日本語を教えるよう圧力を受けた祖父(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)祖父は投獄され、海軍将校に日本語を教えることに合意するよう圧力をかけられていました。祖父は合意しようとしませんでした。その理由は、承諾させられた挙句に売国奴として日本に送還されると思ったからでもあると祖父は言っていました。しかしある時点でこれ以上悪くなりようがないと判断し、祖父は教えることに合意しました。彼はコロラドで日本語を教え、母は(収容所を)離れてコロラド州ボルダ―のボルダ―高校に通うことができました。そして母はコロラド大学に進んだ後、カリフォルニアに戻ってカリフォルニア大学バークレー校を卒業しました。

日付: 2019年7月11日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ケイラ・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

colorado grandfather language teaching world war II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


日本財団