ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/1706/

ソニア・ソトマイヨール米最高裁判事の後押し(英語)

(英語)カリフォルニア大学バークレー校のロースクールで開かれていた有色人種女性の会合に参加していました。彼女(ソトマイヨール判事)は、「みなさんは私のことをよくご存知なので、私の話をする必要はありませんね。みなさんの話を聞かせてください」と話し始めました。そしてこの会合に厳選されて参加している30人一人ひとりに、「なぜ弁護士になりたかったのですか?」「なぜ今ここにいるのですか?」と順番に質問していきました。彼女達の話は、それ自体とても素晴らしく、ただただ感動的でした。私は列の最後でした。写真撮影をすることになっていたので、判事はこちらに来て写真を撮りましょうと言いました。私は彼女のところへ行き、誰かが私たちの写真を撮ってくれているとき、私は判事に言いました。「あなたから本当に刺激を受けて、ようやく判事職に申し込むことにしました」。すると判事は私の手を取って突き上げ、「ホリーが判事職に申し込みます!」と言ったので、これでもう実行しないわけにはいかないな、と思いました。まさにそれが一押しとなりました。ソニア・ソトマイヨール判事に申し込むべきと言われたら、やらないわけにはいかないと思ったのです。それで私は出願し、任命を受けました。


ソニア・ソトマイヨール 女性 法律 裁判官

日付: 2019年7月11日

場所: 米国、カリフォルニア州

インタビュアー: ケイラ・タナカ

提供: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

語り手のプロフィール

2012年よりカリフォルニア州ロサンゼルス郡最高裁判事を務める。カリフォルニア州ウェストオークランドの多人種地域で育った。第二次世界大戦中、子供だった両親は共に強制収容所に収容されるが、娘が大人になるまで収容所での体験を語ることはなかった。このことはフジエ判事の法と政府に対する見方に影響を与え、弁護士を経て裁判官となる道に導いた。

弁護士として日系アメリカ人弁護士会など、さまざまなマイノリティの弁護士団体や指導プログラムに携わっている。2008年にはアジア系アメリカ人として初のカリフォルニア州弁護士会会長となった。(2019年7月)

ロレイン・バンナイ

「生涯をかける訴訟」に携わったこと (英語)

弁護士(1955年生)

ピーター・アイロンズ

動かぬ証拠の発見 (英語)

戦時中の裁判の再審要求を担当した弁護士(1940年生)

ピーター・アイロンズ

コレマツ裁判の終結 (英語)

戦時中の裁判の再審要求を担当した弁護士(1940年生)

ピーター・アイロンズ

学ぶべき教訓 (英語)

戦時中の裁判の再審要求を担当した弁護士(1940年生)

キャサリン・ドイ・トッド

「法律を学ぶことになろうとは…」(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

法科大学へ行くことになったいきさつ(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

リトル東京で法律事務所を開業(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

2人の在ロサンゼルス日系女性弁護士――チヨコ・サカモト氏とマッジ・ワタイ氏(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

JABA初期の世代差(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

JABAの設立:裁判官への任命(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

「ミーティングに行っていなかったら…」(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

エドワード・カキタ判事とJABA初期の取り組み(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

JABA: 学生とコミュニティの繋がり(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

J・アンソニー・クラインからの連絡(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)

キャサリン・ドイ・トッド

新米判事と新米ママ(英語)

アジア系アメリカ人女性最初の判事(1942年生)