Takeo Yamamoto

マイグレーション研究会前会長。社会学博士。関西学院大学名誉教授。社会学(コミュニティ論)専攻。日系アメリカ人の諸 問題をコミュニティの視点から研究している。主な著書 『都市コミュニティとエスニシティ』(1997、ミネルヴァ書房)、『阪神・淡路大震災の社会 学』(共編著、全3巻、1999、昭和堂)、『地域生活の社会学』(2001、関西学院大学出版会)、など。

(2012年9月 更新)

ja

Crónicas Nikkei #1 — ¡ITADAKIMASU! Sabores de La Cultura Nikkei

NIKKEIと料理文化

以下では日本食の特質について考える。その意図は、NIKKEIの人たちが日本食について日頃イメージし・思っていることと、以下で指摘することとの間に共通点・共有部分があるか、ないか、また、たとえそれらがなくともNIKKEIの人たちの賛同・納得が得られる部分があるか、ないか、を考えること、にある。さらに言えば、そうした結果に至るのは何故なのかを考えてみたいからである。そうするなかで、NIKKEIの人たちの、ひいては世界中の多くの人たちの、日本食についての理解や認識が深まるのではないか、と考える。これが、いささかテーマとずれるが、あえて取り組んだ理由である。 2005年7月20日、朝日新聞は「和食人口の倍増計画」と題する記事を掲載した。それは、世界の和食人口(日本食を1年に1回以上食べる人)を、官民の協力のもと5年後には推計で現在の2倍の12億人にしようという計画である。目標が達成されれば、日本料理は、フランス料理、中華料理に次ぐ、世界の第3勢力になる、そのカギは生魚である、という。達成されたかどうかはともかく、2012年6月15日の同紙は、sushiを先兵に魚食文化は世界に広まった、生魚のうまさに人々が気づいたからであろう、と論じている。加えて、ニューヨークなどでは日本酒の消費が、フランス料理店、アメリカ料理店など日本食以外の店にもすこしずつ拡がっている、と報じている(同紙、Gl...

lea más

education ja

来日就学生物語 ~マイグレーション研究会メンバーによる移民研究~

第2回 ある帰米2世のあゆみ

「余は、関西学院で人間を学び、早稲田大学で日本を学び、オックスフォード大学で世界を学んだ」。これは、逓信大臣・拓務大臣を務めたこともある、民権政治家永井柳太郎1)の語りの一節であります。以下は、この言葉にあります関西学院出身の帰米2世カール・アキヤ・一郎(1909-2001、敬称略)2)についての小論であります。 1. 母、妹、弟と日本へ カリフォルニア州サンフランシスコ生まれで6歳になるアキヤは、5歳の妹、3歳の弟とともに母親に連れられて、1915年、横浜の伯母のもとにやっ てきました。当時、在米日本人の間では、米国生まれの子どもを、どのように教育するかが喫緊の課題でありました。考え抜いた末の両親の決断は、子どもを母 国日本に送り、そこで教育を受けさせ、帰米させる、というものでありました。そうはいうものの、両親にしてみれば、幼い子どもがこれから先どのよう育って ゆくのか、身内に預けるとはいえ、子供の不憫さがひしひしと感じられ、多くの戸惑いがあったに違いありません。他方、幼い3兄弟は、何のために日本に行く のかを知る由もなく、いつもそばにいて、なにくれと優しくしてくれる母親との船旅を、不安や疑問を何も感じることなく、楽しんでいたことでしょう。 横浜到着後、弟は伯母宅にそのまま留まりましたが、アキヤと妹とはやがて大阪にいる母の次姉に預けられます。母子4人が横浜で過ごしてい...

lea más

education

来日就学生物語 ~マイグレーション研究会メンバーによる移民研究~

第1回 マイグレーション研究会メンバーによる移民研究あれこれ

以下、9回に亘って、われわれマイグレーション研究会メンバー有志による、移民研究の成果の一端を発表させていただきます。お読み下されば幸いです。 1)マイグレーション研究会は、歴史学・地理学・経済学・人類学・社会学・宗教学・文学などを専攻する、おもに関西居住の学徒が移民・移住に関わる 諸問題を互いに協力しあって調査・研究しようとの目的で、2005年に結成された研究会であります。もっとも、その前身は、それまで長く続けられてきた関 西移民研究会に遡ります。どちらかと言えば、インフォーマルな研究集団であった先の関西移民研究会を発展的に解消して、装いも新たにフォーマルな研究会に 衣替えをしたわけであります。研究成果を毎年度末に印刷・公表すること、一定の共通テーマのもとにメンバーが数年に亘って共同研究をおこなうことなどが、 新たな試みであります。研究会は、移民・移住に関心をもつ同好の士に開かれた、入・退会の自由なオープンな組織で、2009年3月現在、60名弱の会員を 擁し、年4回の研究例会と1回の1泊の合宿形式による報告会を開き、そこでの成果は『マイグレーション研究会 会報』に収められています。これまでに会報 は3回発行され、現在、第4号にむけて準備が進んでいます。 「1930年代における来日留学生の体験:北米および東アジア出身留学生の比較から」を共通テーマとする共同研究最中の2007...

lea más