で、1941年に祖父の事業を引き継ぐために日本に戻りました。父は静岡に住んでいました。静岡は東京から南西に約100マイルのところにあります。私は父に会いに行き、一晩一緒に過ごしました。その夜は米軍に寝床がなかったので、私は無断欠勤で捕まりませんでした。

1946年、日本にいるフランクと父、兄弟たち

それから私は、部隊に配属される前に通訳と翻訳者全員が集められている東京のNYKビルに送られました。私はフォート・スネリングで上級生だったので、戦争犯罪調査のために大阪支局に配属されました。私たちは、南太平洋や日本に不時着したアメリカ人飛行士を扱った日本軍の人員にインタビューしました。私たちは、アメリカ人飛行士がどのように扱われたかを調べなければなりませんでした。彼らが虐待されたり殺されたりした場合、まだ行方不明の遺体があれば、私たちはその遺体を見つけなければなりませんでした。ある日、私が大阪YMCAで運動していたとき、日本人が私の体操の腕前に気づきました。大阪YMCAの理事長が、彼らの最初の国民体育大会に私を招待してくれました。その大会で、東京に住んでいた日本体操協会の高橋近藤会長に会いました。

私は1947年11月に除隊し、陸軍文民部(DAC)の通訳兼主任事務官として大阪に残りました。

1948 年、私は東京本部に転勤させられました。近藤氏から全国体操選手権大会に招待されました。その後も、体操競技会への招待が数多くありました。私は、日本の体操用具のいくつかが時代遅れで、アップグレードが必要だと気づきました。日本は ​​1936 年から中国と戦い、その後第二次世界大戦が始まりました。日本は助けを必要としており、私はたまたまそこにいて、彼らに情報を提供したのです。

1949年から1950年にかけて、私は東京に留まり、北朝鮮とロシアで標的を定めていた米空軍情報部のために働いていました。私はロシアから帰還した日本人捕虜にインタビューしました。彼は、北朝鮮の鴨緑江の北にある化学工場内やその周辺で働いていたと述べました。空軍大佐が私のオフィスに来て、その情報は信頼できるかどうか尋ねました。私は、その情報は非常に信頼できると思うと答えました。マッカーサー将軍がその標的を爆撃しました。後に、トルーマン大統領は鴨緑江の北への爆撃を望んでいなかったことを知りました。このため、マッカーサー将軍は解雇され、米国に帰国しました。これは何十年も極秘であり、私は近親者にもこのことを話しませんでした。

そして、1950年の初め、日本体操協会の要請で、私は米国男子オリンピック体操チームを日本に招待し、彼らにとって初の国内国際大会を開催しました。費用は私が負担するよう求められましたが、朝日新聞社が旅費を捻出してくれました。これが、日本が国際大会とオリンピックに参加する道を開きました。米国チームの日本訪問中、私は近藤氏とともに米国チームに、東京本部のダグラス・マッカーサー元帥を訪問するよう特別に要請しました。私はチームとコーチを将軍に紹介し、1950年5月26日に彼のオフィスで27分間過ごしました。将軍は、1924年のアムステルダムオリンピックで米国代表団長を務めたと述べました。米国チームのコーチ、ロイ・ムーア氏はそのオリンピックの体操選手だったので、彼らはその試合について会話を交わしました。私の長男は将軍にちなんでダグラスと名付けられました。

右はフランクと日本とアメリカの体操チームのメンバーたち。

日本滞在中、私は週末を有効活用しました。大阪では、ジープに乗って神戸、京都、奈良を旅しました。原爆の惨状を見るために広島まで行ったこともあります。日本の歴史について学び、観察すべきことがたくさんありました。そして、数ヶ月ごとに、大阪の北東約 400 マイルにある静岡まで軍用列車で夜通し行き、父、姉妹、弟を訪ねました。東京に転勤になったとき、私と同じようにアメリカから帰国する別のアメリカ人民間人から自動車を購入しました。横浜、日光、箱根などがありました。静岡は東京から南西にわずか 100 マイルでした。そのため、陸軍交換所から物を購入し、親戚に届けることができました。日本にいる間、大阪のアメリカン スクールで働いていた日本人の女の子と恋に落ちました。平和条約がまだ調印されていなかったので、ワシントンの日系アメリカ人代表のマイク マサオカ氏に手紙を書きました。マサオカ氏はシカゴのシドニー R. イエーツ下院議員に連絡を取り、議会に私法案を提出しました。この法案のおかげで私は結婚し、妻をアメリカに連れてくることができました。日本体操協会の近藤会長が私の花婿介添人でした。

宮島の鳥居、1948年

1950 年に妻と私はカリフォルニアに戻り、車で東海岸から西海岸まで新婚旅行に出かけました。シカゴでは、議会で私法案を提出したシドニー・R・イェイツ下院議員を訪ね、感謝の意を表しました。ニューヨークでは、オリンピックの体操選手とともに私が日本に招待したアメリカ人の体操コーチ、ロイ・E・ムーア氏の家に滞在しました。その後、復員兵援護法に基づいて 2 年間ロサンゼルスの大学に通いました。

私は南カリフォルニア体操審判協会(SCGJA)に入会し、体操の審査を始めました。私はアメリカで最初のアジア人体操審判員でした。

1959年、カリフォルニア州バークレーで開催された全米大学体操選手権で審査員をしていたとき、ニッセントランポリン社の社長でありトランポリンの発明者でもあるジョージ・ニッセン氏から、トランポリンを紹介するために日本ツアーを企画できないかと打診されました。私は近藤氏に連絡を取り、日本に行って14回の展示会を開催しました。トランポリンは今やオリンピック競技となっています。

日本の男子体操選手はトランポリンの技術を体操競技に取り入れました。そして、1960年にローマで日本男子が初めてオリンピックの体操競技で優勝し、その後5回のオリンピックと5回の世界体操選手権で連続して優勝しました。私はその場にいて、近藤氏と一緒に競技を観戦しました。

その後、日本の多くの高校、大学、オリンピックの体操チームがアメリカに来るようになりました。私は彼らのガイド、通訳、そして審判を務めました。1972年、米国体操連盟からジョージア州ステートボロで開催される全米体操選手権の主審を務めるよう依頼されました。私はこれまで国内各地で数多くの全米選手権の審判を務めてきましたが、最もエキサイティングな大会は1984年のロサンゼルスオリンピックでした。

1990年、私は妻とともに日本に招待され、全額負担の旅行に同行し、コロショー(日本の殿堂)を授与されました。

1995年、世界体操選手権が日本の鯖江で開催されました。私は30人のアメリカ人のアメリカ体操ツアーガイドを務めました。

2000 年、私はアメリカで 50 年間、国内および国際の体操競技の審判を務めました。南カリフォルニア体操審判協会 (SCGJA) は、私に第 1 回フランク エンド SCGJA 賞を授与しました。この賞は、南カリフォルニアで最も優秀な体操競技の審判に毎年授与されるものです。私は今でも体操競技の審判を続けています。

2001年、米国体操協会は私に生涯功労賞を授与し、フィラデルフィアの米国体操の殿堂入りを果たしました。また、私はオクラホマシティにある国際体操の殿堂(IGHOF)の理事の一人として務めています。これまで、日本のオリンピック金メダリスト5名をIGHOPに推薦し、殿堂入りさせることができたのは、私にとって喜びです。

1958 年以来、私はカリフォルニア州ガーデナで体操用品のビジネスを営んでいます。私の 2 人の息子は、どちらもカリフォルニア州立大学ロングビーチ校の体操選手で、私と一緒に働いています。

フォート・スネリングでの語学研修を通じて、第二次世界大戦後の日本における体操競技の復興に少しでも貢献できたことを願っています。

1940年、17歳のフランク

1983年、60歳のフランク

* この記事はもともと、第二次世界大戦中および戦後間もなく軍事情報局に勤務した男性たちの体験を題材にしたエッセイ コンテストに寄稿されたものです。このエッセイの元のタイトルは「日本占領下の軍事情報局」でした。遠藤氏は 2005 年に亡くなりました。詳細については、日経アルバムでフランク 遠藤氏がアマチで撮影した写真をご覧ください。

© 2008 Frank Endo

アマチ強制収容所 運動競技 カリフォルニア州 シカゴ コロラド州 強制収容所 フォート・スネリング フランク・エンドウ ガーデナ 体操 イリノイ州 ミネソタ オリンピック サンペドロ スポーツ ターミナル・アイランド アメリカ合衆国 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について
様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。