Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/568/

後に続く世代のために残す家族の記録 (英語)

(英語) (収容所のことは)口では話しづらいので、家族だけのためにに何か書いておくことにしたんです。何か回顧録のような物を書けば、私たち家族が過去にどんな経験をしてきたか、甥や姪にもわかるだろうと思いましてね。というのも、私には甥や姪が37人もいて、その内7人が収容所で生まれているんです。が、この子達は収容所について何も知らなかったんです。でも書き始めると涙が止まらなくなって全然手に付かないんですよ。そこで夫に「ジム、今やろうとしていることが、全然進まなくて困っているの」と相談すると、夫は「(今やろうとしていることって)何のこと?」と聞くので「私たち家族が収容所にいた時の回顧録を書こうとしているの」と答えると「それで?もっと話してごらん」と言うのです。

なぜ(夫がそういう反応をした)かというと、私は夫とは20年も前から知り合っており、15年間も結婚していながら、収容所のことはこれまで一度も口にしたことがなかったからなんです。もちろん私が収容所に入れられた経験があることは知っていましたが、夫は「マンザナー」という言葉もほとんど聞いたことがないくらいだったんです。それだけ大きな秘密だった・・・というか、胸の奥深くにしまわれていて、話すことすらできなかったのです。だから夫にこのことを話すと、かなりショックを受けた様子で「僕は君のことをこれだけ長い間知っていながら(何も知らずに)君は自分1人でこのことをずっと背負い続けてきたんだね」と言い、「何てことだ。これは君たちの家族のためだけじゃなくて、アメリカ人全員が知るべきことだよ」と言ったんです。そして「書き終わるまで僕も手伝うから(一緒に頑張ろう)」と言ってくれました。(彼がそう言ったということは)やっぱり(私の家族以外の人にも)大事なことだったんです。

私がやろうとしていたことは、心の奥深くまで沁みついた苦痛を掘り起こし、それを何度も何度も思い返すことだったので、1人で簡単に出来るものではありませんでした。そのことを私はベトナム戦争の退役軍人と一緒に本を書いた経験からわかっていました。当事者にその時の話をしてもらうには、(経験した事を)強力に引っ張り出してくれる人が必要なんです。これは私の例ですが、私自身にはたわいなく思えたことでも、夫にはそれが私の心の傷をえぐる強烈なものだったと分かるんです。(こうやって夫と作業をすすめたため)本を書くのに1年かかりました。

本当に夫は一番安上がりなカウンセラーでしたよ!こうして私の傷もだいぶ癒えてきたのですが、(このトラウマの実態が)明らかになったのは80年代に入ってからなんです。トラウマ後のストレス性症候群ですね。ほとんどの日本人(日系人)がこのストレス症候群になっていたと思います。思い出すのが辛いんですよ。また苦痛と共に生きることになるし、自分が壊れてしまったり、怒りがこみ上げてきたりするのが怖いんです・・・わかりますよね?

私が講演をしてまわっていた時にも同じような事(この症候群になっている人)に何度も出くわしました。(講演が終わると)私のところにこんなことを言いに来る日本人(日系人)がいたんです。「(収容所に入れられたことは)別に何とも思わなかったし、収容所は結構楽しかった」とね。でも私がその人達をじっと見て「ご家族は何をなさってたの?」というような質問から始め、核心にせまった質問をすると、その人達はたいていその場で大泣きをし始めたんです。そして自分達でもビックリするわけですよ。今まで自分の感情を外に出したことなんてなかったわけですから。自分が被害者だと認めることはそれだけ屈辱的なんです。だから「そんなことをされた・・・そんなことを(自分たちに)させてしまった」とは言いたくないんですね。でも自分たちに起きた現実を受け入れられて初めて被害者ではなくなるのではないでしょうか。そこで初めて(ストレス)から抜け出すことが出来るのですから。


カリフォルニア州 強制収容所 マンザナールよさらば(映画)(書籍) 投獄 監禁 マンザナー強制収容所 アメリカ合衆国 第二次世界大戦 第二次世界大戦下の収容所

日付: 2005年12月27日

場所: 米国、カリフォルニア州

インタビュアー: ジョン・エサキ

提供: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

語り手のプロフィール

ジーン・ワカツキ・ヒューストンは『マンザナールよ、さらば-強制収容された日系少女の心の記録(Farewell to Manzanar)』(1975年、現代史出版社)の共著者としてよく知られています。1934年、カリフォルニア州イングルウッドに10人兄弟の末っ子として生まれました。幼少時代は南カリフォルニアで過ごしていましたが、1942年、7歳にして家族とともにカリフォルニア州マンザナーにある強制収容所へ収監されました。

ワカツキ一家は1945年に南カリフォルニアへ戻り、1952年にはサンノゼへ転居しました。その後、彼女はサンノゼ州立大学へ進学し、社会学とジャーナリズムを専攻しました。卒業後、数年間カリフォルニア州で働いた後、パリへ留学し書法を学びました。また、1957年にはサンノゼ州立大学で知り合ったジェームス・D・ヒューストンと結婚。以後、3人の子供をもうけます。

1971年、マンザナーで生まれた甥に収容所の体験について尋ねられました。彼は両親に同じことを尋ねたのですが、話してくれなかったそうです。ヒューストン氏は甥にかいつまんで伝えるため、自らの体験談を書き記すことにしました。夫とともにFarewell to Manzanarを書きあげました。1972年に出版されたこの本は、彼女だけでなく彼女の家族の戦前、戦中、戦後の体験を書き記してあります。現在では、多くのアメリカの学校で日系アメリカ人の収容所体験を教えるための教材のひとつとして使われています。また、この本は1976年にテレビ映画化されており、ヒューマニタス賞を受賞。エミー賞のドラマ部門脚本賞にもノミネートされました。

Farewell to Manzanar以来、ジーンは夫とともに作家活動を続けています。2003年には、初の小説The Legend of Fire Horse Womenを発表しました。さらに、大学やコミュニティ機関で数々の講演を行っています。2006年には彼女の社会への貢献が認められ、全米日系人博物館より賞が送られました。(2006年11月25日)

George Ariyoshi
en
ja
es
pt
ジョージ・アリヨシ

戦時中のプロム (英語)

民主党政治家。3期ハワイの知事を務めた。(1926年生)

en
ja
es
pt
Jean Hayashi Ariyoshi
en
ja
es
pt
ジーン・アリヨシ

真珠湾攻撃の日 (英語)

ハワイ州知事の元ファーストレディー

en
ja
es
pt
Kazuo Funai
en
ja
es
pt
カズオ・フナイ

日本と米国

一世実業家(1900-2005)

en
ja
es
pt
Eric Nakamura
en
ja
es
pt
エリック・ナカムラ

マンザナー収容所でのスケボー体験(英語)

『ジャイアント・ロボット』の創設者・出版社社長

en
ja
es
pt
James Hirabayashi
en
ja
es
pt
ジェームズ・ヒラバヤシ

10代での収容所生活 (英語)

(1926 - 2012) 文化人類学者。学問として民族研究学科を設立した第1人者

en
ja
es
pt
Robert Katayama
en
ja
es
pt
ロバート・カタヤマ

日記をつけるように命令され、後にFBIへ押収(英語)

第2次大戦中に第442連隊に所属していたハワイの二世

en
ja
es
pt
Barbara Kawakami
en
ja
es
pt
バーバラ・カワカミ

真珠湾攻撃 (英語)

日本人移民の衣服専門家・研究者

en
ja
es
pt
Barbara Kawakami
en
ja
es
pt
バーバラ・カワカミ

兵士たちを手助け (英語)

日本人移民の衣服専門家・研究者

en
ja
es
pt
Mas Kodani
en
ja
es
pt
マサオ・コダニ

強制収容所での思い出(英語)

ロサンゼルスの洗心仏教寺の開教使・緊那羅(きんなら)太鼓の共同創始者。

en
ja
es
pt
Yuri Kochiyama
en
ja
es
pt
ユリ・コチヤマ

病院に入った戦時捕虜としての父(英語)

公民権運動の政治活動家(1922年-2014年)

en
ja
es
pt
Yuri Kochiyama
en
ja
es
pt
ユリ・コチヤマ

愛国心 VS. 忠誠心(英語)

公民権運動の政治活動家(1922年-2014年)

en
ja
es
pt
Yuri Kochiyama
en
ja
es
pt
ユリ・コチヤマ

二世兵士への絵葉書(英語)

公民権運動の政治活動家(1922年-2014年)

en
ja
es
pt
Yuri Kochiyama
en
ja
es
pt
ユリ・コチヤマ

隠蔽されたキャンプでの出来事(英語)

公民権運動の政治活動家(1922年-2014年)

en
ja
es
pt
Yuri Kochiyama
en
ja
es
pt
ユリ・コチヤマ

仕事熱心な一世(英語)

公民権運動の政治活動家(1922年-2014年)

en
ja
es
pt
Yuri Kochiyama
en
ja
es
pt
ユリ・コチヤマ

収容所のポジティブな側面(英語)

公民権運動の政治活動家(1922年-2014年)

en
ja
es
pt

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。