Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2008/10/14/cuando-la-justicia-tarda/

正義が遅れて実現しないとき: 虐待の記憶

第二次世界大戦中、ペルーに住む日本人は虐待の被害者でした。彼らの中で最も偉い人たちは、米国のクリスタルシティ強制収容所に移送されました。以下は、そこにいた二人の日系人の証言です。

1942年から1945年にかけて、米国とペルーの政府は協力して、ペルーに住む約1000人の日本人と二世を米国の強制収容所に送った。裕福で税金を納めている移民(その多くはペルー人女性と結婚している)はテキサス州のクリスタルシティ強制収容所に投獄され、ペルーでは彼らの財産と事業が政府の手に渡った。

理由は簡単でした。米国は第二次世界大戦中に交換可能な捕虜を必要としていたが、米国本土に合法的に居住していた日本人を拘留することができなかったため、彼らの視線は日系移民の割合が最も高いラテン系の国、ペルーに向けられた。

66 年後、2 人の生存者が、人生を永遠に変えたあの暗く恥ずべき時代に実際に何が起こったのかを語ります。

父親が警察に逮捕されたとき、アウグスト・カーグはまだ8歳だった。彼らはピウラに住んでおり、彼の家族はそこでレストランを経営していました。ある朝、小さなアウグストは父親に頼まれて米を買いに行きましたが、その後父親に会えませんでした。 3か月間、何の知らせもなかったし、いかなる権威も彼に理由を与えなかった。手紙が届いたとき、彼らは最悪の事態を考えた。その中で彼の父親は、彼が逮捕され米国に連行されたと述べた。

「手紙は汚れだらけで、一部の単語や完全な文章を読むことさえ不可能でした。それは検閲されました。私たちはそれに応じ、2年間にわたり検閲された彼の手紙を受け取りました。その2年間で父の事業は父なしで倒産してしまいました。それを管理する人は誰もおらず、すぐに私たちは悲惨な生活を始めるようになりました。 「支払いができなかったため、彼らは私たちを借りていた家から追い出し、私たちは友人や家族の家をジプシーのようにさまよい始めました。」

チャンスが来るまで、状況は悪化していました。夫も米国に送られていた母親の友人は、子供たちと一緒に強制収容所に住むよう招待を受けた。子供たちはすでに成長しており、ペルーで元気に過ごしていたため、彼女は行きたくなかった。だからこそ、彼はカグ夫人に手紙を渡し、彼女が8人の子供たちと一緒に夫に会いに行けるようにしたのです。

そうだった。彼らは当時仲介役だったスペイン大使館に米国への渡航を要請した。数日後、彼らはタララからボートで出発しました。旅行は20日間続きました。男性たちは船底で移動し、女性と子供たちは甲板で移動しました。男性たちは毎週、15分から20分間起きて歩いたり、少し喫煙したりすることが許された。 「同時に3本のタバコを口にくわえて吸う人もいました」とカーグさんは振り返る。

ニューオーリンズに到着すると、新参者たちは服を脱ぐように求められた。死の恐怖が誰もを悩ませ始めました。アメリカの警官は殺虫剤と洗剤の散布を始めた。 「彼らは、まるで私たちが何かに感染した動物であるかのように、私たちを歓迎してくれました」とカグーさんは動揺しながら語る。

1941 年 12 月 7 日、ゲルマン ヤキは 10 歳で、父親と母親と一緒にリマの街を歩いていました。ある瞬間から次の瞬間まで、彼らは何か奇妙なことが起こっていることに気づきました。人々は彼らを見つめました。それは偶然で、ブロックごとに人々が彼らの方を振り向き、ある者は疑いを抱き、ある者は怯えていた。彼らが家に帰ると、ラジオで日本が真珠湾にある軍事基地を攻撃したことを知りました。

数カ月後、ゲルマン・ヤキさんが路上で遊んでいたとき、多くの日本人を乗せたトラックが通り過ぎるのを見た。そのうちの一人が彼に丸めた紙を投げつけた。ヤキちゃんが開けた。日本語で書かれていました。彼はそれを父親のセンテイ・ヤキさんに持って行き、彼はそれが家族と話すことができなかった拘留者の一人からの別れのメッセージであることに気づいた。センテイさんは拘留者の家族にメッセージを伝えた。その日以来、ヤキはこれが父親に起こるかもしれないと知った。そして、はい、それは起こりました。

彼らは彼の家まで探しに行きました。彼らは何の説明もなく彼を拘留したが、センテイ・ヤキは何が彼を待っているかをすでに想定していた。妻は仙亭に衣服を持ってきましたが、仙亭は再び姿を見せませんでした。 6か月後、ゲルマンさんと母親は強制収容所で暮らす許可を与える手紙を受け取りました。

クリスタルシティでの生活

拘束される人々の名前と住所が記載されたブラックリストは米国とペルーが共同で作成した。ペルー政府は1,771人の日本人と日系人を米国の強制収容所に移送した。

クリスタルシティでの生活には自由がありませんでした。周囲は柵で囲まれており、外部への出入りは不可能だった。 「1時間ごとに、ライフルを持ったカウボーイと馬がその地域を巡回していました」とヤキさんは言う。

クリスタルシティはテキサス州にあり、プレハブ木造住宅がたくさんありました。そこは抑留された外国人が住んでいた小さな建物だった。トイレは公共で、各家族が交代でトイレを利用する必要がありました。

クリスタルシティの南端には病院があり、北西には野球場がありました。東側にはプレハブ住宅が建っていました。南東には英語を教えている幼稚園がありました。

囚人たちは強制収容所の維持に従事しました。収入は全員同じで、時給は 10 セントでした。これにより、1 日あたりの利益は 1 ドル未満になりました。

クリスタルシティ内ではある種の通貨が使用されていました。それが人々が取引したものです。コインのいくつかには、購入できるものが刻まれていました。そうなると人は選ぶことができなくなります。

ある朝、火災警報器が鳴りました。受刑者らは家の1つが燃えているのだと思ったが、すぐに理解した。英語と日本語で、日本が降伏し敗戦したことが拡声器を通じて伝えられた。中には、早期に解放されたことを思い、安堵しながらこの知らせを聞いた人もいた。他の人たちは日本が負けたということを信じることを拒否し、そのニュースはアメリカの嘘だと主張した。

数日後、戦争が終わったという公式発表がなされた。そこから、拘留者はどこに行きたいかを尋ねられ始めました。ペルーでも日本でもそうだ。大半はペルーに帰国したが、残りは米国に残ることを決めた。戦争に負けた国に帰りたい人は誰もいませんでした。

帰りは遅かったです。少しずつ。多くは戦争が終わってから1年後まで強制収容所に留まりました。さらに、ペルーに帰国した人々は、米国が彼らをリマに連れて行くためにこれ以上の費用をかけたくなかったため、タララ港を経由して帰国した。

届かない補償

米国政府による経済賠償は均等なものではなく、時宜を得たものではありません。自由を奪われた家族一人一人に二万ドルが与えられた。しかし、このお金は米国に滞在し、日本やペルーに帰国しなかった人たちにのみ与えられた。戻ってきた人には5,000ドルしか提供されなかった。

「私たちは他のものと同じ方法で修復することを要求していますが、成功していません。残念ながら団結力はなく、帰還者の大多数はそのお金を受け入れました。これまで私たちは請求を続けてきましたが、弁護士がいないので難しいのです」と77歳のゲルマン・ヤキさんは言う。

報酬の違いという事実をさらに悪化させる要因がもう 1 つあります。釈放後も米国に残った家族の多くは、当局自身に「自分たちは不法行為であり、追放されるだろう」と脅迫された。彼らは国外に出て合法的に再入国するよう勧告された。

「このアドバイスに従った家族は、補償を請求したときに、自分の自由意志でそこにいた、書類を持っている、補償を請求できないと言われたため、だまされました」とケイグ氏は説明する。

ヤキもカグも補償も謝罪も受けていない。一方、米国の居住者は、経済的補償に加えて、ビル・クリントン大統領から受けた仕打ちを謝罪する親書を受け取った。

米国政府は自らの誤りを認め、1942年から1945年にかけて日系ペルー人を誘拐したことを謝罪したが、ペルー政府はまだ声を上げておらず、ましてや被害者への補償などはしていない。その間、年月が経ち、正義と謝罪だけを期待する人々には不利に働くようです。

※この記事はペルー日本人会(APJ)とディスカバー・ニッケイ・プロジェクトの協定により掲載されています。雑誌『会館』第 36 号、2008 年 8 月に掲載された記事。

Text © 2008 Asociación Peruano Japonesa & Daniel Goya Callirgos; Photos © 2008 Asociación Peruano Japonesa

クリスタルシティ収容所 司法省管轄の抑留所 ペルー テキサス アメリカ合衆国 戦争 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

ルイス・ダニエル・ゴヤ・カリルゴスはコミュニケーター兼ジャーナリストです。彼は、Asia Sur Magazine の編集者、Correo 新聞の編集者、EPENSA グループの Web 編集者を務めてきました。彼は、Grupo El Comercio の Eva Magazine の編集者および観光付録 Viajero の編集者を務めました。彼はデジタルプレス部門で ETECOM Communication Award を 2 年連続で受賞し、ペルー応用科学大学 (UPC) が主催するジャーナリズム年代記コンテストで第 1 位を獲得しました。彼は、CONACINE 臨時ドキュメンタリー プロジェクト コンテストと DOCTV IB II コンテストのファイナリストでした。彼はテレビ記者、報道コラムニストであり、ペルーでテレビシリーズに関する最も読まれているブログの 1 つを管理しています。

最終更新日: 2010 年 1 月


ペルー日系人協会(Asociación Peruano Japonesa, APJ)は、ペルー在住の日本人や日系人が集う非営利団体であり、彼ら及びその日系諸団体を代弁する協会である。

(2009年5月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。