BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.1416@www.discovernikkei.org DTSTART:20060204T000000Z DTEND:20060204T000000Z DESCRIPTION:「多文化社会日本の可能性と課題:アメリカ、 オーストラリア、カナダの例に学ぶ」\n\n主催: 短期 留学生プログラム、国際学術講演会\n共催: 移民研究 会(Imin-Kenkyukai)\n\n\n日時:2006年2月4日(土) 14時-17時 \n開催場所:東京学芸大学 N棟 313教室\n\n司会: 菅  美弥(地域研究分野)\n\nレス・テリー氏(ヴィクトリア 大学、東京大学大学院総合文化研究科附属アメリカ太 平洋地域研究センター客員教授)\n\n高井 由香里氏( 愛知県立大学)\n \n(休憩)\n\nエドワード・パーク氏 (ロヨラメリーマウント大学アジア系アメリカ人研究 プログラムディレクター、フルブライト招聘教授)\n\n SUMMARY:シンポジウム URL:/en/events/2006/02/04/ja-1416/ END:VEVENT END:VCALENDAR