BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.1446@www.discovernikkei.org DTSTART:20090305T000000Z DTEND:20090305T000000Z DESCRIPTION:日系アメリカ人リーダーシップ・シンポジウム \n新たな絆の構築:「変革」する日系アメリカ人と日本 との関係 ・ 参加募集のお知らせ\n\n日本からの移民1 00年の歴史を経て、今日のアメリカにおいて、3世、4 世を中心とする日系アメリカ人はそれぞれの地域社会 で重要な地位を占めるに至っています。オバマ政権誕 生に象徴されるように、多様なアメリカ社会が「変革 」しつつある中で、日系アメリカ人と日本が新たにど のような関係を構築していくことができるのか、多く の日系移民の出身地である沖縄で開催する本シンポジ ウムでは、沖縄の血を引く3世を含む日系アメリカ人 3名のパネリストによる発表を通じて、アジア太平洋 地域の国際交流の拠点を目指す沖縄の視点も加えつつ 、「変革」する日系アメリカ人と日本の新たな絆の構 築を目指します。\n\n<b>日 時 :</b> 2009年3月5日(木 )15:00~17:30 (14:30開場 入場無料)\n<b>会 場  :</b> 沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ 2階 「彩海」 (沖縄県那覇市泉崎2-46)<a href="http://www.crownep laza-harborview.jp/profile/access.html">>> MAP</a>\n<b>内 容:</b>\n(1) 日系アメリカ人パネリスト3名による発表\n(2)コーディ ネーター、コメンテーターを交えての討議\n(3)質疑応答 \n<ul>《コーディネーター》 \n- アイリーン・ヒラノ -- 全米日系人博物館執行顧問\n- 簑原 俊洋 -- 神戸大学大 学院法学研究科教授\n\n《コメンテーター》 \n- 高良  倉吉 -- 琉球大学法文学部教授\n\n《パネリスト》 \n- ダ イアン・フカミ -- メディア会社Bridge Media社長 \n(C BS系テレビ報道局に14年間勤務。日本伝統文化を テーマにしたTV番組制作経験あり。祖先は大阪、熊 本出身。)\n- ケン・ミヤギシマ -- ラス・クルーセス市 長 \n(日系であると同時にメキシコ系。保険会社CE Oも勤めるなどビジネスマンとしての側面も持つ。祖 先は静岡出身。)\n- パトリシア・ニールソン -- マサチ ューセッツ州立大学ボストン校共同リーダーシップセ ンター所長\n(沖縄にルーツを持つハワイ出身の日系3 世。甥がハワイの沖縄伝統歌舞団長を務めており、沖 縄の伝統文化保存にも関心をもつ。)\n</ul>\n言 語  : 日本語・英語(日英同時通訳)\n主 催 : 国際 交流基金日米センター、全米日系人博物館\n共 催 :  沖縄県\n\n申 込 :下記の参加申込書にご記入の上 、<b>3月2日(月)</b>までにFAX (098-866-2765) か Eメール <a>aa050400@pref.okinawa.lg.jp</a>でお申込みください。\n\n     \n【申し込み/当日問合せ先】    \n沖縄県観 光商工部交流推進課  TEL:098-866-2479\n\n【シンポジウム についての問合せ先】\n国際交流基金日米センター     TEL:03-5369-6072\n\n\n\n DTSTAMP:20240721T011800Z SUMMARY:参加募集のお知らせ ・ 新たな絆の構築:「変革 」する日系アメリカ人と日本との関係 ・  2009年3月5 日(木) ・ 沖縄ハーバービューホテルクラウンプラ ザにて URL:/en/events/2009/03/05/jald-symposium/ END:VEVENT END:VCALENDAR