Hideaki Kanno

経済ジャーナリスト、日本の経済誌在職中の1986年にブラジルと出会い、以後、移住者の視点から日系経営者の取材活動を行っている。著書に「ブラジル日系人経営者の素顔」(上下巻合計で100人を掲載)がある。

(2020年12月 更新)

business ja

日本の日系人経営者 — 建設業で活躍、茂木真二社長

茂木真二(もぎ・しんじ)が来日してちょうど30年。東日本大震災では17回も被災地を訪れて支援活動を行い、熊本地震、和歌山・長野の水害など全国規模で被災地への支援と救援活動を行っている。さらに25年間続けている在日日系ブラジル人の福祉、健康、教育、日常生活の支援など、在日ブラジルNPO団体の代表理事として活躍するボランティア活動家として知られる。 日系二世の茂木が創業した「茂木商事」とは、建物や家屋の設計、解体や基礎工事、ソーラーパネル設置、(鉄道の)軌道整備など、建設関連の多角化事業で発展している建設会社だ。神奈川県藤沢市に本社があり、創業は1991年で来年30周年を迎える。会社の特徴は社員の80%を日系ブラジル人が占めていることだ。将来性ある会社づくりが成功し、日本の同化型文化のビジネス社会に溶け込みながらも、「人を幸せにすることが生きがい」というバックボーンを心に刻み、デカセギ文化の世界を超えた、日本定住化30周年にふさわしい経営者が誕生している。 会社経営 茂木商事グループは4社から構成されている。建設関係の茂木商事、ブラジルとの貿易を行う茂木商事インタートレード、有限会社茂木商事Rは鉄道軌道の整備メンテナンス、ブラジル本社のTECTO Arquitetura e Construcao。さらに新事業として家屋の内装や外装、ソーラーパネル設置、基礎工事、設計などを行…

Read more