Stuff contributed by ryusukekawai

日系(ニッケイ)—をめぐって

第45回 『暗愁』の訳者、前田一平氏にきく — その1

Ryusuke Kawai

ハワイ生まれの日系アメリカ人2世の女性が、戦争を挟んで苦難の人生を生き抜く姿を描いた、ジュリエット・コーノ作の小説『暗愁』。10年をかけてその翻訳を手掛け、昨年末出版にこぎつけたアメリカ文学研究家の前田一平氏に、作品の魅力や日系文学などについてきいた。

日系(ニッケイ)—をめぐって

第44回 あらゆる苦難を受け入れ—小説『暗愁』の世界

Ryusuke Kawai

異色の“日系文学”

日系(ニッケイ)—をめぐって

第43回 アートを通して闘う日系3世の足跡 — 「ノブコ・ミヤモト自伝」を読む

Ryusuke Kawai

日系アメリカ人3世であるノブコ・ミヤモトの人生は、俗にいう“波瀾万丈”だ。しかし、波瀾万丈の意味するところが、時代の波風にもまれ、おもいがけない事態に遭遇するなどの浮き沈みであるなら、彼女の場合は、これに加えて、自らの信念に基づいて波瀾を巻き起こしながら進んでいく、という波瀾万丈ではないか。

日系(ニッケイ)—をめぐって

第42回 戦時中のオーストラリアの日系 —『オーストラリア日系人強制収容の記録』を読む

Ryusuke Kawai

太平洋戦争の勃発とともに、アメリカの日本人・日系人が強制的に隔離され、収容所に入れられたことはよく知られている。カナダでも同様の政策がとられたことも、アメリカでの収容ほどではないが、知られているし、また言われれば想像のつくところだ。

日系(ニッケイ)—をめぐって

第41回(その3) 日・豪にルーツのある著者、クリスティン・パイパー氏に聞く — ファミリールーツとアイデンティティ

Ryusuke Kawai

その2を読む >>

日系(ニッケイ)—をめぐって

第41回(その2) 日・豪にルーツのある著者、クリスティン・パイパー氏に聞く — オーストラリアの日系人

Ryusuke Kawai

その1を読む >>

日系(ニッケイ)—をめぐって

第41回(その1) 日・豪にルーツのある著者、クリスティン・パイパー氏に聞く — 小説『暗闇の後で』誕生の経緯

Ryusuke Kawai


日系(ニッケイ)—をめぐって

第40回 戦時中のオーストラリア・日本人医師の物語

Ryusuke Kawai

収容所、防疫研究所、揺れる思い

日系(ニッケイ)—をめぐって

第39回人種主義という構造的な差別

Ryusuke Kawai

「アメリカの人種主義」を読む

日系(ニッケイ)—をめぐって

第38回 テレビ映画になったフロリダ移民

Ryusuke Kawai

マイアミ・ビーチの須藤幸太郎

Login or Register to join our Nima-kai

About

日本のジャーナリスト、ノンフィクションライター。
ジョン・オカダの小説「No-No Boy」を読んだのがきっかけで、日本人移民、日系人について興味をもつ。もっと日系アメリカ人のみなさんに日本に来てほしいと願っています。 

Nikkei interests

  • community history
  • family stories
  • Japantowns

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum


The Nippon Foundation