ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/1823/

タイトルIXが彼女の人生を変えた方法

1972年にタイトルIXが可決されたとき、そして今年はタイトルIXの50周年ですが、ハワイ大学には女子スポーツチームがありませんでした。ハワイには女子高校バスケットボールリーグがありませんでした。私は少なくとも高校まではバスケットボールをして育ちました。当時は米軍の女性兵士が足りず、扶養家族がプレーすることを許可されていたため、米軍の女性チームでもプレーしました。それで、私も米軍の女性チームでプレーし、高校ではバスケットボールをたくさんプレーしました。

私はハワイ大学に入学しました。そこには大学対抗の女子バスケットボールチームがありました。トライアウトを受けてチームに選ばれ、非居住者の授業料を払った後、奨学金をもらいましたが、その理由は全く分かりませんでした。そして、それがタイトル IX のためだと知りました。そして、タイトル IX の主要スポンサーであり、特にスポーツの継続をタイトル IX に含めるよう強く主張した、米国議会で有色人種として初めて務めた日系アメリカ人女性のおかげであると知りました。

それで、それは私個人にとって本当に大きな影響がありました。ハワイ大学でバスケットボールをしていた私は、バスケットボールが私の人生の本当に重要な部分になりました。バスケットボールとタイトルIXのおかげで、私は奨学金を得ることができました。


バスケットボール ハワイ ホノルル オアフ島 パツィー・タケモト・ミンク スポーツ タイトル・ナイン(1972年、教育改正法第9編) アメリカ合衆国 米下院議員 大学 ハワイ大学マノア校

日付: 2022年7月14日

場所: 米国、カリフォルニア州

インタビュアー: ラナ・コバヤシ

提供: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

語り手のプロフィール

サブリナ・シズエ・マッケナは、1957年10月7日、日本人の母とアメリカ人の父のもと、東京で生まれました。日本人のハーフであるマッケナは、「日本人すぎる」または「白人すぎる」という感覚に悩まされていました。マッケナ判事の人生は、1972年にタイトルIXが可決されたときに劇的な影響を受けました。タイトルIXにより、マッケナはハワイ大学に通い、バスケットボールをプレーするための奨学金を受け取ることができました。大学在学中に、彼女は自分の性的指向を受け入れました。

マッケナさんは、自分の性的指向がキャリアを変えたかもしれないと考えている。法科大学院を卒業して法律事務所で働いた後、マッケナさんは法学教授になった。公職に立候補する代わりに、彼女は裁判官になった。しかし、マッケナさんの裁判官への道は平坦なものではなかった。2011年にハワイ州最高裁判所判事として現在の地位に任命された。マッケナ判事の物語は、LGBTQコミュニティのメンバーが成功し、有意義な人生を送ることができることを示している。(2022年10月)

*これは、日系アメリカ人弁護士会全米日系人博物館が共催する、日系コミュニティー・インターンシップ(NCI)プログラムのインターンが毎年夏に行う主要プロジェクトのひとつです。

Naganuma,George Kazuharu
en
ja
es
pt
ジョージ・カズハル・ナガヌマ

軍隊でバスケットボールをする

(1938年生まれ)クリスタルシティに収容されていた日系ペルー人

en
ja
es
pt

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。