ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/1818/

スクービー・ドゥーテレビ番組の開発

当時の土曜朝の番組は、ほとんど例外なく短編映画で構成されていました。短編映画のように、1本あたり6分か7分の長さでした。広告、宣伝、バンパー、橋、ステイ・チューン、ハックルベリー・ハウンドなどが組み合わされ、30分の娯楽作品となっていました。

フレッド・シルバーマンがやって来て、土曜の朝に30分間の番組をやって、物語をしっかり伝えたいと言ってきました。彼は当時、ずっと10代の若者を主人公にしたミステリー番組をやりたいと言っていました。

私は 4 人のティーンエイジャー、全体的な感覚、番組の雰囲気、ミステリーの側面をデザインしました。番組の作り方の一部は、あまり真剣に考えすぎないことです。アボットとコステロの冗談のような短編で、家の上に特大のハゲタカが座っているとか、そういうものです。

しかし、私たちが何をしたとしても、非常に重要なものが欠けているように思えました。それは、エンターテインメントと呼べるものだと思います。4人のティーンエイジャーは、彼らしく歩き回り、ショーの中に存在する謎を解くことについてお互いに話し合うことに非常に多くの時間を費やし、残りの時間は謎から逃げ回っていました。

とにかく、私たちは会議中に、フレッドがその点を指摘し、ジョーは「犬などのペットを与えることで、その点を緩和したらどうだろう」と言いました。それで、犬を試してみることにしました。


スクービー・ドゥー アニメーション (animation)

日付: 1998年8月6日

場所: 米国、カリフォルニア州

インタビュアー: ジャニス・タナカ

提供: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

語り手のプロフィール
巌高本(1925年4月29日 - 2007年1月8日)は、ウォルト・ディズニーとハンナ・バーベラで活躍した伝説のアニメーターで、60年代後半のスクービー・ドゥーのデザインで最も有名です。高校卒業後にマンザナー刑務所に収監された巌は、ロサンゼルスに戻るとディズニーでの仕事にその芸術的スキルを生かし、シンデレラ眠れる森の美女などの古典的なアニメ映画に携わりました。彼はその後、ウィリー・イトウなど他の日系アメリカ人アニメーターの指導にあたり、わんわん物語で一緒に仕事をしました。1962年にディズニーを離れてハンナ・バーベラに移った後も、巌は引退するまでアニメーション制作を続け、シャーロットのおくりもの(1973年)などの映画の制作と監督を続けました。 (2021年6月)
ウィリー・イトウ

ディズニーのデッサンテスト(英語)

第二次世界大戦中トパーズに強制収容された日系三世。受賞歴のあるディズニーアニメーター(1934年生)

ウィリー・イトウ

イワオ・タカモト師(英語)

第二次世界大戦中トパーズに強制収容された日系三世。受賞歴のあるディズニーアニメーター(1934年生)