ハリウッドで裁縫師として働く(英語)

日本の親戚と話すために日本語を学ぶ(英語) FBIによる強制家宅捜索と父の逮捕(英語) ハリウッドで裁縫師として働く(英語) 50歳で美容師になるための勉強を始める(英語) 第442連隊戦闘団に所属していた夫のジョージ(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私はハリウッド大通りで働いていました。私たちに裁縫やいろんな種類の縫い方を教えてくれていたマネージャーのボーソンさんが仕立屋を始めることになり、15人の縫い子の中から私に声をかけてくれました。「ミコ、うちで働いてみないか?」と言われて「もちろんです」と答えました。そしてボーソンさんは店を出しました。仕立て方の知識は全くないことを伝えると、「教えるよ」と言ってくれて、専門的な知識や縫い方、紳士用スーツの仕立て方も全て教えてくれました。とても勉強になりました。店は開店したばかりであまり忙しくなかったので、私はお店の開店を知らせるハガキを送ったりしていました。

6か月ほど経っても暇だったので、私は通り向かいのグローマンズ・チャイニーズ・シアターで働き始めました。そこでもほとんど何もすることがなく退屈だったので、サンセット・ストリップでオーダーメイドの縫製を始めました。ある女性に依頼されて特注で作るようになり、縫い方やいろんなものの作り方、何をどうすべきかなど、多くを学びました。収容所で学んだ製図や型紙の作成技術は、彼女にとても喜ばれました。一人ひとり採寸し、映画スターの服もたくさん手がけました。あの地域にはスターが大勢住んでいましたからね。オーダーメイドの縫製をしていたのは2年くらいです。彼女のところもそんなに忙しくありませんでした。私は忙しくないと退屈してしまうんです。

日付: 2018年6月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アキラ・ボック
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

grauman's chinese theater hollywood seamstress sunset strip

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団