ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/1832/

若者へのメッセージ

法律の道に進みたい、あるいは裁判官になろうとしている若者の皆さん、ぜひ挑戦してください。ぜひ挑戦してください。なぜなら、法律は皆さんが受けられる最高の教育とキャリアの 1 つだからです。

先ほど言ったように、私は通訳になるつもりでしたが、代わりに弁護士になりました。そして、私が提供できた声と代理は、困っている人々を助けるために提供できました。そして、裁判官として、人々を助けるために私ができたことをすることができました。

他の人の役に立つことができるのは素晴らしい気分です。なぜなら、私の子供たちのお気に入りの写真の 1 つに、次のような言葉が書かれていると思うからです。「100 年後には、銀行口座にいくら入っていたか、どんな車に乗っていたかは関係ありません。しかし、あなたが子供の人生に変化をもたらしたことで、世界は変わっているかもしれません。」

そして、法律を通じて、あなた自身、あなたの周りの人々、そしてその子供たちの人生に変化をもたらし、世界をより良い場所にすることができます。だから、挑戦してください。

そして、挑戦するという意味では、特定のキャリア パスをたどらなければならないとは思わないでください。大切なのは、何をするにしてもベストを尽くすことです。しかし、私は若い人たちに法律の道に進むことを勧めます。私はそうして本当によかったと思っています。

そして、私の子供のうち2人は法律関係の職業に就こうとしているんです。だから、それもクールなことなんですよ。


キャリア 法律 若者

日付: 2022年7月14日

場所: 米国、カリフォルニア州

インタビュアー: ラナ・コバヤシ

提供: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

語り手のプロフィール

サブリナ・シズエ・マッケナは、1957年10月7日、日本人の母とアメリカ人の父のもと、東京で生まれました。日本人のハーフであるマッケナは、「日本人すぎる」または「白人すぎる」という感覚に悩まされていました。マッケナ判事の人生は、1972年にタイトルIXが可決されたときに劇的な影響を受けました。タイトルIXにより、マッケナはハワイ大学に通い、バスケットボールをプレーするための奨学金を受け取ることができました。大学在学中に、彼女は自分の性的指向を受け入れました。

マッケナさんは、自分の性的指向がキャリアを変えたかもしれないと考えている。法科大学院を卒業して法律事務所で働いた後、マッケナさんは法学教授になった。公職に立候補する代わりに、彼女は裁判官になった。しかし、マッケナさんの裁判官への道は平坦なものではなかった。2011年にハワイ州最高裁判所判事として現在の地位に任命された。マッケナ判事の物語は、LGBTQコミュニティのメンバーが成功し、有意義な人生を送ることができることを示している。(2022年10月)

*これは、日系アメリカ人弁護士会全米日系人博物館が共催する、日系コミュニティー・インターンシップ(NCI)プログラムのインターンが毎年夏に行う主要プロジェクトのひとつです。

Evelyn Yoshimura
en
ja
es
pt
エヴェリン・ヨシムラ

若者と『Gidra』 (英語)

コミュニティ・アクティビスト

en
ja
es
pt
Fumiko Hachiya Wasserman
en
ja
es
pt
フミコ・ハチヤ・ワッサーマン

危険にさらされている未成年者を助けたいという願望(英語)

日系三世、カリフォルニア州ロサンゼルス郡最高裁判事

en
ja
es
pt