ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/321/

インタビュー

ウェイン・シゲト・ヨコヤマ (横山 茂人)

南カリフォルニア出身の在日日系人(1948年生)

雑誌社での就職(英語)

(英語) 初めて日本に来た時、僕はあくまでも1人のアメリカ人として日本に住んでいたんです。仏教誌の仕事は、この分野で重要な先生も関わっていたので、面白かったですね。でもエリート学者の世界で、かなり古風な体制で、もちろん僕はこの世界について何も知りませんでした。それに僕の行動は彼らの期待にそぐわないことが多かったんです。そういった面では、雑誌の仕事をする上で苦労しましたね。僕は礼儀正しい古風な日本人のように振舞うことを期待されていたんです。でも僕は日本人ではないし、少なくとも当時の僕はそういうタイプの人間ではなかったんです。日本人としていかに相応しい振る舞いをするかということは、僕にとっては悩みの種でした。きちんとした話し方や振舞い方、感じのいい接し方については、実は僕の子供たちの成長を見守る中で多くを学んだんです。だから僕は子供たちのお陰で、今では3年前よりもずっと協力的な人間になったんですよ!洋服と一緒ですよね。来ている服を取り替えるのと同じことです。30年間同じ服を着続ける訳にはいきません。新しい服と取り替えなければなりませんよね。


日付: 2003年11月13日

場所: 日本、京都府

インタビュアー: アート・ノムラ

提供: アート・ノムラ、『ファインディング・ホーム』

語り手のプロフィール

ウェイン・シゲト・ヨコヤマ氏は1948年にハワイで生まれました。両親は帰米2世でしたが、ウェインに日本語を学ぶことを強要しませんでした。彼は7歳の時にカリフォルニア州の東ロサンゼルスへ引っ越しました。ルーズベルト高校を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校に進学しましたが、1年後に南カリフォルニアへ戻り、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校に新たに通い始めました。

日本へ行くことを考え始めたのは彼が31歳の時です。当時アメリカはベトナム戦争を行っており、徴兵されるのが嫌で、日本で仏教を勉強する決心をしたそうです。日本で修士課程卒業し、その後20年以上もの間、英語の仏教誌『Eastern Buddhist』を発行する雑誌社で働いていました。しかし、この雑誌社が大学の傘下に入ったのをきっかけに雑誌の仕事をやめ、それ以来自らの研究に取り組み、論文を出版することに専念しています。彼は日本人女性と結婚して、娘と息子がいます。彼は京都に住んでいます。(2003年11月13日)

ジョージ・アリヨシ

様々な人種・民族 (英語)

民主党政治家。3期ハワイの知事を務めた。(1926年生)

スティーブ・カジ

FOB - 新参者 (英語)

ハワイ生まれの在日日系人。YMCAの英語教師。

バーバラ・カワカミ

ハワイへ再移住 (英語)

日本人移民の衣服専門家・研究者

バーバラ・カワカミ

写真花嫁と「仮夫婦」 (英語)

日本人移民の衣服専門家・研究者

チャド・モートン

混血の利点 (英語)

プロアメリカンフットボール選手。(1977年生)

エリック・モートン

混血のアイデンティティの難しさ(英語)

ダートマス大学の元ワイド・レシーバー。現在は弁理士として活躍。ジョニー、エリック・モートンの兄弟。

アン・K・ナカムラ

アメリカのイメージ(英語)

ハワイ出身の三世。教師・ビジネスウーマンとして日本在住。

ボブ・キヨシ・オカサキ

渡日に対する決断に祖母の影響(英語)

日本在住30年以上の日系アメリカ人陶芸家。(1942年生)

ボブ・キヨシ・オカサキ

バンドエイドで悟ったこと(英語)

日本在住30年以上の日系アメリカ人陶芸家。(1942年生)

ボブ・キヨシ・オカサキ

子供時代の日本の影響(英語)

日本在住30年以上の日系アメリカ人陶芸家。(1942年生)

ボブ・キヨシ・オカサキ

外からみた母国アメリカ(英語)

日本在住30年以上の日系アメリカ人陶芸家。(1942年生)

ボブ・キヨシ・オカサキ

日本の妻の家族(英語)

日本在住30年以上の日系アメリカ人陶芸家。(1942年生)

竹下幸男

日本人市民としての意識の欠如(英語)

「アメリカ生まれの日本人」・元ビジネスマン。(1935年生)

竹下幸男

JACLとの関わり(英語)

「アメリカ生まれの日本人」・元ビジネスマン。(1935年生)